toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Feb 10, 2016

たぬきの里 信楽へ

タグ:

先週は滋賀県の信楽に行ってきました。

京都から名神、新名神でだいたい1時間弱。

信楽といえばたぬきです。

信楽駅のたぬき

信楽駅には有名らしい巨大なたぬきがおりました。
このたぬき、季節に合わせて着替えるみたいです。
欠点はまったくかわいくないこと。
下の子が泣き叫んだわい…

 

そしていたるところにいるたぬきの群れ。

たぬきの群れ1

たぬきの群れ2

 

かえるもいた…

かえる

 

トトロもいた…

信楽焼のトトロ

このトトロはいい値段してました。
ちょっと欲しかったです。
1週間馬券買わなかったらそのまま買えますが…

 

代わりに信楽駅の売店でカップを買いました。
悩んでたらおばちゃんまけてくれた。笑

信楽焼のカップ

次は信楽焼を自分で作りたいと思いました。

   
Feb 9, 2016

東京新聞杯 回顧 吉田隼人騎手の馬場を読んだ積極策!スマートレイアー逃げ切り勝ち

タグ:

12.7 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 12.2 – 11.2 – 11.0 – 11.3 = 48.4-45.7

予想はかすりもしませんでしたが、ラップタイムは当たり…
じゃあなんでかすりもしてないんだ…
まぁ前日予想ゆえ、当日の馬場見てこれはたぶん外したなぁとは思いましたが…

 
直線は浜中君のほうが気になって最初何がどうなったか全然わからず。
落馬というつらい結果になってしまいました。
勝つには内通すしかないっていうのが頭にあったんでしょう。
1番人気に乗っていたこともあって突っ込むしかなかったですかね…引いたら勝負には加われませんし、難しいところです。

ちなみに見た感じ、岩田君は絡んでないですね。
一瞬またか!と反射的に思っちゃいまして申し訳ないです。
それでもすぐ近くで落ちてますからね。
今週はけっこう気合の入った騎乗が見れたような気がしたので、そろそろ復調かなと思わされただけに、またメンタルに影響が出なければいいですが…

 
1着スマートレイアー
この子が余裕でハナをきれるラップってどうなのってことですよね。
まぁでもさすがグランプリジョッキーと言いたいです。
こういうことできる騎手は好きですし、競馬界にとって貴重。
馬の適性としても前半無理せず、早仕掛けで脚を出し切るというのが好走パターンですし、それを今回は一番先頭でやってやったというイメージです。

 
2着エキストラエンド
条件はいいなぁと思ってましたが、岩田君で消しちゃいました。
あそこまでポジションしっかり取ってくるとは思いませんでした。
前に行かなきゃ勝てない!という意識が、共通認識としてかなり強烈な一日だったということですね。
土曜はここまで露骨じゃなかったので、わたしとしては油断してました。

 
3着マイネルアウラート
この子は完全に能力が足りないという判断でしたね。
ラストはかなり甘い馬なので。
まぁ昨日はあんまりそういうの関係なかったです。

 
ダノンプラチナは実にスムーズなさばきで、完璧に乗れてると思います。
馬の方はさすがにもうちょっとまともな状態で出してよって感じですけどね…
サトノギャラントも同じく。
こんなに恵まれたラップはもうやってこないかもしれません。
もったいない上がり最速。まぁ調教がわりなんでしょうけど、もう少し騎手にアイデアがあればそこそこ来てたかもしれませんねぇ。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Feb 8, 2016

きさらぎ賞 回顧 怪物!サトノダイヤモンド

タグ:

160207

12.9 – 10.8 – 11.8 – 12.0 – 12.3 – 12.2 – 11.7 – 11.9 – 11.3 = 47.5-47.1

もっとラップはぐだぐだになると思っていましたが締まりました。
中緩みもそこまでひどくありません。
ラスト11.3ですかぁ…これで脚出し切ってないし、まったく底も見せてないんですよね…
終わってみれば1倍台にふさわしい内容でした。

