toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Oct 2, 2016

ポートアイランドS 予想 ◎ブラックスピネル

タグ:

今日も重賞よりこっちっていう感じでしょうか。

阪神はまだ稍重表記ですが今日はそこそこ高速に戻りそうです。
スローからのトップスピード勝負想定。

 
展開がどうか。
明確な逃げ馬がいないので内からシベリアンスパーブ、外からダンツキャンサーですかね。
ダンツは鮫島君が昨年乗ったときに逃げて勝ってるんで、今回は久しぶりに逃げるような気はします。
それを行かせておいてウインプリメーラでしょう。
飛ばしたくない馬ばかりです。

 
◎ブラックスピネル
○マテンロウボス
▲シベリアンスパーブ
△ダンツキャンサー
△テイエムイナズマ
×ウインプリメーラ

 
本命ブラックスピネル
ここは得意のトップスピード勝負になりそうで嫌う必要はありません。
内枠がちょっと嫌ですけどね。

 
対抗マテンロウボス
とにかくスローになれば阪神マイルなら安定すると思います。
枠も良いし、高速になりきらないぐらいはベスト。

 
まぁ印は無難ですが内は脚を出し切れるかどうかの問題でどれか消える可能性もあります。
のびのびダンツキャンサーはトップスピード勝負ならけっこうしぶといので。
あえてボックス。

 
3連複 ボックス 02, 03, 04, 09, 11, 13 各1点

合計20点

   
Oct 2, 2016

スプリンターズS 予想 ◎ダンスディレクター

タグ:

スプリンターズS 展開予想

 
思ったより土曜は時計がかかっていましたね。
秋風Sで行った行ったになってしまったので判断が難しくなっているかもしれませんが、騎手もまだ掴めていない感じはありました。
後ろの仕掛けは遅れていましたね。
悩むところですが、あまり今日の前残り感を引っ張らないほうが良いかなと思っています。
騎手もよくわかってないっていうところがポイントですし、そこは昨年とよく似ています。

 
展開ですが、内に早い先行馬が揃いました。
特にベルカントとソルヴェイグは速いのでミッキーアイルはかなり飛ばさないとハナは取れないと思います。
さらに番手狙いでビッグアーサー、その直後ガッチリマークでブランボヌール豊さん、シュウジもその付近。

一見かなり早そうですが…ミッキーアイルが早々に諦めるとすると意外に上がり切らないような気もしてきますね…
ベルカントは平均がベストだし、ソルヴェイグとミッキーアイルもわずかに息を入れたいタイプ。
1秒ハイ~平均で収まってしまうような感じを想定してみます。
穴党なんで、狙うは大混戦決着です。

 
ポイントは超高速ではないということ、意外にペースが上がり切らないのではないか、という点です。
まぁビッグアーサーが自分でがんがん上げて行くとか、ミッキーアイルが全力でハナを取り切ってしまうと崩れてしまいますけどね。

 
◎ダンスディレクター
○ブランボヌール
▲ソルヴェイグ
△ビッグアーサー
△レッドファルクス
×スノードラゴン
×サトノルパン

 
正直もう印の順番は自信ないですが一応上位3頭でずっと悩みました。
3歳馬はかなりのハイレベルと見てるので上位で拾っています。

 
本命はダンスディレクターです。
高速馬場ではないというだけで俄然噛み合ってくるなと。
ある程度のパワー馬場、できれば自身後傾で入りたいです。
この子は阪神、京都が得意なように、自力加速よりは下り坂に乗せて自然とエンジンをかけていきたいタイプ。
土曜の馬場なら外から脚を出し切る形になれば怖い。
さらに外厩宇治田原帰りの2戦目はいつも勝っていますのでそのあたりも考慮しました。

 
対抗ブランボヌール
ビッグアーサー直後を徹底マークでしょう。
タフ馬場のバテ差しならビッグアーサーを食える可能性はあると思います。
ビッグアーサーは高速巧者ですからね~
別にペースが落ちなくても大丈夫なところも良いですね。

