toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
May 10, 2016

NHKマイルC 回顧 メジャーエンブレム超絶ラップ再び!

タグ:

12.3 – 10.7 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.3 – 11.5 – 12.3 = 46.0-46.9 = 1:32.9

まぁ完璧ですね。
クイーンCと同じことすれば勝てると思いましたが、ほぼ同じことをやって勝ちました。

こちらがクイーンCのラップです。
12.3 – 10.8 – 11.3 – 11.7 – 11.7 – 11.2 – 11.6 – 11.9 = 46.1-46.4 = 1:32.5

うーん、鳥肌たちますね~

馬場の分ラストは今回のほうが落としてるので、ここでわずかに付け入る隙はありましたが、致命的には詰めさせず。
多少時計の掛かってる馬場を考慮して番手からのバテ差し狙いでいきましたが、狙った馬がポジションをまったく取れずでした。
まぁこのラップ見せられた後だと穴狙いは無謀だったかなとは思わされますね。
それぐらいインパクトのあるラップです。

 
1着メジャーエンブレム
もう真骨頂というかね。
やっぱこれだよねぇ…桜花賞も46で入ってくれれば…
この馬場で46-46で、L3を11.3とか半端ないですよ。

 
2着ロードクエスト
やっぱりどこかで緩まないと追走が厳しいですね。
上がり33.8だから千が59秒ですか。
やっぱり1秒は速いなぁという感じで、L1まで持続しきれなかったですね。
これだと最低でも最内ピッタリじゃないと際どいとこまでは持っていけなかった感じです。
現実的にはさばけないのでしょうがないですけど。
追い込みなんで常に前にコントロールされちゃう立場ですからね。

 
3着レインボーライン
拾えませんでした。
持続はあるのはわかってましたが、追走が怪しいなぁと思っていたし、その分野の穴ではやっぱりハイペース適性のあるブレイブスマッシュ、ダンツプリウスのチョイスになっちゃったという感じです。
流れたときの福永君だけどL2から行ってるんでちょっと余してる?

 
そのダンツプリウスは4着。
レインボーラインの目標にはちょうど良い感じになっちゃいましたね。

5着のトウショウドラフタはきっちり千四で止まりますね。
メジャーエンブレムのペースはピッタリだったと思いますが。

人気のアーバンキッドはハイペース適性を見せていなかったので消しました。
スローで狙いたいですね。

 
さて、今週も東京マイル。
こっちはどスロー決着でしょう。
坂下ギアチェンジ勝負かな。
たぶんスカスカのマイル戦になるんで、中長距離馬が上位人気を占める今回も穴から入る予定です。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
May 9, 2016

新潟大賞典 回顧

タグ:

12.6 – 11.3 – 11.5 – 11.9 – 12.2 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 10.8 – 12.5 = 59.5-58.3

想定通りの1秒スロー。
マイネルミラノはきっちり支配できてます。
じゃあなんで残れないのか、仕掛けが早いからです!
強気すぎるのよ…消極的だったり積極的だったり…最近わたし騎手に翻弄されっぱなしです。

 
1着パッションダンス
あーもうこの馬とはことごとく相性が悪いです。
完璧なレース運び。
マイネルミラノより持続できますもんねぇ…
さらに早仕掛けをピッタリ余裕でひっついてこられたら厳しい。(ミラノ視点)
なぜかいつも消しちゃうこの馬。
がっくり。

 
2着フルーキー
藤岡佑介も相性悪いなぁ…
3ハロントータルで見ると最速なのにL1は明確に落としてますね。
ということは仕掛けが早い。
新潟はやっぱL1落ちるからここで持続してこないと勝てません。
やっぱポジションですかねぇ。
新潟二千って逃げはデータ的にダメらしいけど、コーナーがきついしやっぱ前のほうが安定しそうなのに。
ラップ的に今回は二段階加速になってますが、フルーキーは一段階目からフルスロットルだから甘いんかなと。
でも行かないと置かれるしってことですかね。難しい。

 
3着シャイニープリンス
パッションダンスと同じような感じでしたね。
ただこれだとパッションダンスの前にいないとパッションダンス以下は確定しちゃう。
二千で安定してきたのは良いことですね。

 
マイネルミラノは惜しいというかもったいない。
予想通り誰も突いてこなかったわけですからね。
中途半端に加速させないほうが良かったと思います。

 
なんか負け始めると馬券が雑になるんで、ずるずるいかないようにしないと。
やっとGWも終わったんで平常時のルーティーンで落ち着きたいと思います。
しかも今週は1日1重賞でありがたいです。

   
May 8, 2016

新潟大賞典 予想 ◎マイネルミラノ

タグ:

