toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Jan 30, 2016

大雨の橿原神宮

タグ:

橿原神宮01

本日はお休みということで…

大雨でしたが、奈良県の橿原神宮へ行ってまいりました。

うーん、ほとんど人はいませんでしたね…

まぁ、平日でこの雨じゃね。

わたしもなんで行ったのかよくわからないし。笑

 

橿原神宮02

境内の馬場状態、間違いなく不良です。

もうこの発想が悲しくもあります。

 

そしておみくじ。

やっちゃいました。人生初!

橿原神宮おみくじ

どーん…

ほんとに入ってるんですね…「凶」って。

でも意外にそんな悪いことは書いてなかったりします。

むしろ末吉とかより振り切ってて良いでしょ!

 

帰りに橿原神宮の近くにあったイタリアンへ。

なんかけっこう有名っぽくて、平日でも駐車場が満車でした。

予約席もチラホラ。

ピッツェリア ラッソ

おいしい!

ひさしぶりにゆっくりできて大満足でした。

ピッツェリア ラッソ

 

ちゃんと競馬以外のこともやってるんだよっと。笑

   
Jan 28, 2016

根岸S・シルクロードS 展開予想

タグ: ,

【 根岸S 】

消耗戦になりやすいレースですね。
昨年は裏をかいてトップスピード戦に張って失敗しました。
重馬場で高速かなと思い、スローバランスに賭けてみたんですけどね。

 
昨年の武蔵野Sのラップは特殊ですが、今回非常に参考になります。
12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.5 = 46.1-48.6
という前半は芝並みのハイペース戦で、そこからほぼ緩まず、直線もう一段階加速。
このレースはとにかくタガノトネールつよっ!と思ったのは間違いないです。
ちなみにしっかりタガノトネールに本命を打ってましたよ。
先週に続いて、適性が合いそうな馬に田辺君が乗っているというのは心強いかぎり。

 
1番人気モーニンはスタートが悪くて、二の脚でポジションを取るタイプです。
ここがタガノトネールとの大きな差。
モーニンが使える脚は一瞬で、やはり勝つためにはタガノトネールと同じ位置にいないといけないのですが、重賞レベルの最序盤追走になると、なかなか二の脚で良い位置まで取り切れない印象です。(武蔵野Sから)

しかも今回初めてのダートスタート。
逆にこれが芝スタートよりも嵌ってくるようなことがないと、なかなか頭まではどうなのかなと思っています。

ちょっとややこしいのは、モーニンはここを勝たないとフェブラリーSに出れないですが、タガノトネールは完全に叩きで大丈夫という点です。

大穴党の思考でいくと、さて両方消してやろうかな、となってしまうのですが。笑
アンズチャンはアンズチャンで揃いすぎてて罠っぽいですし…
さてどう買おうかな。
頭は荒れてもおかしくない印象。

 
 
【 シルクロードS 】

京都千二は上り坂もあって意外とテンが遅く、コーナー坂から速いラップを刻む持続勝負になりやすいコースです。
ギアチェンジはあまり問われないので、トップスピード持続を狙っていくのがセオリーでしょう。

どのレースもそうですが、特に嵌ったもん勝ちの印象が強いレースですね。
京都千二は展開ひとつでジャイアントキリングが大いにありえます。(というか枠?今週コース変わり)
ちなみに昨年はワキノブレイブに本命打ってます。笑

 
ビッグアーサーは千二に戻して、さらにミルコという鉄板モードに入れてきました。
でもわたしはそこが気に入らない。笑

重箱の隅をつつきますが、まずはやはりスタート。
だいぶミルコも印象薄れてきてますがスタート下手×スタート下手の組み合わせ。
意外にこの馬で最序盤はミスってないのが康太君なので、こういうとこ裏目があるんじゃないのと。

次にスローより流れたほうが良いという点。
まぁ仕掛けは坂からの持続ですしミルコも得意なパターンではありますが…
京都千二はスプリント戦の中でもスローになりやすいので。

 
ローレルベローチェはスロータイプ。
ネロ、アクティブミノルは平均タイプ。
まぁこのあたりは枠を見て想定していくしかないですが、対ビッグアーサーだけ見れば前は落としたいところではあります。

 
逆にサトノルパンはスローでないとビッグアーサーには勝てないかもという印象。
サトノルパンはトップスピード型なので、明確にスローになった京阪杯や道頓堀Sでは高いパフォーマンスを出してきています。

 
流れればビッグアーサー、スローならサトノルパン、総合力高く安定のネロ。

枠とペースが全てを握る…

あ、わたしはアースソニックで。笑

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Jan 28, 2016

川崎記念 回顧 ホッコータルマエ、2秒以上のギアチェンジ戦を制し3連覇!

