toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Jul 10, 2016

七夕賞 予想 ◎マーティンボロ

タグ:

土曜の馬場は雨の影響もあって、先週に比べればけっこう重かったですね。
日曜は快晴で気温もかなり高くなりそうなので、これでどのぐらいの馬場になるかが勝負を分けそう。

先週並みなら高速なのでトップスピード勝負になる可能性もありますし、土曜の馬場に寄れば消耗戦かなというイメージ。
まぁ福島は前々の意識は高いコースですし、ラジニケも緩んでいたとしても大してトップスピード勝負にはなっていないということも踏まえて、消耗戦寄りの想定で行きたいと思います。

そして福島の基本に忠実に。
コーナーでの立ち回り、平均からハイでの追走を考慮したいと思います。

 
◎マーティンボロ
○ルミナスウォリアー
▲マジェスティハーツ

△ダコール
△アルバートドック
△バーディーイーグル
×メイショウカンパク

 
本命マーティンボロ
まぁまた二桁人気本命かという感じですが、冷静に馬だけ見てマーティンボロは能力トップクラスじゃないかと。
まずやっと二千に戻るというところ。
この子はそこそこのペースで追走しても大丈夫なのですが、二千でこそそれが武器になります。
このメンバー構成と距離で他にラキシスとラブリーデイに勝てる馬がいるのか?
明日の馬場がどっち寄りでも大丈夫っていうのも大きいです。
問題は個人的に騎手として認めてないレベルの人が乗ってるってとこ。
なんとか恵まれていただきたい…3着でも。

 
対抗ルミナスウォリアー
流れれば強いですね。ペースが上がっても大丈夫。
外々から強気で良いと思います。とにかく早めに行ってもらえれば。
追い切りなんか見ると消しちゃいそうですけどね…
まぁいつもあんな感じと言えばそうなのかもしれませんが。

 
単穴マジェスティハーツ
ここはノリさんも含めての単穴。
マーティンボロと同じく、ここも地力は抜けててもおかしくないなぁと思っています。
キレ負けする馬なので、消耗戦になった上で内をタイトに回れれば。
メイショウナルトのペースならその可能性はそこそこはあるかなと。
ノリさんの立ち回りがポイントでしょうね。
ポツンなら終わりです。

 
高速のトップスピード勝負ならヤマニンボワラクテは買いたいですが、1番人気ですか…と。
ボワラクテは天の川っていう意味らしいですね。
そして7番…おいおい~

シャイニープリンス彦星様は大外。
大外で消すわけではありませんが、この子は序盤早いのは避けたい馬で、スタートからずっと直線の福島二千はそこが早くなりやすい。
福島民報杯はマイネルミラノがコーナーL4最速にしていて、そこを内ぴったり回ったことがまず大きいポイント。
今度は外からコーナーを押し上げる立場で、序盤もあまり無理できない。
今回は消しておきます。

 
マデイラ枠でメイショウカンパクは買いますよ。笑

3連複 ボックス 04, 05, 06, 08, 09, 10, 11 各1点

合計35点

   
Jul 5, 2016

ラジオNIKKEI賞 回顧

タグ:

ダイワドレッサー本命にしといて獲れないなんてもうダメかも。笑
下手に絞らないでもう点数ぶっぱしたほうが回収できそうです…

 
12.4 – 10.6 – 12.3 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 11.8 – 11.5 – 11.7 = 47.2-47.4 = 1:47.0

一応ギアチェンジっぽいラップですがトップスピード勝負ではないですね。
思ったより時計は出ませんでしたがペースとしては狙い通り、内の立ち回りも大事だった印象です。
追走含めて総合力重視で正解でした。

 
1着ゼーヴィント
来ちゃうかぁ…
揃いすぎてて怪しいなと思ったんですけどね。
来るんだなぁ…
このペースでしっかり脚を使えるというところが大きいですかね。
さばき方も良かったです。
戸崎君は福島も良いんですよね。分かっちゃいましたけど。
シルクは福島地元なんで要注意ではありました。
完全に後の祭りです。

 
2着ダイワドレッサー
番手確保した最序盤で馬券圏内は確信しました。
不安はポジショニングと内のさばきだけだったので。
うーん、枠連じゃなくてこの子から8枠へワイドが正解でしたね、わたしの予想的には。

