toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Jan 5, 2016

中山金杯 予想 ◎ベルーフ

タグ:

遅くなりました。
いきなり目標の前日アップできてませんが、変則なのでお許しを…
ちょっと迷ってたのもありますが。

 
昨年、中山は有馬ぐらいから高速化してきていましたので、今年もやや高速想定にします。
騎手もちょっと感覚がつかめないような気がしますので、積極的っていう感じにはならないかなと。
京都と同じくスロー想定。

展開は読みにくいですね。
スピリッツミノルはテンが速くないので、この枠だと怪しい感じですし、マイネルフロストは壁を作りたいというコメントもあって、これも積極的ではなさそうです。
ヤマカツエースとかかなぁ…
スピリッツミノル待ちだとやっぱりスローでしょうね。

 
◎ベルーフ
○フルーキー
▲ステラウインド
△ネオリアリズム
△マイネルフロスト

 
本命ベルーフ
この4頭、印に悩みました。
とりあえずベルーフにしたというのは、馬場とペースの対応幅が広いというところです。
一貫で刻んでも、トップスピードを多少要求されてもそこそこいけますし、高速馬場でなくても大丈夫です。
前走は要所でスペースが取れず、進路変更のロスがありましたが、L1はマイネルフロスト以上だったかなと思います。
能力的にはちょっと足りないかもしれませんが、本物のベリー補正でなんとか。

 
対抗フルーキー
まぁ安定はしてくるかなぁという感じですが、ハンデもあって頭まではどうかというところ。
チャレンジCはミルコがだいぶうまく乗ってるというのがありますしねぇ。
距離延長でどんどん良さが出てきていますので、二千も良い材料とは思います。
ただハンデで甘くなる可能性はありますので対抗まで。
ベリーとミルコ、お互い意識してきそうですねぇ。
動き出し自体は早め早めもありそう。

 
単穴ステラウインド
本命でも良いぐらい迷いました。
想定ラップの二段階加速、直線入り口ギアチェンジに一番合致した馬です。
七夕賞のようなイメージ。
このときはコーナー外々で置かれながら直線はL1まで差し込めましたし、今回は枠が最高に良いですから。
2列目あたりまで積極的に取れれば、外から早めに動いてくる馬に合わせて直線入り口のギアチェンジで出し抜けます。
混線なので器用さを存分に生かせそうです。

 

消耗戦になりきってしまえば、ヤマカツエース、ブライトエンブレムかなと思いますが有馬記念と同じく、ある程度直線入り口でトップスピードが問われるんじゃないかなと思っています。

 
枠連 通常 03 - 06 15点
枠連 通常 05 - 06 10点
枠連 通常 03 - 05 5点
ワイド 通常 09 - 10 10点

合計40点

競馬ブログ・ランキング

   
Jan 4, 2016

京都金杯 予想 ◎オメガヴェンデッタ

タグ:

あけましておめでとうございます。

2016年、一発目の予想です。
基本的には、ラップ想定と展開予想の結果、可能性のある馬は二桁人気でも普通に狙っていきます。
あまり買いたくないけど、人気だから押さえようっていうのはほとんどしません。
もちろん逆に人気馬しか買わないときもあります。

予想はできるだけ前日アップを目標にしています。

 
では予想です。
前に行きたい馬はそこそこ多いですが、スローが良いタイプがほとんどなので、スロー、最大でも平均で想定しています。
馬場の方は、前日なのでわかりませんが、とりあえず高速想定です。

なにがハナを切るか、個人的にはバッドボーイに行って欲しいですが、逃げなくてもというコメントが出ています。
あとはエイシンブルズアイ、外からテイエムタイホー。
どれも積極的にっていう馬ではないので、じわっと出していく感じではないでしょうか。

 
◎オメガヴェンデッタ
○エイシンブルズアイ
▲バッドボーイ
△ウインプリメーラ

 
本命オメガヴェンデッタ
まず、対応ペース幅がどスロー~平均と広め。
前走がけっこうがんばっていて、速めの一貫ペースを、外々になりながらも最後まで突っ込んできました。
あれが内だったらけっこう際どい感じで、今回は内に入れやすそうな並びですし、この子はけっこうスローになってもギアチェンジもあるんですよね。
絶不調の岩田君ですが、京都金杯は個人的には岩田君のイメージがありますし、なんといっても申年なんで……ぷぷぷ
リフレッシュしてると期待しています。
そこそこポジションは取ってもらわないといけませんけどねぇ…最低中団。