中日新聞杯のリベンジでヒストリカルにしようかと思いましたが、なんかもうマイネルミラノを誰も突きそうにない気がしました。
問題は馬場ですね。
マイネルミラノはトップスピードタイプなので回復して欲しいところです。
回復すれば新潟なら直線勝負でトップスピード戦になりやすいし、楽逃げ想定なので普通に来るような気がします。
1秒ぐらいのスローで。

大丈夫かな、こんなんで。笑
あんまり書くことがなかったんですが。
ヒモは少し手広くいきます。

 
◎マイネルミラノ

○ダコール
▲ベルーフ
△ヒストリカル
△フルーキー
△ショウナンバッハ

×アングライフェン
×ロンギングダンサー
×シャイニープリンス
×メイショウカンパク

 
サトノラーゼンって良化してる感が全然ないのが買いづらいですよねぇ。
メイショウカンパクにグランプリジョッキー。
1ミリ期待。笑
あと中日新聞杯組かな。

 
3連複 軸1頭ながし 06 – 02, 03, 04, 10, 11, 12, 13, 14, 15 各1点

合計36点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
May 7, 2016

NHKマイルC 予想 ◎ブレイブスマッシュ

タグ:

ギャンブル満載の展開予想でいきたいと思います。
ただ見事に社台系が絶好枠を押さえてるところがちょっと嫌ですが、おかげでまったく外の非社台は売れていません。

 
結論を言うと、典さんがメジャーエンブレム近くまでポジションを取ってくると思っています。

 
まぁいったんそれは置いといて、まず馬場から。
土曜は時計が少しかかっているのにバテ差しがまったく決まらない状態でした。
雨の影響は少しあったかもしれませんが土台は高速馬場なんでしょうね。
明日は高速想定で良いと思います。

 
さて、まず抽選で注目していたシゲルノコギリザメ。
これが出走してくるということでハイペースになる保険ができましたね。
さすがに今回はルメールが行くと思ってますが、また消極的になった場合でも行ってくれる馬がいるということです。

馬場次第ですが46-46を想定。
これが47-45ぐらいになるとロードクエストっていうイメージでしょうか。
逆転して45-47ぐらいまでいくと差し馬もさすがに黙ってはいないとは思いますが、追走で削がれる馬もいますからねぇ。

 
◎ブレイブスマッシュ

○ティソーナ
▲メジャーエンブレム
△ロードクエスト
△イモータル

×エクラミレネール
×トウショウドラフタ
×ダンツプリウス

 
狙いとしてはメジャーエンブレムとシゲルノコギリザメのオーバーペース狙い。
直後でバテ差しが使えるブレイブスマッシュとティソーナという図式です。

 
本命ブレイブスマッシュ
重い印は前から打ちたいですが、この子は典さんの奇襲なので完全に盲点。
まぁやるかどうかはわかりませんが。笑
わたしはこういうのに決め打つのが大好き。

布石はちゃんとあります。
まずいつものポジションでのバテ差しでは厳しい馬場。
そしてこの子の武器は過去ラップからも、実はハイペース追走にあるということ。
さらに今回追い切りで終いではなく全体を速めてきたこと。
メジャーエンブレムのラップに付き合うつもりなんだなと思いました。

以上からブレイブスマッシュの先行策でギャンブルに出たいと思います。

 
対抗ティソーナ
トウショウドラフタとの比較になるかなぁと思いますが、ポジションを考えるとメジャーエンブレム直後でバテ差しを狙えるこっちかなと。

 
単穴メジャーエンブレム
まぁクイーンC終わったときに、同じことすればNHKマイルは取れると感じてしまったので。
さすがにルメールも控えはしないでしょうけど、今度は逆にオーバーペースはあるかもしれないと思っています。
もちろん頭もありますので単穴。
桜花賞あのラップでも惨敗せずに狭いところを一瞬突き抜けてきたところを見てもやっぱり能力は高いですね。

 
ヒモはオーバーペースの差し勢。
×は3複要員、もちろんハイペース消耗戦チーム。

 
馬連 通常 04 – 14 10点
馬連 ながし 14 – 05, 06, 08 各5点
3連複 軸1頭ながし 14 – 02, 04, 05, 06, 07, 08, 10 各1点

合計46点

今年G1未勝利…
そろそろ特大の一発を。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
May 6, 2016

京都新聞杯 予想 ◎エルリストン

タグ:

GWは競馬のことを考えずに過ごしました!
また今日からきっちり考えていきます。

 
金曜の京都は小雨レベルとはいえ、お昼ぐらいからずっと降り続いています。
明日も快晴ってわけではなさそうで、ちょっと渋ってくるかなと。

京都新聞杯は割と流れることが多く、馬場のこともあって平均ペースからの消耗戦を想定します。
スローに寄ったとしても3角からのロンスパには入ってくるでしょうし、前々の粘り込みを狙っていきます。
たぶん縦長になるでしょう。