 
単穴ソルヴェイグ
とにかく一番追い切り含め状態が良く見えました。
あとたぶんこの子がハナだと予想しています。
前走は行けずにかなり後悔していたようなので…
田辺君のコントロールに期待。

 
ビッグアーサーは自力で飛ばして勝ち切っちゃう可能性も高いので消せませんね。
メディアでは調子良さそうな感じですが、わたしが見た感じだとデキ落ちに見えるんですよね~
そこは自分の感覚を信じたいので連下までにしました。

 
レッドファルクスはなぜ突然CBC賞で覚醒したのか。
ミルコが乗ったから?まぁそれなら今回も心配なしですよね。
あとはダート馬なので今回のようなタフ馬場が良いと思われていますが、もしかしたらCBC賞のような超高速馬場巧者なのかもしれないという可能性があります。
ちょっとそこは様子を見たいなと思います。
中山は高速馬場だと思ってたので本命予定だったんですけどね。
あと2番人気はちょっと。

 
スノードラゴン、サトノルパンはセオリーなら狙えませんよね。
中山千二は追走が厳しいです。
やはりここも馬場で引き上げました。
あと意外に内が一気にポジションを取ると思うのでスペースがありそうだなと。

 
ミッキーアイルはハナを取るならだいぶ脚を使っちゃうし、諦めたら雁行状態の外。
追い切りも悪いなぁという感じで消します。
怖いのは天栄帰りですけど、わたしは過去の追い切りも見てきてますからね。
明らかに悪いもん。

 
土曜、秋風Sで会心の一撃出しちゃったのでこっちは急に自信なくなってます。笑
日曜もポートアイランドSのほうがいけそうな。
疲れたので記事にするかはわかりません…
凱旋門は書きたいんですけどね。時間があれば…
狙いはニューベイを3着で。

 
3連複 ボックス 01, 02, 04, 07, 09, 11, 13 各1点

合計35点

   
Oct 1, 2016

秋風S 予想 ◎マルターズアポジー

タグ:

穴党はシリウスSよりもこっちじゃないでしょうか?
個人的には馬場が高速状態、その上に雨が降って稍重ぐらいになったら狙ってみようかなと。

 
見てないのでなんともですが、G1週なのでかなり高速化はしてきてると思うんですよね。
そのベースに雨が降って稍重になるわけです。
実はこれが穴党には一番おもしろい状況でして、騎手が馬場を掴みきれていない状態、かつ雨でペースが上げられない。
しかし実のところは多少の雨には負けないぐらいの高速状態であるということです。

行った行った馬券です。

 
◎マルターズアポジー
○ミッキージョイ
▲ゴットフリート
△グランシルク
△ネオスターダム
△ペルソナリテ
×ルグランフリソン

 
スロー専、ギアチェンジタイプという中山マイルのセオリーとは真逆のチームを結成しました。
雨で意識が下がってゆったり入っての仕掛け遅、後半勝負決め打ちです。

 
馬場が読みにくい中でスローコントロールさせたら天才的な田辺君を本命。
同じくノリさんを対抗。

 
グランシルクは実力は抜けていると思うので一応押さえます。

 
爆弾はペルソナリテ、ルグランフリソン。
どちらもスローで入って仕掛けをできるだけ待ちたいところです。
田辺君、ノリさんに合わせていければおもしろいかなと。

 
とりあえず明日の天気と馬場の条件が揃えば買います。

 
3連複 ボックス 04, 06, 07, 09, 10, 12, 16 各1点

35点

   
Sep 30, 2016

シリウスS 予想 ◎アポロケンタッキー

タグ:

シリウスS 展開予想

 
10月スタートから置きにいってるように見えますが…
だって阪神ニ千どんぴしゃの馬がほとんどいないんですもん。
アポロケンタッキーは合ってると思いますし、流れても無難に対応できるということで。
狙いの外枠も引けたので素直に行きます。

 
とりあえず事前展望通り、阪神ニ千定番の中緩みからのロンスパを想定します。
中緩み想定ということで、内枠は置かれる可能性ありとみて内よりは外を重視します。
まぁ少頭数なのでそこまで影響しない可能性はありますが。