タグ:

7.1- 11.2- 12.1- 12.6- 12.5- 13.7- 14.0- 11.9- 13.0- 14.0- 12.0 = 2:14.1

かなりのハイペースになりましたが、各コーナーで一気に緩みますのでそれほどでもないでしょうか。
思ったよりは流れましたが、想定通りのL4で最速11.9を計測しました。
そこからまたコーナーで緩んでのギアチェンジ戦。
まぁラップは読み通りでしたが…読み違えたのはマイネルバイカの実力とペースバランスでしょうか…
パッションダンスが早めにつっかけてきたのも誤算でした。

 
1着ホッコータルマエ
勝つには勝ったけど…という感じですね。
完全にコース適性で勝っただけ…という印象になりました。
このラップだと余裕かなって感じでしたが、どれだけギアチェンジで置き去りにしても、力で追いすがって来るサウンドトゥルー。怖い!!笑

ただこれ冷静に見ると、幸君はかなりうまいコース取りをしているんですよね。
サウンドトゥルーが外から来ないように3角から外に張っていって、急コーナーの内へと相手を誘導しています。
普通に考えると最内のサウンドトゥルーがコーナー抜けたとき前にいそうなもんですが、川崎ではそうはなりません。
しかもギアチェンジのないサウンドトゥルーですから。
それでもこの差。
これはもうホッコータルマエ、今後はサウンドトゥルーに勝てないんじゃ…

 
2着サウンドトゥルー
どうでもいいけどサウンドトゥルーって打ちにくい。笑
3角突入前に大外にでもふっていれば、この勝負こっちが勝っていてもおかしくなかったですね。
昨年のカゼノコはそんな感じでしたし。
ここは騎手の川崎経験の差が出ちゃったような気がします。

 
3着アムールブリエ
まぁ分析通り、完全に適性外で置かれまくりでしたが、ラストは強襲。(あくまで3着馬に強襲。笑)
馬券的にはやめて~って感じでした…
ポイントのラップは想定通りでも、全体のペース読みが真逆になってしまいました。
もうちょっとスローだったらなぁ…

 
外れましたがかなり見ごたえありました。
サウンドトゥルーがすごいね~

 
1着◎ホッコータルマエ(1番人気)
4着○マイネルバイカ(5番人気)
5着△カゼノコ(4番人気)
2着△サウンドトゥルー(1番人気)

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Jan 27, 2016

川崎記念 予想 ◎ホッコータルマエ

タグ:

川崎記念のポイントはなんといっても川崎であるというところ。

10年分のラップを並べて、いつも通りに最速地点を探っていきますと、ほとんどの年でL4最速になっているところに気がつきます。
ん?川崎のL4って向こう正面ですよね?

なぜこんなことが起こるのかというと、川崎のコーナーがきつすぎるんですね。
なので向こう正面で最速、3~4角は緩み、直線入り口でのギアチェンジ勝負になりやすいコースです。

なので後ろからバテ差しを狙ってくる馬は基本的には相性が悪いです。
脚を出し切る箇所がないんです。

 
◎ホッコータルマエ
○マイネルバイカ
△カゼノコ
△サウンドトゥルー

 
この4頭勝負だと思うんですよね。

本命ホッコータルマエ
とにかくスローからの究極のギアチェンジを持つホッコータルマエ。
川崎との相性は抜群で、ホッコータルマエのためのコースのよう。
天敵コパノリッキーを早めに捕まえに行って甘くなる心配も今回はありません。
むしろ後ろを警戒して仕掛けは遅らせてくるはず。
不安はきっちり勝ち切れるかどうかというレベルです。
対抗に落とそうかとも思いましたが、ほとんど1番人気が買っているレースでもありますので素直にいきました。

 
対抗マイネルバイカ
ステイヤーの素質を開花させてきた感のあるマイネルバイカ。
この子に関しては距離を延長してギアチェンジの良さを見せてきました。
ただホッコータルマエには少し劣るかな…
その分、持続は上だと思っていますので、ホッコータルマエより前にいることが最低条件ではありますが、少し早めに仕掛けていければ。
期待大です。

 
連下カゼノコ
向いてないと書きました追い込み馬です。
しかもスタートは悲惨なレベル。
ただこの子は昨年の川崎記念で好走してみせました。
というのもコーナーで加速ができるタイプです。
問題は去年は8枠と絶好でしたが、今年は内枠。
あとタフな馬場が基本的にどうなのかというところです。
たぶん去年よりは条件悪いかなと。

 
連下サウンドトゥルー
想定ラップではかなり危険な馬だとは思っていますが、まぁ一応押さえ。
能力警戒と、意外と中盤から前付け早仕掛けしてくる可能性も考慮。

 
難しいですがアムールブリエを消し。
この子は消耗戦タイプなので、川崎で消すならこれになっちゃいますかね。
浜中君がハナを取ってハイペースに持ち込めばワンチャンですし、それやられたらちょっとすごいなと思いますが…
まぁ人気ですし、緩いコーナーのコースで狙いたい馬。

 
馬連 通常 07 - 12 20点
単勝 通常 07 5点
3連単 フォーメーション 07, 12 → 07, 12 → 01, 04 各1点
3連単 通常 12 → 01 → 04 3点
3連単 通常 12 → 01 → 07 3点

合計35点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Jan 26, 2016

AJCC 回顧 武豊ディサイファ、役者が違った

タグ:

160124_02

12.3 – 11.2 – 12.8 – 12.2 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.8 – 12.0 = 60.8-59.2

