toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Sep 28, 2017

シリウスS ラップ傾向

タグ:

シリウスSのラップ傾向は過去10年、

平均ペース:7/10、どスロー:1/10、ややハイ:1/10、ハイペース:1/10

 
平均ペースになりやすいですね。
ただ、みなさん、阪神ダートニ千と言えばなんですか?
はい、せーの

 
そうです、中緩みです。
スタート直後の直線は速いのですが、中盤一気に13秒から14秒台まで緩みます。

 
次に後半の傾向。

これはもうバラバラで偏った傾向はなしです。

 
脚質的には先行が安定。
好位でペースの上げ下げにきっちり対応できる馬が狙い目です。

 
想定人気はミツバ、マスクゾロ、モルトベーネですね。
まぁ外枠を引けばミツバが圏内にきそうっていう感じはあります。
このレースはデータ的には内枠が強いですけどね…
コースデータとしては外枠のほうが良かったりします。
特にミツバは器用ではないし、中緩みで内で待たされるのは致命的。
そこを外から詰めたいですね。

 
マスクゾロは昨年お見事でしたが、基本的には逃げが決まりにくいコース。
これもあまり器用なタイプではないし、昨年は阪神ニ千としてはかなり例外的なラップを刻んでいるので、今年は少し下げたいところです。

 
逆に器用なモルトベーネ。
ある程度内枠に入れば本命です。
中緩みの天才ミルコだし。

 
G1ふたつを差し置いてシリウスSから入るって良いでしょ。笑

   
Sep 24, 2017

神戸新聞杯 予想 ◎キセキ

タグ: ,

事前展望ほぼまんまです。
どスロー想定で入るのが基本。

 
このレースはダービー馬が強いみたいですが、今年のレイデオロはちょっと違うと見ています。
ダービーを奇策で勝っているという点ですね。
確かにダービーもどスローでしたが、正攻法の切れ味勝負でどこまでのパフォーマンスを見せるかに注目です。
レイデオロはそういうタイプではないと思いますし。

 
◎キセキ
○ベストアプローチ

 
本命キセキ
コーナー下り坂の阪神で、早めに勢いをつけて最後まで落とさないという競馬を期待します。
ミルコもそういうタイプは合うとは思いますし。
ただミルコはそのあたりの噛み合わせによるところが危険ではあります。
どういうことかと言うと、今回どスローを見越してポジションを取ってしまう、それで仕掛けを待ってしまう、といった感じ。
まぁスタートが人馬ともに下手くそなので、そこが良い方に出るかなという目論見はあります。

 
対抗ベストアプローチ
噛み合わない展開がずっと続いているベストアプローチ。
2着に着た青葉賞がかなり速い流れ、ダービーがどスローで一見流れたほうが良さそうですが、このときはポジションも悪かったですし、アドミラル比較でラストがかなり甘かったと。
今回は内に張り付いてダンビュライトの後ろで決め打ち、コーナー速くなるロスを内で受けて突き抜ける展開を期待しています。
ハマると思うんだけどなぁ…

 
一点で勝負します。

馬連 通常 04 – 05 20点

   
Sep 24, 2017

オールカマー 予想 ◎タンタアレグリア

タグ: ,

土曜は時計がかかっていましたが、先週もそんな感じで想定をしたら馬場がやたらと軽いという結果。
なので今回も一気に回復して高速化で想定することにします。
ちょっと嫌な予感もしますが…

 
ペースは事前展望通り、スロー~平均まで。
傾向としては流れればL2最速、スローならL3ロンスパになりやすい。
難しいですが今回はエンジンのかかりの遅い馬が上位人気に多いので、ギャンブルとしては差し損ねを狙いたいところ。
ステファノス戸崎君、ルージュバック北村君、アルバートも内枠と動きにくい条件は揃いました。

 
◎タンタアレグリア
○モンドインテロ
▲デニムアンドルビー

 
とにかく狙いたい馬がいませんでした。

 
本命タンタアレグリア
AJCCは平均ペース消耗戦での勝利で、まずペース幅が広いという点。
個人的にはスローロンスパのほうがパフォーマンスは高いと思いますし、今回はAJCCよりは遅くなる可能性が高いと見ています。
春天もかなり強かったと思いますしね。
あのときも3角からの持続で、ずっと11秒台を刻むようなレース。
適性で買うならこの子からになりました。

 
対抗モンドインテロ
総合力が高いですが、これといって突出した武器がない馬。
まぁ今回は正直田辺君頼みのチョイスです。
ポジション差と、このメンバーの中ではギアチェンジがある方。
外枠なのである程度は出して行ってくれるかなという希望で。
持続差しが多いのでこのタイプは狙いたいところです。

 
単穴デニムアンドルビー
もう一度だけ…
ここは合いそうで、外から早めに動く展開になってくれれば。

 
とにかく内のステファノス、ルージュバック、アルバートの動き出しが遅れてくれれば、という想定の予想を組んでみました。
可能性が高い並びと騎手にはなっています。

 
馬 連 通常 09 – 14 10点
馬 連 通常 09 – 12 5点
馬 連 通常 12 – 14 5点

合計20点

   
Sep 21, 2017

神戸新聞杯 ラップ傾向

タグ:

