toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Feb 23, 2016

小倉大賞典 回顧 アルバートドックと川田将雅、マツパク師の引退を飾る!

タグ:

12.4 – 11.2 – 11.9 – 12.0 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 11.7 – 12.1 = 47.5-47.3

ちょっと想定より前半が速すぎました。
狙ったレッドアリオンとテイエムタイホーには辛いペース。
高速かなと思いましたが、良にしてはちょっと重かったような気がしますね。
コーナー最速でトップスピードはあまり要求されず、このあたりもレッドアリオンとは真逆のラップになりました。
消耗戦に近いイメージでしょう。

 
1着アルバートドック
前半の速い部分で無理をせず、コーナー最速地点で最内を回れたことが勝因だと思います。
追走ペース的にはぎりぎりだった感じはあるんですけどねぇ。
まぁ今回はうまくハマったかなと思います。

 
2着ダコール
大外回してこれは強いですね。
消耗戦とトップスピード戦のあいだぐらいのラップになりましたが、あまり合ってるとは言えないはず。
このペースでいけるなら距離短縮もありかもしれません。

 
3着ネオリアリズム
ノーマークでしたが強い競馬。
前走中山金杯はスローで沈んでいるので、流れたほうが合いそうですね。
そこからの早仕掛け。
コーナー最速の中を仕掛けているわけでこれは評価したほうがよさそうです。
次走注目。

 
ベルーフは出遅れを前半の速いところでリカバーという悪手。
さらに向こう正面でもマイネルフロストと一緒に動いてますので持つわけがない。
マイネルフロストも同じことが言えます。
まぁこのラップ構成だと出遅れた時点で終了ですね。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Feb 22, 2016

京都牝馬S 回顧 またミルコ!クイーンズリング条件ガッチリ噛み合う

タグ:

160220_01

12.4 – 11.3 – 11.5 – 11.7 – 11.5 – 12.1 – 12.4 = 35.2-36.0
この日も朝から雨がけっこう激しくて、京都記念と同じぐらいには重くなりそうだなぁと思っていました。
速いペースでまず追走が問われましたし、早仕掛けの消耗戦。
馬場状態から判断して、問われる適性としては想定しやすいレースになりました。

 
1着クイーンズリング
ミルコのポジション取りは良いですね。
今回もスタートが特に良かったわけではありませんが積極的に上げていきますからね。
まぁこの部分は馬のスピード能力も相まってという感じです。
消耗戦が合うのはフィリーズレビューや秋華賞でわかりやすいですし、とても買いやすい馬だったと思います。
距離が延びてもラップが噛み合えばきっちり勝負になると思います。

 
2着マジックタイム
穴目から入りたかったので本命。
ポジションを落とすと厳しいかなとは思っていましたが、中団以下には下がらずにキープできました。
まぁそのあたりは近走で目処を立てていましたので思い切って本命ということにしました。
他のコースで良績が集中していましたので、初の京都が合うかどうかという部分をしっかり見極められたことが良かったと思います。

 
3着ウインプリメーラ
よく3着来たなぁと思っています。
前半けっこう速かったですし、ゆったり入りたいこの子としては少ししんどいと思ったんですが。
時計だけみるとそこは重馬場がプラスになったのかもしれません。

 
ウリウリは完全な外差し馬場の中よく5着に粘ったと思います。
ウキヨノカゼは今回は完全に度外視でいいでしょう。
高松宮記念で人気落ちならおいしいんですが…そのへんはみんな考えは同じかな。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Feb 21, 2016

フェブラリーS 回顧 恐れないポジション取りはさすが。モーニン高速決着を制す!

タグ:

12.2 – 10.8 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1 = 46.1-47.9

超高速ダートでの決戦となった今年のフェブラリーS。
ハイペースはまぁ当然としてもやっぱり緩むんかい!という結果。
タガノトネールにスミヨンを乗せろ!笑
日本人はビビりすぎなんですよ。
L2で11.6出されるとぶっ飛ばしチームはキレ負けしますね。

 
今年は流れるんじゃないの?コパノリッキーは枠が厳しい、という世間の流れからも逆にまた緩みそうだな…っていう気持ちは確かにありました。
でも緩むとガチガチなのでぶっ飛ばしに期待したかった、というところ。
わたし自身が鬼になりきれなかった結果です。

