toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Oct 22, 2017

菊花賞 予想 ◎トリコロールブルー

タグ: ,

ちょっといつもと違う菊花賞が見れそうで楽しみにしています。
かなりの馬場になりそう。

 
展開予想ですが、飛ばしていきにくい馬場だけどポジションも欲しい、でも逃げたくない…そんな葛藤がありそうですね。
ウインガナドル、クリンチャー、アダムバローズのどれかでしょう。
基本的に菊花賞は最序盤は速くなるので、重いなりにラップの中では前半が速くなると思います。
中盤からハロンラップは12秒台後半ぐらいはかかりそうかな。消耗戦想定。

 
◎トリコロールブルー
○アルアイン

▲サトノアーサー
☆ポポカテペトル
△ベストアプローチ
△ウインガナドル

 
本命トリコロールブルー
前走、大幅なプラス体重で勝利。
これはけっこう良い材料で、今回は天栄。
この前走札幌はかなり時計がかかっていたし、L4最速の消耗戦。
たぶん良馬場なら勝負になりにくい。雨でズブズブならこれだと。
崩れたスプリングS、青葉賞は輸送で馬体減というのもありましたし、どちらもペースが速く追走が厳しかったという見方もあり。
不良の淀三千なら怖い。
戸崎君は不安ですけどね…

 
対抗アルアイン
アルアインは重馬場は合う…というか、わたしの場合は重馬場になったときのラップが合う、ということ。
前走セントライトは馬場が高速すぎてL1最速のトップスピード戦で切れ負け。
一番やっちゃいけないパターンで2着ですからね。
12秒後半を淡々と刻みそうな今回はラップ的にはやりやすいと思うんです。
自然と脚を出し切る形になれば。

 
単穴サトノアーサー
エンジンのかかりが遅い。
なのでこの馬は意外に重馬場のほうが良さがでるんじゃないかなと。
追い切りも上げてきてるし怖いですよ。

 
特注からポポカテペトル
この馬も良馬場高速なら話になりませんが、ズブズブなら怖い。
やはり淡々と刻んで良さの出る馬を上位で狙いたいかなと。
その中でも高速淡々よりパワー勝負っぽい馬。

 
馬連 フォーメーション 05, 08, 16 – 02, 05, 08, 10, 14, 16 各3点
馬連 ボックス 05, 08, 14, 16 各1点

合計42点

   
Oct 19, 2017

富士S ラップ傾向

タグ:

富士Sのラップ傾向は過去10年、

平均ペース:5/10、どスロー:3/10、スロー:2/10

 
ここ4年は連続してどスロー。
それ以前は平均ペースで流れることが多かった、というような傾向です。
近年は傾向が変わったと見るか、平均までケアするかどうか。
ただスローでもコーナーで大きく緩むことがあまりありません。
馬券内は先行馬が多く占める理由はここでしょう。

 
次に後半の傾向。

L3最速:7/10、L2最速:3/10

 
L3最速になる可能性が高いレースです。
また、L2最速時もL3は速く、ギアチェンジも大事ですが持続が重要になります。
前から強烈なギアチェンジをしてくるイスラやエアスピがいますが、L1で持続型が突っ込む可能性はあるでしょう。

 
想定人気は
イスラボニータ、エアスピネル、ペルシアンナイト、グランシルク

 
イスラボニータはL1がとにかく甘いので勝ち切れるかどうかがポイント。
レースはL3最速率が高いので、外枠なら止まる可能性は高いです。
でもルメールはイスラの甘い点は理解してますからね。馬券内は堅いかも。

 
エアスピネルも似たようなタイプですが、こちらのほうが脚は持ちそう。
この2頭はポジション差が大事ですね。あと枠と。
エアスピネルのほうが外枠からやれそうです。
イスラより前を取っていれば瞬間的に出し抜かれてもL1で際どいはず。