 
1着サトノダイヤモンド
ロイカバードと値段は同じでも実力は次元が違いますね…
このペースを押し上げて、馬なりで出し抜いて加速ラップで終わるってとんでもないなぁ…
今年のクラシックはすごいレベルですね。
もうつけいる隙が「サトノ」ぐらいしかない。笑

 
2着レプランシュ
本命。笑
まぁでも馬券的には正解で良かったですよ。
もうちょっとポジション取るイメージでいましたが、スロー想定でしたので。
追走がけっこうしんどかったですかね。
ちょっとサトノダイヤモンドを目の当たりにしてるんで、すごくしょぼく見えちゃいますが、普通の次元では十分やれてると思います。

 
3着ロイカバード
なかなか難しい馬ですねぇ~
後半持続タイプだと思いますが、ペースが上がるとあまり良くないかも。
でもサトノダイヤモンドの外から早めに仕掛けていくという、やりたいことはできたと思います。

 

今週はどっちも外しそうだなぁと思っていましたが、なんとかきさらぎ賞でプラス回収になりました。
2月はなんとか粘りたいです。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Feb 7, 2016

東京新聞杯 予想 ◎サトノギャラント

タグ:

うーん、なにがハナでしょう…
こっちも素直にスロー想定になっちゃいますね。
土曜は意外と時計も速かったですしね。
ルルーシュは引っ張りたいかもしれませんが、マイルのスピードはさすがに。
テイエムタイホーですかね。

 
◎サトノギャラント
○ダノンプラチナ

▲グランシルク
△ダイワリベラル

 
本命サトノギャラント
まぁすんなりというか、決めていました。
おそろしく好走レンジが狭い馬で、どスローじゃないとまず追走できません。
それでも揃ったときの破壊力は強烈。
今回はどスロー団子状態が揃う可能性がありそうなメンバーなので一発狙ってみようかなと。
展望でも書きましたが、3秒ぐらいのスロー(48-45ぐらい)を希望です。笑
無理かなぁ~
早仕掛けでも前半さえスローなら突っ込めると思いますけどね。

 
対抗ダノンプラチナ
まぁ、全然仕上げてないですし、体重もかなり重そう。
斤量も57キロ、海外遠征明け…
かなりのネガキャン状態です。
そういう不安だらけのときってけっこう来るんですよね。
まぁトップスピードのレベルは抜けていますから、能力でどこまでって感じです。

 
単穴グランシルク
想定の48-45だとたぶんキレ負けしますね。
なので想定よりは少し流したいです。
このレースは早仕掛けになりやすい傾向はありますし押さえます。

 
ダッシングブレイズは前走かなりのパフォーマンスで強いんですが、今回のラップ想定だとちょっと下げようかなぁという感じです。
この子も流れれば、という感じで内枠のグランシルクのチョイスになりました。

 
ワイド ながし 13 - 01, 02, 04 各5点
馬連 ながし 02 - 01, 04, 13 各5点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Feb 6, 2016

きさらぎ賞 予想 ◎レプランシュ

タグ:

飛ばしていく逃げ馬もいませんし、ここは素直にスロー想定です。
どスローも視野に入れて、究極の瞬発力勝負。

というのもロイカバードの枠ですよね。
この子が外枠でも取っていれば、新馬戦とは逆にサトノダイヤモンドの外から蓋をしていくようなレースも想像できましたが…
やはり内枠からサトノダイヤモンドを意識していくとなるとポジションは捨てないといけません。
前々で行ってもやっぱり3角手前は大きく緩みますからねぇ。
さらにギアチェンジタイプでもありません。

 
◎レプランシュ
○サトノダイヤモンド
▲ロワアブソリュー

 
本命レプランシュ
究極の瞬発力勝負となればレプランシュ、ロワアブソリューはひけをとらないと思っています。
ハロンラップで10秒台に対応してきているのはこの2頭だけですから。
最内ピッタリ、ロワアブソリューの少し後ろあたりで一発狙って欲しいですね。