 
対抗エイシンブルズアイ
この子は千二の追走がいつもしんどいですから。
距離延長のスロー、番手近く狙ってくれたらおもしろいんじゃないかなと思っています。

 
単穴バッドボーイ
最初本命でしたが、今年は本命と単穴を最後に入れ替えることにしてます。笑
というのも、去年の単穴馬成績がやたらと良かったということで。
この子はとにかくスローじゃないといけませんので、ここもちょっと上がるようなら厳しいですが、どスローにコントロールできてくるとなかなかおもしろいかなと。
能力的には人気ほど弱くなくて、いつも問題はペースと仕掛け。
高速京都で、今回どスローに振れる可能性もありますので積極的に狙っていきたいと思います。
前走も重い印で狙っていますが、ここは早仕掛けになってしまって勝負になりませんでした。
コーナーで速いラップを刻む中でも、内ピッタリ周って、直線入り口で出し抜きなら残れるかな…
小倉日経OPのようなレースが理想。

 
買い目は前日でオッズがわかりませんが。
金額は点数表記で書いていきます。

ワイド ボックス 07, 08, 09 各5点
馬連 ボックス 07, 08, 09 各5点
ワイド ながし 02 - 07, 08, 09 各3点

合計39点

競馬ブログ・ランキング

   
Jan 3, 2016

中山・京都金杯 展望

タグ: ,

【 中山金杯 】

過去10年のラップ傾向はほぼスローバランス。
2秒以上もけっこう多いので、前半はスロー想定で良さそうです。
ただ、仕掛けどころは読みにくく、L5最速のロンスパからL2最速まで。
ポイントは近年はどんどん遅仕掛け傾向にシフトしているところでしょう。
これは有馬記念と似ているイメージで、そこそこロンスパながらも、直線入口で最速を計測するという、二段階加速の想定がベストかなと思っています。

このレースは上位人気に消耗戦タイプがずらっと揃っているので、穴を狙うとすれば、直線入口でのギアチェンジを狙っていくのがおもしろいかもしれませんね。
枠とポジショニング、ロンスパからのもう一段加速、リアファルやキタサンブラックのイメージでいく予定です。

まぁそれでも人気のフルーキーは出遅れさえしなければ安定しそうかなと思っています。
ミルコは早めに動いてくれますしね。
フルーキーは距離延長でどんどん良さが出てきていますし、二千は良いイメージです。

 

【 京都金杯 】

去年2秒のスローペースになっていますが、普段は平均前後のレース。
ただ今年もスローになりそうな構成ではありますね。
スローベースで想定したいと思います。

仕掛けは基本的にはL2最速でもL3もなかなか速いイメージ。
つまり、下り坂でコーナーから早仕掛けになってきますので、ここで内を周れる馬を狙っていくのがセオリーですかね。
前目の内から持続できる馬を狙いたいと思います。

トーセンスターダムが1番人気になりそうで、これが1番人気なら穴から入りたくなりますが…

とりあえず枠が重要な要素になってきそうです。

エイシンブルズアイが内枠を引ければ狙ってみようかな。
距離不安で人気落ちならおもしろいですね。
千二でもスロー専なので、京都マイルでスロー、内枠と揃えば怖さはあります。

競馬ブログ・ランキング

   
Dec 29, 2015

有馬記念 回顧

タグ: ,

7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.8 – 12.6 – 12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.5 – 11.3 – 12.2 = 62.4-58.9

早々にどスローになりました。
なかなかおもしろいのは、どスローのまま淡々と刻んでいるところで、こういうところは典さんのトリックプレーだなぁという感じがしますね。
予想通りの二段階加速ですし、今回はラブリーデイの前で決まるという展望も良かったんですが、リアファルの故障とゴールドアクターのポジションが誤算でした。

 