 
ペルシアンナイトはペース幅が狭い。
幸い傾向はスローですが、次は折り合いがしんどい。
人気の割にはかなりギャンブルな馬ではありますね。

 
グランシルクはスローだといくら田辺君が早めにエンジンをかけてやったとしても届かないと思いますね。
ギアチェンジを問われない本番京都で田辺君ならそっちで狙いたいところです。

 
持続の怪物ブラックムーンは不動明王、スペース潰しと相性最悪の戸崎君なので、まずないかなぁ。

   
Oct 15, 2017

秋華賞 予想 ◎ディアドラ

タグ: ,

前日予想できずにすいません。

 
さて京都ですが、土曜から雨の影響はありませんね。
ほとんど降ってないような状況です。
日曜は少し降ると思いますが、稍重以上はない想定でおります。

 
展開は、アエロリットがスタートを決めればそのままペースを引き上げていくとみます。
秋華賞は平均以上で流れるケースが圧倒的に多いですし、まずこれが素直に読んだパターンでしょう。
ただアエロリットはスタートが安定しているわけではなく、ロケットスタートもあれば出遅れもあります。
そして二の脚で引き上げていくタイプなので、最内枠は嫌なところですね。
特に失敗すると、G1でも捨ててくるノリさんですから。

 
そうなるとカワキタエンカのスロー逃げパターンもわずかに出てきます。
まぁノーザンのどれかが引き上げていく可能性もあります。
アエロリット、ディアドラどちらもある程度流れたほうが良いですから。

 
◎ディアドラ

▲アエロリット
▲ラビットラン
△リスグラシュー
△ミリッサ
△リカビトス

 
本命ディアドラ
アエロリットのほうが強いとは思いますが、あちらは色々とギャンブル要素が多いなと。
スタート失敗で捨てられると精神的にきます。
ディアドラは桜花賞ハイペース稍重で脚を使えていますし、オークスはどスローを内で立ち回って持続を見せています。
この子はけっこう万能で、きっちり能力を出してこれる馬。
ここから入りたいと思います。

 
対抗アエロリット
思い描くレースができれば一番。
それができるかどうか
スタートが重要ですね~

 
単穴ラビットラン
平均ペースのローズSであの豪脚。
ここもペースは問題なさそうです。
問題は1ターンから1周コース、早めに分散される傾向の秋華賞で同じような脚が使えるかどうか。
まぁ一応押さえておくけど…程度かなと。

 
リスグラシューはかなりコースは合うと思いますが、もう少し馬場が重いほうが良いでしょう。
ちょっと高速過ぎます。
高速になるとミスパンテールにも差されるぐらい、ラビットランにも歯が立たない。
ただコース適性でここはひっくり返る可能性はあるという感じで。

 
単 勝 通常 14 10点
馬 連 ながし 14 – 01, 07 各10点
馬 連 ながし 14 – 02, 11, 13 各5点

合計45点

   
Oct 14, 2017

府中牝馬S 予想 ◎クロコスミア

タグ: ,

馬場が稍重~重になりそうですが、ベースが高速なのでそこまでタフにはならないかなと。
もうそうなるとお馴染みのやつです。
騎手の意識は上がらないけど馬場は悪くないパターン。
出し抜きを狙います。

 
◎クロコスミア
○アスカビレン

☆クインズミラーグロ
▲トーセンビクトリー
△クイーンズリング
△アドマイヤリード
△バンゴール

 
本命クロコスミア
まず重馬場オッケー。
同じく重で大穴を開けたローズSのイメージですね。
ペース幅はそこそこ広いので、あとはL3勝負に巻き込まれないような前受けができれば一発かなと。
ルメールがあまり動かしてこないタイプになるのでヴィブロスの穴はそこですかね。
内でギアチェンジなし、展開的には飛んでもいい。

 
対抗アスカビレン
昨年4着。
こちらはエンジンのかかりが遅いのでクロコスミアとは逆。
一応両方で狙っておこうかなと。
動きやすい枠にはなったと思いますし、忙しいマイルからゆったり追走できる道悪千八で良さが出れば。