 
1着モーニン
なんかモーニンっていつも見事にハマるんですよねぇ…
というか結局ミルコですよねぇ。
オーバーペースになるぎりぎりのラインがよく見えてるようなポジション取り。
あとは中緩みにズルズル合わせないところも。
とりあえずモーニンを倒すには武蔵野Sみたいにオーバーペースに持ち込んでやらないとダメなんだなぁたぶん。
あとは騎手によりますね。
まぁまだ付け入る隙はありそうなので、わたしは戦っていきます。笑

 
2着ノンコノユメ
コーナーでもうちょっとリカバーできていれば突き抜けたかもしれません。
ただ今日は馬があまり動く感じじゃなかったですね。
調子なのか、コーナー加速が苦手なのか。
ルメールはちゃんと行こうとしてた感じなので。
エンジンがかかってからはいつも通りすごいですけどね。

 
3着アスカノロマン
まずうまく外へ出したのが大きかったですね。
ラップも中緩みでうまく噛み合いました。
高速ダートは元々得意ですし、前走もこんな強かったっけ?と思わされたぐらいでしたからね。

 
ベストウォーリア戸崎君はもう不安してた通りの消極的な騎乗。
ポジション下げ下げで内に入ったとき、ちょっと緩んだらもうアウトじゃんと思いましたね。
まぁ余裕のアウトでした。笑

 
ちょっとG1で浮かれたので来週からもう一度冷静に買います。
というか土曜勝っちゃうとギャンブルに出ちゃうのよ。笑

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Feb 21, 2016

小倉大賞典 予想 ◎レッドアリオン

タグ:

小倉はちょっとおもしろいことがあります。
なにかというと土曜は雨でずっと重表記でしたが、実際はけっこう軽いということ。
時計がけっこう出ていましたし、このまま明日回復してくるとなると、意外と高速状態に早変わりなんじゃないの?という可能性があります。

それでも土曜の馬場のことを考えると、なかなか飛ばして行くにも行きづらいという心理が働いてしまうんじゃないでしょうか。
序盤スローからの高速変わりによる前残りを狙っていきたいと思います。

 
◎レッドアリオン
○テイエムタイホー
▲デウスウルト
△アルバートドック

 
本命レッドアリオン
橋口先生引退前の渾身の仕上げ。
馬としては高速馬場、スロー、外枠が揃わないと買いづらい子ですが、今回は土曜の雨のせいで、高速馬場、スロー想定が見えにくい状態。
確かにゲートが良くないので逃げられない可能性はありますが、逃げられた上で馬場による仕掛けの意識が下がってくれば逃げ切れる可能性はあります。
メンコも試すみたいです。

 
対抗テイエムタイホー
外から前にいってくれると思うんですけどね。
序盤はスローに出していきたいタイプですし、雨でも実は馬場は良いという条件は歓迎。
そういう意味では距離延長もハマりそうです。
藤岡君の消極性が気にはなりますね。

 
単穴デウスウルト
まぁ人気はありませんが、中距離でディサイファやミトラとやりあってますからね。
単純に実力上位っていうのはあります。
前半スローはまず必須、さらにトップスピードはあまりないので早仕掛けを狙いたいところです。
ハマれば。

 
アルバートドックは松博さん引退で注意。
ただ川田君とエンジンのかかりが遅い馬のセットは完全に地雷。
先行してくれば川田君もうまいんですけどね。
まぁでも枠がだいぶ内なので出してくる可能性はけっこうあるかも。
そこに期待です。

 
ダコールは普通に合っていて怖い条件で、レッドアリオンの58なら断然ダコールの58のような気もします。
スタートが良くないので外からどばっと前に入られるとしんどいかなぁという予感がしたんですよね。

 
ワイド ボックス 02, 05, 07, 14 各5点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Feb 21, 2016

フェブラリーS 予想 ◎ベストウォーリア

タグ:

このレースは中緩みVSぶっ飛ばしの激突で、予想としてもどっちに張るのかで決まるんじゃないでしょうか。
とりあえずわたしはコパノリッキーが内枠に入ればぶっ飛ばし、外枠に入れば中緩み、というのをベースとして最初に決めていました。
さらに後押しするように、タガノトネールとスーサンジョイのぶっ飛ばし代表が外枠。
こうなれば今年はぶっ飛ばしの方、極上の超ハイペース消耗戦を想定します。
明日は不良の高速ダートが濃厚ですしね。
ずばり想定は33秒台です。

