toggle
Feb 2, 2016

根岸S 回顧 モーニン、追走と後半の良さを見せて快勝

12.4 – 10.9 – 11.3 – 11.8 – 11.9 – 11.5 – 12.2 = 34.6-35.6

うーん、もっとタフな馬場かなぁと思っていましたが、意外に軽かったですね。
まぁ一応表記は稍重でしたもんね。
昨年高速想定してたらタフ、今年タフ想定で高速、噛み合わんなぁ…

 
10番人気の本命グレープブランデーが馬券圏内に頑張ってくれたのに、タールタン抜けで逃すという痛恨のミスです。
タールタンは高速馬場適性が高いので消してしまいました。
馬場読みをミスると致命傷になります。

 
1着モーニン
あの追い切りで、体重大幅プラスの表示を見たとき、もしかしたら圧勝あるかもなぁ~と思ったのは確かです。
ダートスタート全然大丈夫でしたね。
リカバーでもまったく消耗しませんでしたし、やはりスピードは高い。

モーニンは前半タイプだという認識でしたが、ペースが上がり切らない中で後半トップスピードで良さを見せてきました。
なかなか評価が難しいレースになったなぁという感じなんですが、追走とペースと馬場のバランスによるところがあるかなと思います。

 
2着タールタン
うーん、やっぱりこの子は高速馬場、22秒決着なら出番ですかね。
あと後半が最悪1秒は遅いぐらいの想定でしたから。
それでもモーニンをあそこまで詰めてるっていうところはひっかかるなぁ…
というのはモーニンの評価として、ですけどね。

アンズチャン、サクラエール消しでキョウエイアシュラ押さえるほど買い目に余裕はあったので、タールタン無理に消してしまったのは悪手でした。

 
3着グレープブランデー
やっぱりスタートはめっちゃ速いですね。
今年はしっかり落として好位。
ギアチェンジはあまりないので反応は悪かったですが、持続で…という感じ。
昔はハイペースのほうが良かったんですが、もしかしたら今はあまり上がらないほうが良いのかもしれません。
ゆるやかですが、衰えは感じますね。

 
タガノトネールはやはりもっとペースを上げて、後ろの追走をしんどくさせたいでしょう。
でも今回はそれができる馬場ではなかった…もし馬場が高速じゃなかった場合、あれ以上出すとオーバーペースです。
今回はキレ負け。
まぁテン乗りと康太君の逃げ具合の影響もあったかなと。
フェブラリーSは…工夫が必要でしょうね。

 
タールタン買っておけば1月プラスだったんですが、2016年はマイナススタートです。
2月は毎年ボロ負けする月なので、ちょっと緊張します。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 1, 2016

シルクロードS 回顧 ダンスディレクター得意の京都でイン突き抜ける

12.0 – 10.9 – 10.8 – 11.1 – 11.4 – 11.7 = 33.7-34.2

もうこのレースはほとんど寝ないで考えましたが、かすりもしません。笑
難しいわぁ…
それで結果は京都千二のオーソドックスなラップですし…

ローレルベローチェでこれなので離れた番手以下は完全にスロー。そこからロンスパ。
武豊はいったい何をしてるのか…
こうなるともう内を回ったもん勝ちですから。

 
1着ダンスディレクター
まぁ3角ぐらいでもう勝つなぁって感じでした。
セカンドテーブルも内をすんなり空けてくれて…
ほんと京都は合ってますねぇ。
やっぱり京都は道中ゆったり流れやすいのでそこが嵌ってる印象です。
まぁ高松宮記念はギアチェンジが重要なので、ちょっと今回よりは下げるしかないですけど…

 
2着ローレルベローチェ
うまく刻みましたねぇ。
もうこれを豊さんが突かない時点で残っちゃうなぁ…って感じでした。
うーん、こんな楽逃げを許すのは想定できません。
豊さんとしては、ハナに立っても中井君だし、ローレルベローチェにずっと絡まれるとでも思ったんでしょう。
終わってみればそういう心理もあるかもしれない…と思ってしまいます。
そこまでちゃんと考えたかったところです…