 
大穴いつも狙ってるバンゴール
スロー追走になればかなりのパフォーマンスはでますね。
なのでマイルからの延長も良いです。
前走強い勝ち方をしての2走目でちょっと買いにくい感じはしますが。

 
馬 連 フォーメーション
11, 13 – 04, 05, 07, 10, 11, 13, 14 各1点

合計11点

   
Oct 13, 2017

秋華賞 ラップ傾向

タグ: ,

秋華賞のラップ傾向は過去10年、

超ハイペース:3/10、ハイペース:5/10、スロー:1/10、超スロー:1/10

 
まぁとにかく速いのが秋華賞ですね。
牝馬限定でこれだけ流れるのは特殊な条件。
追走は最低限必要になりますが、このレース地味にして最大の特徴は3角手前でガクっと減速するところ。
ここから坂で再加速になります。

 
次に後半の傾向。

L2最速:6/10、L3最速:3/10、L4最速:1/10

 
下り坂から加速しますが意外にL2最速が多いですね。
コーナー終わりで一気にスパートが多いという感じ。
ただハイペースでここまで来ていることが多いのでL2最速といっても、急激なギアチェンジがあるわけでもなく、10秒台を問われるわけでもありません。
雨も降りそうなので、トップスピードの質よりは、流れてもきっちり脚が使えて持続がある馬を狙いたい。

 
想定人気は
リスグラシュー、アエロリット、ディアドラ

 
正直この3頭は適性が高い…
どの馬も秋華賞で買いたいと思っていた馬になります。
雨が降ればなおさらという感じ。

 
その下でもモズカッチャン、ラビットランあたりになりそうで、なかなか穴馬が見つけられません。
まぁメイショウオワラですかね…
意外と押さえる人は多いと思いますが。

 
雨の具合と騎手の意識が重要になりそうなレースですね。
まさかのスロー、思ったより悪化していない、なんて感じまで想定したらキリがない。
リカビトスのすごいマクりでも炸裂しちゃいそう。

 
素直に考えるとアエロリットが条件完璧。
ただ個人的に、前哨戦でノリさんがやる気満々の逃げを打った馬ってちょっと嫌な予感がする。
そこだけがね。
ファンディーナは非根幹の距離延長、スローのエリ女で全力でしょう。

   
Oct 7, 2017

毎日王冠 予想 ◎ヤングマンパワー

タグ: ,

馬場はやっぱり相当速いと思います。
まぁ事前展望のままの予想にしておきます。

 
◎ヤングマンパワー

○ソウルスターリング
▲リアルスティール
△マカヒキ

 
本命ヤングマンパワー
この子は前半スロー、ロンスパが本領で、まさにラップ傾向に合致する穴馬。
ずっとマイルですが、もう明らかに追走がきついんですよ。
マイルでも富士SやマイラーズCのように3秒近いどスローで入ったときは好走していますから。
まぁわたしはしょっちゅう狙ってますが、ここはほんとに良いですね。
どスローになりやすいですし、仕掛けもL3勝負になりやすい。
逃げてもOK的なコメントも心強いです。
傾向通りのどスロー、L3勝負になれば自信あり。

 
対抗ソウルスターリング
まぁこれ以上は落とせないですかね。
特に弱点はないですね。
非根幹距離、究極の切れ味特化戦になった場合の能力差、このあたりで取りこぼす可能性はあるかなと。
ルメールがペースをきっちり作ってきたら…まぁしょうがないですね。
本番に向けて多少チンタラやってください。笑

 
単穴リアルスティール
マカヒキとどっちが上かなというところで、やはりポジショニングとミルコでこちら。
マカヒキもそこそこ前に来られると直線勝負ではマカヒキという気はしますが。
ポジション差でどこまでかな。
内パクさんなので前目に来る可能性はあり。

 
3連単 フォーメーション
08, 09 – 01, 02, 08, 09 – 01, 02, 07, 08, 09, 12 各1点
馬連 ながし 09 – 01, 02, 08 各10点

合計54点

54点は今年一番の勝負に出た気がする。

   
1 2 3 4 5 6 7 8 106