 
3着アーバンキッド
実力的には最上位レベルの評価はしていました。
やっぱり枠的に頭はないですよね。
このコースの外から押し上げは思った以上に脚を使います。
それでもポジション取りに行かなかったのは正解かも。
行くと外々は確定だったんで、下げて真ん中通しは良かったと思います。

 
めげずに七夕賞へ向かいます…

いや、実際はめげてます…笑

   
Jul 4, 2016

CBC賞 回顧 レッドファルクス驚愕のパフォーマンス

タグ:

12.2 – 10.7 – 10.9 – 10.9 – 10.8 – 11.7 = 33.8-33.4 = 1:07.2

だいたい想定通りでしたがコーナーでも10秒台連発がちょっと速かったなぁという感じ。

まぁ今回はラップというより上位2頭の実力を計り損ねていました。

 
1着レッドファルクス
けっこう時計のかかる馬場でのバテ差しが目立っていたので、ここでは買うつもりがまったくありませんでした。
でも結果的に向こう正面、3角と追いっ放しで、そんな競馬になってると言えばなってるんですが。
ここまでのパフォーマンスとは思いませんでした。持ち時計4秒弱短縮ですか?笑
これは一気に勢力図を塗り替えたような気がします。G1レベルかなと。
不調でしたが、やはり重賞のミルコは無条件押さえなんだなぁと実感しました。

 
2着ラヴァーズポイント
この子も適性が合いそうだなとは思いつつも、実力自体を計れてなかったですね。
ハンデがあるのでちょっと比較が難しいですが、それでもベルカントの出し抜きに置かれず、L1で差すっていうのはけっこう驚きました。
これも買う気なかったのでこうなるともう諦めですね。

 
まぁ見せ場としては、こぞって二重丸の並ぶエイシンブルズアイをペースと馬場から一番に消してやったぐらいですね。笑
先行が裏目と言われていますが、この馬場ならわたしでも先行するし、1番人気ならしょうがないと思いました。(イケメン擁護)
それよりコーナー最内で置かれたところですかね。
やっぱりペースバランス的に狙いづらかったですね。イコールこの馬場では、というところです。

   
Jul 2, 2016

ラジオNIKKEI賞 予想 ◎ダイワドレッサー

タグ:

ラジオNIKKEI賞 展開予想

 
こちらも高速馬場。
土曜見てましたが内は有利は有利なんでしょうけど、逃げ以外は進路がどうかは正直読めないですね。
どん詰まりの可能性も高いですし、運よく内を立ち回れた馬が勝つんでしょう。

逃げはジョルジュサンクでしょうか。
ロードヴァンドールもいますが、そんなに速くない…
正直すべて読みにくい。
馬場が高速なので平均からややスローぐらいの想定でいきますが。
そこそこ流れやすいレースということも考慮して。

 
◎ダイワドレッサー

○ストーミーシー
▲アップクォーク
△アーバンキッド
△ブラックスピネル
×ナイトオブナイツ

 
本命ダイワドレッサー
まぁ初志貫徹。展望通りの見立てです。
追走レベルや後半のギアチェンジ、持続ともにある程度のレベルを見せてくれています。
詰まらなければ安定したパフォーマンスは期待できるかなと。
想定より流れても全然大丈夫ですし、そこも千八なら武器になるはず。
好きな馬なので勝って欲しいですね。

 
対抗ストーミーシー
平均に流れればこっちのほうが頭は意識できるかも。
距離延長ですが、少しゆったり入ってパフォーマンスを上げてくるとしたら益々良いですからね。
その可能性はけっこう高いような気がしています。
ただ狙ってる人が多いときの江田さんは…

 
単穴アップクォーク
バテ差しでまだ底を見せていません。
早めに動く展開になればL1は期待。
脚を出し切れる進路があれば。

 
ヒモに押しやりましたが8枠の2頭。
けっこう来る気がしてます。特にスロー側に傾けば。
3枠の相手筆頭として買いたいと思います。
特にアーバンキッド、ここまで人気ないとは思いませんでした。
距離延長はかなりプラスと見ています。
問題は福永君で、これが一番まずい…