1着ゴールドアクター
押してハナを取ってから逃げ馬2頭をやり過ごしてポジションを取るというスーパーファインプレイ。
まずポジションはラブリーデイの後ろだろうと、わたしは吉田隼人君をなめていましたね。
まいりました。
ゴールドはゴールドでもゴールドアクターのフレーズは罠だと思ったのになぁ。

 

2着サウンズオブアース
この子はリアファルの下げにちょっと影響を受けちゃったところはありますね。
あそこで少し下げざるをえなかったので。
ちょっと持ってない。
まだ2勝馬、逆にすごい。

 

3着キタサンブラック
マリアライトがちょっと余計な相手だったなぁという感じ。
対ゴールドシップだけならもうちょっと待ちたかったんですが、早めに行くしかなかったですね。
やっぱり持続は少し甘いんですよね。
この子が3着粘れたので、やっぱりリアファルは見たかったな…

 

ゴールドアクターがラブリーデイのスペースを潰したことで、一気に内がしんどいレースになりましたね。
吉田隼人君すばらしいです。
個人的には馬券が外れて、本命リアファルも故障と、ちょっとモヤモヤする年末になりました。

 

16着◎リアファル(3番人気)
12着○ラストインパクト(9番人気)
2着▲サウンズオブアース(5番人気)
3着△キタサンブラック(4番人気)

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Dec 27, 2015

有馬記念 予想 ◎リアファル

タグ: ,

まず馬場ですが、明確とは言えませんが、けっこう軽めの印象です。
騎手の意識とはややギャップがある馬場の可能性がありますね。

展開予想通り、スローからのロンスパ。
ただし直線入り口でもう一段階加速するラップを想定します。

 

◎リアファル
○ラストインパクト
▲サウンズオブアース
△キタサンブラック

 

本命はリアファル
マレーシアC、神戸新聞杯、菊花賞とかなりのレベルのパフォーマンスを見せていると思います。
特に神戸新聞杯。
13.0 – 13.1 – 12.7 – 12.4 – 12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.7という加速ラップ。
4角から加速してラスト1までほぼ落とさない持続は脅威的です。

さらに菊花賞。
13.7 – 11.8 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 12.2 – 11.6、中緩みからのロンスパ。
このラップを最後まで落とさなかったということです。
ラスト2で詰まってブレーキを踏まされたのがきつすぎましたが、ラスト1ではまだ盛り返しているところからも、持続力は3歳トップと判断しても良いんじゃないでしょうか。

特に今年の有馬の想定は、この菊花賞が生きる形と判断しました。
有馬でよく見られる、直線入り口でのもう一段階加速、これが菊花賞で出来ていますから。
ゴールドシップのマクりに対応する、もしくは封殺する3角からのペース引き上げも大丈夫。
超ロンスパ合戦はリアファルが制す。

 

対抗ラストインパクト
まず前走はムーアのファインプレイで嵌っているように見えますが、本来この子はああいうラスト2トップスピードで勝負する馬ではないということです。
つまり前走2着はベストなラップで得た結果ではありません。
本当に嵌ってくるのは有馬の可能性が高いです。
前走よりトップスピードが問われる展開にはなりにくいですし、ロンスパになればラブリーデイより適性が高いのは確かです。
問題はやはり菱田君ということになります。
がんばって欲しいです。

 

単穴サウンズオブアース
この子はとりあえず東京向きではありませんので、仕掛けが下り坂の中山替わりは良いですね。
加えて中山のミルコは本当に上手いと思います。
ただ持続はそこまで期待できませんので、一瞬の脚を生かすために内を突きたいところです。
早仕掛けでしょうから、前が動いたタイミングで一気に内のスペースに突っ込んで欲しいと思います。
そして二段階加速地点の直線入り口、最内をギアチェンジで抜けてくるというイメージで。

 

連下キタサンブラック
リアファルを評価していますので、こちらも押さえてはおきたいです。
バクシンオーと言っても、完全にステイヤーの競馬をしています。
リアファルほどという感じではないですが、菊花賞は一応ロンスパを刻んで、そこから一気に抜け出しています。
菊花賞判断でリアファルには持続で劣るように思えますし、ラスト1はこちらの方が甘いので、連下とします。

 