 
◎アポロケンタッキー
○メイショウイチオシ

▲ピオネロ
△ミツバ
△マスクゾロ
×キョウエイギア

 
印は枠順で決めました。
外枠を引いたので素直に本命はアポロケンタッキーです。

 
対抗には大穴メイショウイチオシを持ってきました。
まぁ人気というよりかは、ラップ適性だけで選んでいます。
ハイペースから中緩みを挟んでのロンスパが得意な馬なので、阪神ニ千は合うでしょう。
スタートが悪いので外枠は歓迎。
岩田君、地味なレースだけどそろそろ勝っても良いですよね。

 
単穴ピオネロ
ハイペース適性が高いので、このコースが合っているとは思いませんが、芝スタート、福永君のポジショニングということで前受けできる条件は整っています。
まぁ中緩みもズブズブのスローっていう感じじゃなければ大丈夫だとは思います。
まだまだ底を見せてない感じもするので単穴で押さえておきます。

 
あとは外枠を引いたミツバ。
出脚がなく、リカバーしやすいところが欲しかったので、あとは松山君次第かなと思います。

逆にマスクゾロは内でちょっと下げました。
この子も外から出し切りたかったので、内でスムーズさを欠く可能性を考慮しました。

 
キョウエイギアは押さえです。
中緩みよりは一貫ペースタイプだと思っています。
ただ追い切りは良かったような気がしますので。

 
3連複 フォーメーション 09, 10 – 01, 04, 08, 09, 10, 11 – 01, 04, 08, 09, 10, 11 各1点
馬連 ながし 10 – 01, 04, 08, 09, 11 各1点

合計21点

まぁメイショウイチオシ次第の馬券ですよね…
結局本線は馬連のほうになりますか。

   
Sep 30, 2016

シリウスS 展開予想

タグ:

阪神ダートニ千は特徴的です。
スタートしてしばらく直線なのでここはまずます速いですが、中盤は一気に中緩みするのがポイントです。
13秒台、遅いときは14秒台近くまで緩んで、結局前半スロー通過になりやすいです。
中緩みからの後半勝負。

 
1番人気だと思いますが、ラップ的にはアポロケンタッキーに隙がありません。
同じ舞台の仁川Sで中緩みの阪神ニ千ラップにきっちり対応。
さらにブリリアントSで3秒ハイの超ハイペースでも追走削がれず。

早仕掛けからバテずにジリジリというのが特長で、個人的にはスローロンスパのほうがベストだと思っています。
流していきたい強敵もそこそこ多いですが、コース的にはそこまで流れないと思いますし、流れても追走は大丈夫。
内を引いて中緩みにさえ巻き込まれなければ…
外なら素直に買いたいと思います。

 
逆の適性を持つキョウエイギアはニ千全体をうまく流して勝負したいタイプ。
未知数ですが後半勝負ではアポロケンタッキーが上かなと思っています。
阪神二千では少し下げたいです。
ピオネロのほうが人気してしまうのであればキョウエイギアかなとは思いますが。

 
ピオネロはやはり前走ハイペースを生かして強い競馬をしているので、中緩みは武器を削がれそうかなというイメージ。
芝スタートですし福永君ということで、ポジションをきっちり取れそうな強みはあると思います。

 
ミツバは穴人気しそうですが、この子はとりあえず出脚が遅いのでポジションが取れません。
中緩みでリカバーできるかどうか、松山君にかかっている気がします。
外枠を引ければ一考。

 
カゼノコはロンスパ苦手。
ランウェイワルツもハイペースからの一脚タイプなので、これなら持続できるピオネロを拾いたいですかね…

 
マスクゾロがおもしろいレースをしてきているので興味ありますが、穴っていうほどの人気薄ではないですね。
阪神ニ千でやれそうな感じがあるんですが、やはり実際にやれてるアポロケンタッキーを上に取るのが理論的ですし。