 
まぁ買った馬がスムーズに運べることを祈るのみですね。

 
枠連 通常 03 – 08 20点
枠連 通常 02 – 03 10点
3連複 軸1頭ながし 06 – 03, 05, 10, 15, 16 各1点

合計40点

   
Jul 2, 2016

CBC賞 予想 ◎サドンストーム

タグ:

また今回も中京は超高速に仕上がっております。
これは恐らく走破1分7秒前半ぐらいは出るかなと思います。
(土曜日500万下で1分7秒7)
そうなると34秒で行ってもスローになります。
さらにベルカントが康太君なので消極的、34.5ぐらいになればもはやどスローかなと。
どスロー想定でいきます。
切れ味勝負。

 
◎サドンストーム

○ベルカント
▲ワキノブレイブ
△メイショウライナー

 
本命サドンストーム
切れ味勝負ならサドンストーム。
いつも追走でちょっと苦しめられますが、今回はどスロー想定。
外からでもやれるかなと判断して。

 
対抗ベルカント
まぁこの馬場なら本命でしょうけど、どうも状態が読めませんからね。
秋からパフォーマンスには不満。
この馬は追い切りで見当がつけにくいのがやっかいですね。
ちょっと様子見で軸にはできませんでしたが、条件は良いので。

 
単穴ワキノブレイブ
ワキノブレイブは決め手勝負ならこのメンバーでも十分足ります。
今回想定しているような展開になればおもしろいでしょう。
特にベルカントがコーナーで緩めるような展開になればサドンストームとセットで突っ込む可能性は高いかなと。

 
ハイペースになればエイシンブルズアイ、スノードラゴンのバテ差しということになるんですが、土曜の馬場を見る限りじゃスローに張るほうが自然ですかね。
エイシンブルズアイは元々そっち側だったのでどうなるかなって感じはあるんですけどね。

 
ワイド 通常 05 – 09 20点
ワイド 通常 08 – 09 10点
ワイド 通常 04 – 09 5点

合計35点

なんか夏競馬はほとんど予想に迷わないですね…

   
Jul 1, 2016

ラジオNIKKEI賞 展開予想

タグ:

やっと春G1終わって待ちに待った夏競馬です。
やっぱりこれだよね。
1倍台とか出てこない、斤量もばらばら、この混沌とした感じが一番好きです。笑
(当たるとは言ってない)
大穴買ってても一発ありそうな気がしますしね。春はダメ元って感じですが。

 
さてラジニケです。
ラップ傾向はあまり決め打ちってほどではありませんが平均傾向。
1秒以内におさまってる感じです。どスローなし。

 
コース形態的に序盤1角の下りで少し速く、向こう正面の上りで緩みます。
縦長になって向こう正面から3角でぎゅーっと詰まってくるレースになりますよ。
そこが勝負のポイント。
ここで内をきっちりさばいた馬が勝つっていう感じですね。
コーナーの形状からなかなか外を上げてくるっていうのが難しいので外枠不利になっています。

 
平均ペースでポジションを取れる追走、内を器用にさばける馬と騎手。
これを選びたいところですね。

ブラックスピネル、アーバンキッドが大外に行きました。
おもしろいですね。

ブラックスピネルは内枠でも勝ち切れるか怪しいと思っていましたし、アーバンキッドもポケットが欲しかった。
そして1枠1番ゼーヴィント。こっちに人気が集まりそうですね。
ゼーヴィントは個人的には評価していませんので、これが最大の罠と見ています。
この馬はとにかくエンジンのかかりが遅いのがネックです。戸崎君の遅仕掛けがどうか。
というか1枠1番はデータ悪いっぽいですね?

 
わたしの本命はフェアリーSに続いてダイワドレッサーです。
これしかいないです。
たぶんメンバー中一番器用かなと。
内枠引けましたし、ここまで見ても追走はマイルでも大丈夫、千八が一番武器にできると感じています。
オークスは出遅れで勝負には関係なかったものの強い競馬だと思います。
それを見て下げたら終わりですが、きっちりポジションを意識できるならいけるでしょう。

 
ここまで書きましたが、結局最後は、やっぱり土曜の馬場をちゃんと見ないと分からない!ということにしておきます。笑
天気もよくわかりませんしね。
夏競馬はほんとワクワクします。

   
1 69 70 71 72 73 74 75 76 77 103