トータルバランスはスローですが、グダグダのラップとは違い後半はかなりタフ。
スローロンスパ、消耗戦っぽいレースになりました。
もう少しトップスピードが問われるようなラップになるかなと思っていたんですけどね。

 
1着ディサイファ
まぁスーパームーンあたりに本命打って狙えるようなレースレベルなら、ディサイファは抜けてるよってことですね…
1ハロン不安で豊さんなら下げて狙ってくるかなぁと想定したのが失敗でした。
日曜の豊さん、全体的にキレてた感じしましたしねぇ。
コーナーでヤマニンボワラクテの進路の甘いところをズバっともぎ取ってきたところなんか、あ~役者が違うなと思っちゃいましたね。
藤懸君は一瞬置かれてしまいました。

 
2着スーパームーン
思ったより強い競馬をしたような気がしますね。
かなり完璧な進路のディサイファを、L3の4角最速計測してる中、外々回しで詰め寄れました。
やっぱりディサイファが、ヤマニンボワラクテの外に一瞬でズバっと出したところが、スーパームーンにとっても勝負ありって感じですね。
あそこで藤懸君とルメールで内に閉じ込めたかったかな。

 
3着ショウナンバッハ
うん、ライズトゥフェイムは罠っぽかったんだよ。笑
まぁ、冗談は置いといて、マイネルフロストが外に出した瞬間に内に突っ込んでますね。
ナイスチョイスでした。
正直、トップスピードが問われたほうが良い馬だと思いますので、さらに状態上げてくれば期待できると思います。

 
ヤマニンボワラクテはスタートで終わったかな…と一瞬思ったんですが、そこから積極的にリカバーしたところはすごく良かったと思います。
藤懸君的には偶然だとは思いますが、最序盤はラップも緩くて、あそこしかレースに戻れるポイントはなかったです。

馬はやっぱりけっこう強いと感じましたので、このコンビで成長していって欲しいなぁと思いました。
なんかこういうの最近見れなくなったじゃないですか~
トップロードと渡辺君みたいなの。
楽しみです。

 
2着◎スーパームーン(3番人気)
5着○ヤマニンボワラクテ(6番人気)
6着▲スズカデヴィアス(8番人気)
3着△ショウナンバッハ(7番人気)
10着△サトノラーゼン(1番人気)
9着△ステラウインド(9番人気)
1着△ディサイファ(2番人気)

 
1月プラスは持ち越し。
今週も展開で能力をひっくり返せるコースではあるので、良い予想ができればと思います。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Jan 25, 2016

東海S 回顧 アスカノロマン鮮やかなL2上り坂加速

タグ:

160124_01

馬券はガミですが、まぁ一応。笑

12.9 – 11.7 – 13.2 – 12.8 – 12.3 – 12.2 – 12.6 – 11.7 – 12.5 = 50.6-49.0

モンドクラッセ田辺君のほぼ完璧な刻み方。
どスローですが向こう正面ではマクられない程度には上げてますしね。
しかしまぁ遅いなぁ…
想定通りのL2ギアチェンジ戦。
ほんと誰も突つかないですよね。
モンドクラッセの楽逃げになるなんて、だいたい読めそうなのに。

 
1着アスカノロマン
やっぱりモンドクラッセの番手が勝つ展開になりました。
そしてストロングサウザーにこの位置を期待しましたが全然ダメでした。

アスカノロマンはモンドクラッセの完全勝ちパターンを鮮やかに粉砕。
3~4角でも誰もつっかけてこないので、もうこれはモンドクラッセ勝った…と思いましたが、ここまでギアチェンジで圧倒してくるっていうのはちょっと衝撃を受けました。
上り坂加速がかなり得意なのかもしれません。
追い切りもかなり良かったですし。

このレースぶりだと東京マイルもハマってくるような気がしますねぇ。

 
2着モンドクラッセ
ちょっと上り坂スタートが未知数でしたがなんなくクリア。
まずこれを確認できたのが良かったです。

あとはスローにコントロール。
向こう正面で少し引き上げ、コーナー減速で凝縮させて、坂で一気に出し抜き。
うん、完璧です。
とりあえず田辺君に完全に乗り替わりたいところですね。
でもこれで負けたっていうのはちょっと痛いかも。

 
3着ロワジャルダン
思ったよりポジションは取っていましたので、3角の仕掛け次第ではもっといい勝負に持っていけたかもしれません。
コーナーで待っていてはどうしたってキレ負けしますね。
まぁ乗り替わりでとりあえず3着に持ってきたっていうのは良かったほうかもしれませんけど。

 
インカンテーションはやっぱり上り坂スタートは出ませんね。
どスローも完全に適性外ですし、まだちょっと判断が難しいです。

ローマンレジェンドはけっこう落ちてる印象。
岩田君のスランプもなかなかすごいですね。

 
8着◎ストロングサウザー(7番人気)
2着○モンドクラッセ(2番人気)
1着▲アスカノロマン(4番人気)
11着△インカンテーション(3番人気)
6着△ローマンレジェンド(5番人気)
10着△スターバリオン(9番人気)
3着×ロワジャルダン(1番人気)