4頭、馬連BOX

馬連 通常 03 - 09 1,000円
馬連 通常 03 - 12 1,200円
馬連 通常 09 - 11 1,300円
馬連 通常 03 - 11 800円
馬連 通常 09 - 12 3,100円
馬連 通常 11 - 12 2,600円

合計10,000円

   
Dec 25, 2015

有馬記念 展望

タグ: ,

さて、ウォーミングアップがてら、初投稿として有馬記念の展望です。
基本的にわたしの記事は長文になっちゃいます。
展開を説明するのでどうしてもね。

 

まずこのレースのポイントは、ゴールドシップとキタサンブラックが握っていると思います。

個人的には2頭とも良い枠を引いたかなと感じています。
まぁゴールドシップに関しては出遅れるんでどこでも良いんですが、もし五分に出た場合も、すぐにマクり態勢に入れる外がベストです。
キタサンブラックの方は並びが良くて、隣のリアファルと固まったことで、内の全馬が、おそらくこの2頭が行き切るのを待ってくれます。
騎手の特徴的にはキタサンブラックがハナ、リアファルが番手の可能性がありそうです。

ラブリーデイが絶好枠のように見えますが、ここは川田君がけっこう出して行く意識がないと割と危険で、逃げ2頭の切り込みによって、意識次第ではかなりポジションを落としてしまうように思います。
ワンアンドオンリー、アドマイヤデウス、ラストインパクトも内に切り込んできますしね。
この3頭の中で、ラブリーデイの前にどの馬が入るかもポイントでしょう。
一見ラブリーデイ直後は最高のポジションに見えますが、今年はその前が良いんじゃないかなと思いますね。

 

さて、ポイントの2頭です。

典さんはゴールドシップにマクり切らせないラップを意識してくると思いますので、向こう正面でペースを上げて来ます。
向こう正面で前が先に動くとなかなかマクるのは難しくなってきます。
後押しする想定として、典さんはテン乗りですし菊花賞を見て、キタサンブラックはロンスパでやれている、と勘違いしている可能性があります。
積極的にくるんじゃないかと。
これに呼応してリアファルも3角から速いラップを刻んでいく。
リアファルのほうはトップスピード持続が武器なので、これは理想の展開になってきます。

この展開に持ち込めば、ゴールドシップはマクり切れず、ラブリーデイも早めに行くしかなくなり、JCのように甘くなります。
そもそも今回、ゴールドシップの牝馬版とも言えるショウナンパンドラ回避により、後方の馬はますますゴールドシップの動きに合わせてきます。
後方から消耗戦でゴールドシップ以上となるとおそらくいません。
アルバートはまだそこは底を見せていませんので可能性はありますが。

 

ここで怖いのが、ラブリーデイの前に入っていた場合のワンアンドオンリー、アドマイヤデウス、ラストインパクトです。
この3頭はマクりきっかけの早仕掛けで嵌ってくるタイプです。
いかに前半のポジションをうまく運ぶか、積極的にいけるかが問われそうです。
騎手の特徴を考えると浜中君が一番怖いですが、個人的にワンアンドオンリーがまだ入ってこれるかはギリギリだと見ています。
アドマイヤデウスは動かない岩田君ですし、ラストインパクトは馬自身の適性は向くのでやはり菱田君にかかっています。
この3頭も乗り方次第というところ。

 

後はマクり無視で内ラチぴったり中団を回しているであろうヒットザターゲット。
なんかここまでが出来すぎてて、逆に罠っぽい感じはしますが…
勝負になる条件が揃ったのは間違いないです。
土曜を見て、高速寄りの馬場になっていればさらに警戒でしょう。

 

現時点では、ゴールドシップはJCと似たような感じの中途半端なマクり。
まぁJCは本気でマクろうとしてませんが、今回は本気のマクりを阻止されるようなラップ構築。
ラスト5ハロンからの持続、ただ近年の傾向から直線入り口でもう一度加速する流れを想定。

 

これをベースに土曜の馬場を見て、もう一度練り直します。
去年は一気に高速化してきた感じがありましたからね。
ただ、ゴールドシップが1角~2角で動くと、すべてをぶち壊せる可能性はあります。
さすがに可能性としては低いと考えていますが。

   
1 110 111 112 113 114