神戸新聞杯のラップ傾向は過去10年、

どスロー:6/10、ややスロー:2/10、平均ペース:1/10、ハイペース:1/10

 
どスロー率が非常に高いですね。
MAXで5秒スローぐらいまではあり得るようなレベル。
馬場も高速なので、今年もとりあえずスローよーいどんの想定が基本でしょう。

 
次に後半の傾向。

L3最速:5/10、L2最速:4/10、L4最速:1/10

 
L2、L3で半々ですが、個人的な感覚でいくとL3最速のイメージが強いですね。
キレる上にL1まできっちり持続させる馬を選びたいかなと。
近年はあまりL1落ちない傾向があるんですけどね。

 
脚質的には差し、追い込みの占有率が高いです。
頭に絞ると意外に半々なんですけどね。
前軽視は良くないと思います。

 
想定人気はレイデオロ、キセキ、サトノアーサーですね。
まずレイデオロはダービー勝たれてしまいましたが、春からあまり評価していません。
ダービーは作戦勝ちな部分が大きいと思いますし、キレる馬でもないですしね。
ここもダービーのような乗り方をすれば…という感じはしますが、そこまで勝負をしてくるかどうか。
ダービーのようなレースをするならスローを外から押し上げられる外枠が欲しいですよね。

 
逆に買いたいのはキセキ。
特に良馬場ならけっこう堅いと見ていますね。高速巧者。
トップスピードの質も高いですし、持続もすさまじいものがあります。
L5から行ける持続とL2の再加速を兼ね備えた馬で、かなりミルコに合うタイプだと思います。

 
サトノアーサーは川田君なので仕掛けをミスるでしょう。
終わってから突っ込んで来ると思います。

   
Sep 21, 2017

オールカマー ラップ傾向

タグ:

オールカマーのラップ傾向は過去10年、

2秒以上スロー:5/10、平均ペース:3/10、ややスロー:1/10、ハイペース:1/10

 
スローが多いですね。
ただ近年は、やや流れるパターンの出現率が上がってきていますので、ややスロー~平均までの想定が無難ではあります。
月曜のような馬場だと、どスローもなくはないのが難しいところですが…

 
次に後半の傾向。

L2最速:6/10、L3最速:4/10

 
これには特徴があって、平均ぐらいで流れた場合はL2が多く、スロー気味に流れたときはL3が多いです。
よって近年の傾向を考慮すると、「平均からのやや仕掛け遅L2最速戦」の可能性が高いかなと。
ただもう先週でもわかったように、すべて馬場によるところがあるので、当日の馬場は要チェックです。
あとはしっかり早めに動いてくる騎手が何に乗っているか。

 
データ的には人気の先行馬できっちり上がりが出せる馬が強いですね。
今年はけっこう持続差しタイプが多いかな…
仕掛け遅れで脚を出し切れないパターンがおもしろいかもしれませんね。
コーナーでの立ち回りも重視したいところです。

 
想定人気はステファノス、タンタアレグリア、モンドインテロですね。
ステファノスはスローからの持続が武器。
スローの場合は早仕掛けの傾向は出ているので流れなければ、というところ。
月曜のような高速馬場ならペースは落ち着く可能性は高いけど、誰かが早めに動かしてくれないと脚を余す可能性は高いかなと。
展開待ち、さらに戸崎君は動かないしスペースの意識もないので。
状態がまともならタンタアレグリアのほうがペース幅は広いし適性はありそうです。

   
Sep 18, 2017

セントライト記念 予想 ◎スティッフェリオ

タグ: ,

ここは日曜の阪神と違って馬場想定は完全に重~不良で入っていいでしょう。
上がりはだいぶかかると思うので、ペースバランス的には自然と平均付近になるかなと。
事前展望通りアルアインは軸に向いてるとは思いますが…
おもしろくないので、読みにくい、打ちにくいこの馬から入ります。

 
◎スティッフェリオ

○アルアイン
▲クリンチャー
☆サトノクロニクル

△サーレンブラント
△ミッキースワロー
△プラチナヴォイス
△インペリアルフィズ

 
本命スティッフェリオ
前走内で詰まってスムーズにいかず。
L1だけしか脚が使えませんでした。
古馬相手1000万でその内容なら。
タフ馬場は良いはず、なんせステゴに母父ムトトで重厚。
スタートもあまり良くないので大外でオッケー。

 
アルアイン、クリンチャーは事前展望を参照。
タフ馬場で自然と合うペースになりそう。

 
サトノクロニクルはいつも要所で置かれるので意外と重馬場のほうがハマりそうな気がします。
追走も距離延長でだいぶマシになるはず。

 
3連複 フォーメーション
15 – 02, 04, 07 – 02, 04, 05, 06, 07, 09, 11, 15 各1点

合計15点

   
1 2 3 4 5 6 7 103