 
◎ベストウォーリア

○スーサンジョイ
▲タガノトネール
△コーリンベリー

 
本命ベストウォーリア
正直ベストウォーリアはペースさえ噛み合えばフェブラリーはもう勝っててもおかしくないレベル。
それが見事に毎年コパノリッキーの中緩みコントロールの前に散っているという状況です。
昨年はハイペースだったので格好はつけれましたが、ギアチェンジとなるとコパノリッキーには勝てません。
不安は戸崎君で、流れるとなると福永君のほうが良かったですが、まぁとりあえず今年はラップが噛み合う可能性が高いと見ます。

 
対抗スーサンジョイ
実はこの子を本命にしようかなと思っていました。
小倉千七を最大限評価したということなんですが、やっぱり千四がいいよねっていう結論で下げ…
実力とか時計はタガノトネールの方を断トツ評価はしているんですが、やっぱり大知君がどうかと。
こっちは和田君がずっと乗っていますし、距離に不安はないという一応のコメント。
もう行けるだけ行っちゃえの境地にいてくれてる可能性が高いかなということで。
調教はお笑いネタ。笑

 
単穴タガノトネール
この子は武蔵野Sで惚れちゃいましたね…
2.5秒ハイの中を11.7 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.5ともう一段加速するというパフォーマンス。
とにかくぶっ飛ばして欲しいです。
前走は1秒ハイでも切れ負け、でも明日の馬場なら1秒ハイだとえげつないペースになる。
調教は明らかに上げてきてますし、ケイムホームは東京千四→千六でパフォーマンスアップ。
思い切った騎乗が見たいですね。

 
コーリンベリーはファン買いもありますし、昨年狙ったというのもあります…
でも思ったより条件は揃ってきましたね…
想定より少しペースが上がりきらなかったときの総合力は魅力かもしれません。

 
ノンコノユメはペース合いますが、枠的に下げるしかないとなると、超ハイで中緩みなしと想定した場合、直線までポジションをリカバーできないんじゃないかなと。

もしゆる~いペースになったら(´-ι_-`)ヘーサンレンパカァ…こんな顔してレース見てると思います。

 
単勝 通常 05 20点
ワイド ながし 05 - 08, 11 各5点
ワイド 通常 05 - 13 15点

合計45点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Feb 20, 2016

ダイヤモンドS 予想 ◎ファタモルガーナ

タグ:

東京も稍重の想定です。
ほんとに降りますかね?読めません…

このレースってけっこう厳しいペースになります。
こちらも消耗戦かなと思いますが、雨だと仕掛けの意識が少し遅れることが多いので、コーナーで加速しながらのL3最速戦を想定します。

 
◎ファタモルガーナ

○トゥインクル
▲スピリッツミノル
△ペルーサ
△マイネルメダリスト

 
本命ファタモルガーナ
昨年のステイヤーズSで本命を打って7着。
この時はだいぶ状態が悪かったようで、今回は追い切りで上げてきています。
もう一度狙いたいと思います。
昨年のダイヤモンドSで51キロのカムフィーを完封してるわけで、この距離帯ではまだまだフェイムゲームに次ぐ実力馬だと思っています。
この人気はかなりありがたいかなと。

 
対抗トゥインクル
ステイヤーズSでカムフィーに完敗しているんですが、コーナーで速いラップを刻む中、カムフィーは最内を通していて、トゥインクルは外を回しています。
このロスは大きいですし、この着差のせいでカムフィーが人気なら買うのはこっちかなと。
その前の比叡Sもスペースなく脚を出し切っていないですし、今回脚を出し切れれば。
前にいるであろうファタモルガーナとのワンツー狙い。

 
単穴スピリッツミノル
距離はちょっと未知数ですが、重馬場適性はあります。
この子はスロー逃げですし、うまくコントロールして仕掛けの意識が遅れたところを直線入り口で出し抜けば、残る可能性はあるかなと。

 
タンタアレグリア、ホッコーブレーヴは高速巧者なので軽視しました。
良馬場ならタンタアレグリアはスピリッツミノルと交換したいかな。

フェイムゲームは追い切り見てもしんどそうで、58.5・三浦君の二重苦を背負って1番人気はちょっと…
実力は認めますが買えなかったです。

 
馬連 通常 03 - 10 5点
ワイド 通常 03 - 10 10点
ワイド ながし 03 - 01, 04, 14 各5点

合計30点

 
15:10 雨が思ったよりひどそうな気がしますので、トゥインクルからの流しも加えて以下に変更です。
ワイド フォーメーション 03, 10 - 01, 03, 04, 10 各5点
ワイド 通常 03 - 10 5点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
1 69 70 71 72 73 74 75 76 77 82