 
◎エルリストン

○ゼンノタヂカラオ
▲ブラックスピネル
△ロイカバード

 
本命エルリストン
まずスタートを決めてもらう必要があるんですが…人気的にも実力的にも魅力が多いです。
高速馬場ではちょっと厳しいレベルだとは思いますが、雨ならチャンスあり。
エンジンのかかりが遅い消耗戦タイプなので福永君だとちょっと怖いところはありますが、スタートさえ出せばポジションは良いところを取れそうで、あとは自然に流れて消耗戦に突入してくれればというところ。

 
対抗ゼンノタヂカラオ
突き抜ける武器はそんなにないですがしぶとい。
距離はもっと長い方が追走レベルとしては助かると思っているので距離延長は良さそうかな。
ポジションが取れないと掲示板レベルだとは思うので先行の川田君に期待します。

 
単穴ブラックスピネル
ルメールの動かし方によるところがあるので単穴。
能力的には万能で、ある程度どんな展開でもやれると思います。
切れ味勝負にすればスマートオーディン、エルプシャフトなんかはもちろん強いわけで、そこを理解して動けるかどうか。
エンジンのかかりは遅い。
最近の状況から、この分野では福永君を上に取ることにします。(福永君もまだまだ不安だけど~)

 
トップスピードタイプは全消し。
昨年もこの狙いでいきましたが真逆のトップスピード決着だったんで今年こそ。
フタを開けてみたら高速馬場だったりして…

 
ワイド ながし 03 – 09, 10, 13 各5点
馬連 ながし 03 – 09, 10, 13 各5点
馬連 ボックス 09, 10, 13 各5点

合計45点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
May 3, 2016

天皇賞・春 回顧 武豊の完全支配!キタサンブラック華麗なる逃亡劇!

タグ:

13.0 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 11.6 – 12.9 – 12.6 – 12.6 – 12.7 – 12.5 – 11.6 – 11.4 – 11.7 – 11.9 = 3:15.3

13秒台なしの刻み。
スローはもちろんスローなんですが、これじゃマクれない…金縛りラップ。
いや~武豊すごいよねっていう感じです。
でもみんなこうなる可能性は高いって頭の隅っこでは分かってたような気はしますね。
それでもひねくれてるから買えやしない。笑
今週の重賞はどっちも素直に入るのが正解でした。

 
本命トーホウジャッカルは正直そんなに期待せずに買いました。
それでも馬体重-12キロで、ん?もしかして…と思わされ、直線入り口で一瞬「わおっ」て感じでした。
ここはかなり興奮しましたね。
かかりまくりでしたし、外々回しもきつかったと思いますが、やっぱり強いなぁと。

 
1着キタサンブラック
緩めず刻んで3角から後ろの脚を削ぐペースアップ。
完璧です。
事前展望で書いたまんまなのに。笑

地味に最序盤が遅いのがポイントかもしれませんねぇ~
ここで前がみっちり詰まってしまったので、外の馬が入るスペースがなくなってしまいました。
そこから淡々と刻んで隊列が変えられない状態にしてしまったと。
ゴールドアクターは外々以外の選択肢が取れなくなっています。
これ狙ってやってるのかな?天才すぎる。

L1甘いのが不安でしたが見事な差し返し。
相手のカレンミロティックもそこは甘いですからね。

豊さんなめてました。

 
2着カレンミロティック
まぁ枠的にはハマってくるだろうなとは思いましたが買えませんでした。
この人気なら積極的に押さえるべきだったとはまさしく後の祭り…(そもそも軸が違う!って突っ込まないで)
勝ち負けレベルでハマってくるとまでは読めなかったという感じです。

 
3着シュヴァルグラン
福永君で本命が打てなかったシュヴァルグラン。
でも今回もそんなに悪くなかったです。
徐々に福永君を見る目が変わってきてるのは確かですよ~

ルメールはまーーーーーーったく分かってなかったし、それを見れば福永君は良かったと思います。
そもそも同型のシュヴァルグランの後ろで動かないならノーチャンス。
勝とうと思うならギャンブルに出ないとね。

 
フェイムゲームは馬は合っててもボウマンが淀をわかってませんでしたね。
やっぱこのコースは地元走りじゃないと。笑

 
さて、今週はGW挟みの3重賞で考察しているヒマがありません。
ぶっつけ予定です。
ルメール今度はさすがに刻むよね?

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
1 69 70 71 72 73 74 75 76 77 97