 
荒れなさそうなので軽くになりそうです。

   
Sep 28, 2016

スプリンターズS 展開予想 基本はハイペース消耗戦

タグ:

もうG1シリーズ突入ですか~早いですね!
先週まで忙しかったんですが今週はゆったりなので助かりました。
ブログにとっても秋G1は正念場、プラスで上がるためにはがんばらないと。

 
ではいつも通り過去10年のラップ傾向から入っていきましょう。

 
過去ラップを見てもスプリンターズSはハイペース消耗戦が基本です。
下り坂スタートなので自然とペースが上がります。
1秒以上のハイペースが7/10、1秒以内も含めると9/10になります。

 
ただ昨年だけがイレギュラーで平均ペース。
かなり高速化が進んできていて騎手もみんな消極的な騎乗でした。
コントロールされるといくらスプリンターズSでも平均ペースにまで落ちてしまうんですね。

 
2015年 11.7 – 10.7 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 11.6
2013年 11.9 – 10.5 – 10.5 – 11.0 – 11.3 – 12.0

昨年は本当に特殊で、3ハロン目で1秒も緩んでの再加速になっています。
普通は2013年のようにどんどんゴールに向かって減速していくのがスプリンターズSです。

 
昨年のような高速馬場、前がコントロールという状況になるとトップスピードが問われ、そういうタイプの差しが決まり始めます。
普通の消耗戦になるとなかなかリカバーできず前の決着になります。
差しは馬券圏内8/30、追い込みに絞ると4/30という状況です。

 
 
では今年はどちらなのか。
一応先週から高速に傾き始めていますが、まだ超高速というレベルではありません。
土曜の状態を確認したいところですが、想定としては通常状態のハイペース消耗戦が無難であると思います。
ハイペース消耗戦が大得意のビッグアーサーがいるので福永君が変なことをしなければ死角はないでしょう。
さらにミッキーアイルもある程度は飛ばしたいですし、2秒以上ハイの消耗戦になった函館2歳Sを千切って来たブランボヌールもいます。
だいたい競馬は上位人気馬の得意なラップになることが多いので、今回はハイペース消耗戦かなという見立てです。
(土曜日の段階で超高速、騎手の意識がついていけてない、という場合は一考。)

 
今回は逆にスロー専の馬たち(コントロールしてオーバーペースさせてはいけないタイプ)の出走も多いです。
ダンスディレクター、シュウジ、ネロ、ベルカント、レッツゴードンキ、スノードラゴン、レッドアリオン、ラヴァーズポイント
このあたりは平均ペースまでしか対応できない馬です。
(対応はできても能力全開はできないというイメージ、まぁ細かく言っていくと色々あるんですが。)
ベルカント、ネロなんかは対応はできるけど高いレベルで見るとパフォーマンスは落とします。
追走が削がれるダンスディレクター、スノードラゴンなど。

今年は平均ペースで落ち着かせると大混戦というか、かなり混沌としてくると思います。
どの3頭が来てもおかしくない感じです。

 
あとはペースは良くても中緩みと馬場の重さがポイントになってくる馬。
ソルヴェイグは一貫の減速ラップよりは中緩みタイプ、馬場も重いほうが良いです。
ブランボヌールもどっちかというとタフ馬場が合います。

 
2歳、3歳と違って、馬のタイプ分析はやり尽くしている子たちなので、あとはどのラップに張るか。
枠と土曜の馬場、それに対する騎手の意識、それでラップを想定して、あとは馬を当てはめていきましょう。

 
現時点ではビッグアーサー、ミッキーアイルはラップ的に安定株。

ブランボヌール、レッドファルクスが一発候補。
ブランボヌールはペース不安より馬場不安。
レッドファルクスは外枠を引いてミルコの早仕掛けから脚を出し切りたいところです。
前走を見てG1級と思ってしまいました。本命候補。
ただ追い込みは決まらないレースですが…それでもCBC賞の超速の持続脚はとんでもないレベルかなと。
出遅れるのでとにかく外枠が欲しいです。

   
1 69 70 71 72 73 74 75 76 77 114