 
対抗サトノダイヤモンド
取りこぼしに期待するしかないオッズかなと。
良馬場の瞬発力勝負ならまだ未知数。

 
単穴ロワアブソリュー
サトノダイヤモンドがやられるならミルコのこれでしょう、という買い目の人はかなり多いような気がします。
前に行く馬ですし。
なので捻ってレプランシュにしました。
1勝馬軽視の歴史もあって。

 
単勝 通常 02 10点
馬単 通常 02 → 09 10点
馬連 通常 02 - 09 10点
馬単 通常 02 → 04 3点
3連単 1着ながし 02 → 04, 09 各1点

合計35点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
Feb 4, 2016

きさらぎ賞・東京新聞杯 展開予想

タグ: ,

【 きさらぎ賞 】

きさらぎ賞は割とラップの型が決まっているレースです。

ペースはどスローか平均。
これは逃げ馬の状況によって変わります。

仕掛けはL2最速が一番多いです。
京都なので坂からの早仕掛けかと思いきや、きさらぎ賞はトップスピードをある程度要求されます。
もちろん3角から加速ラップは刻みますので、トップスピードのバランス(レベル・持続)が必要です。

3角手前で大きく緩むのが特徴で、これはもうほぼ毎年そう。
なのでスタートや追走が致命的な馬でも後半特化だけで勝負になるレースです。

矛盾しますが逃げ馬の連対率が高いというのはあります。
きさらぎ賞の穴は逃げ馬っていうのはけっこう有名だと思いますので、もうそんなに易々とは嵌らないかもしれませんが…
少頭数とスローが確定的なので、ポジションを取って出し抜きが狙える実力馬にはやはり有利です。

 
今年は5億円対決で盛り上がってますね~
馬券的には全然盛り上がりません。笑
まぁ見がベストチョイスなような気はします。

サトノダイヤモンドはここまで良馬場の高速経験がありませんので、重箱の隅を突くとすればそこですが…
ただ出走馬で、他にキレ者がいませんから意味なさそうですね。
負けるとすれば、ロイカバードの超早仕掛け、もしくはロワアブソリューのスロー出し抜き逃げ、ですかね。

穴目ついても2、3番人気っていう。

 

 

【 東京新聞杯 】

きさらぎ賞と違ってラップが読みにくい東京新聞杯。
メンバーを見て想定していくしかありませんね。
まぁ一見スローになりそうな感じですが…そう思ってるときほど真逆に振れたりしますからねぇ…

仕掛けは早仕掛けが多いですね。
これはDコース使用が影響しているように思います。
Dコースは内ラチから9メートル外に仮柵がありますので、コーナーがゆるやかになります。
実際ラップを並べてみても、L2最速はあまりありません。
東京マイルと言えども、かなり持続力を問われるレースでしょう。

ダノンプラチナは東京マイル3戦3勝とはいえ、前半も流れてくるとあまり楽ではなさそうですね。
仕上げもかなり緩いでしょうし、遠征帰りで不安は多いです。

ただ能力だけ見れば、このメンバーだと抜けてるかなぁとは思っちゃいますね。
サトノアラジンを差し切ったパフォーマンスは忘れませんし、ラップも優秀。
モーリスにケンカ売ろうっていうなら6分、7分でもこのぐらいは蹴散らして欲しいもんですけどね。

ダッシングブレイズはポジション差をつけて勝負したいですね。
トップスピードのレベルでは敵いませんので。
前々の早仕掛けならDコースも味方して良い勝負に持っていけるかもしれません。

 
穴目は、
どスロー団子状態という条件が揃えばサトノギャラント。
内枠取ってスロー出し抜きならダイワリベラル。(頭はなしっぽい)
って感じですかね。

サトノギャラントは好走条件がめっちゃくちゃに狭い馬ですが、頭取れる武器は持っている馬です。
とにかく超スローじゃないとついていくだけで終了ですが。笑
長距離使えば一気に化ける可能性あるのになぁといつも思っています。
マイルだと自身は3秒前後のスロー、一瞬の脚で突き抜けれる団子状態が必須。

今回は無きにしもあらずな気はしますが…

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

   
1 108 109 110 111 112 113 114 115 116 118