 
3着ワキノブレイブ
おい~…昨年本命のワキノブレイブ。笑
なんで来たのかは正直よくわかりません。
この子でこれならサトノルパンはもうちょっと来ても良かった。

 
あと、これは根岸もそうでしたが、馬場を読み違えてました。
思ってたよりだいぶ軽かったなぁと思います。

 
本命ネロはまず全然行き脚が鈍かったですねぇ…
あんなに押しまくって番手も取れず。
番手を取れないと雁行先行勢の外回しになるんですからそりゃきついですよ。

 
ビッグアーサーもあの馬場だと外枠は致命的。
ミルコだからどうとかいうレベルではなかったですね。

 
うーん、めっちゃ当てたかったですが、噛み合わず。深読みしすぎですかね。
あとは完全にミルコ恐怖症になりつつある…
去年はもっと思いっきり切り捨ててたのに。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Jan 31, 2016

根岸S 予想 ◎グレープブランデー

昨年と似て、重馬場でも時計はそんなに速くなかったです。
日曜は回復してまぁそこそこかかってくるでしょう。
やはり東京千四っぽいラップを想定するのが良いかな…

ひとつ気になるのはシゲルカガが逃げますので、康太君の超消極的逃げになる可能性があります。
田辺君がちゃんと番手で突いていかないと変なことになるかもしれません。
まぁそれでもこの馬場なら、ハイペースバランスとは思いますけど…

 
◎グレープブランデー
○プロトコル

▲タガノトネール
△マルカフリート
△キョウエイアシュラ
△モーニン
△レーザーバレット

 
本命グレープブランデー
悩みましたけど…ここは条件が良いですね。
ダートスタートが得意で、絶好枠からポケットを狙えそう。
流れるラップが向きますし、東京千四は適性だけ見ればかなりおもしろそうです。
昨年は逃げてしまい惨敗ですが、良い感じにそれも盲点になっているので。

 
対抗プロトコル
この子はギアチェンジがあまりないので、要所では置かれがち。
東京千四なら嵌りそうです。
マイルでモーニンには負けてますが、今回はこっちが逆転できる条件。
もう少し内枠が欲しかったですけど。

 
単穴タガノトネール
うーん、あまり仕上げてないですね。
能力でどこまで。
まぁ武蔵野S見てもそうとう強いとは思っています。
今回は怪しいですが、なんか正当にオッズついてるのはこの子ぐらい…?
まぁでも怪しい。今回は。

 
モーニンはやはり今回初のダートスタートが気になります。
今までは二の脚でリカバーしていましたが、それも芝スタートが影響しているとなると…
ダートスタートが嵌ってくれば怖いですが、それでも適性は怪しいです。
まぁ一応3連複は押さえておきますが…
今回、過剰人気っぽいのがほんと多いですし、なんかどれも罠っぽく見えてくる…

 
ワイド 通常 02 - 11 5点
馬連 通常 02 - 11 2点
3連複 フォーメーション 02, 11 - 02, 04, 05, 09, 11, 15, 16 - 02, 04, 05, 09, 11, 15, 16 各1点

合計32点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Jan 31, 2016

シルクロードS 予想 ◎ネロ

このレースは、良馬場だとコーナーでかなり速いラップを刻んでしまうので、3~4角でいかに内々を通すかってところが最重要ポイント…

なのですが、この馬場だと内外フラットかなという感じがします。

ラップ傾向はバラバラでほんと決め打ちしにくいです。
ぱっと見、先行馬多めですが、テンのめちゃくちゃ速いアクティブミノルが取り切るとすると、豊さんのレースになっちゃうような気がします。

意外とペースが上がりきらないか、平均フラットぐらいの想定です。
仕掛けは良馬場だとコーナーから早めの印象ですが、ちょっと渋った状態ですと、気持ち遅れる可能性はあるでしょう。

 
◎ネロ

○アクティブミノル
▲ダンスディレクター
△ビッグアーサー
×リトルゲルダ

 
本命ネロ
現在、覚醒中のネロ様。
少し前は速いペースに対応できず、前半のコントロールが鍵でした。
それが前走のラピスラズリS。
ペースバランス1秒ハイを番手追走から出し抜き。
京洛Sでは重馬場ハイペースをコーナーから仕掛けて圧勝。

以前では潰れていたような条件で強い勝ち方をしてくるようになった馬をわたしはよく買います。
今回もアクティブミノルのレースメイクを前提にするなら、前半多少無理に行っても大丈夫な実力はつけているはず。
先行馬からはこの子を一番信頼したいです。

 
対抗アクティブミノル
コントロールして、さらに仕掛けが少し遅れてくればけっこうしぶといんじゃないですかね。
前走は千四、その前はG1だったわけですし。
セントウルは獲ってますからね。
そのセントウルもしっかり加速ラップを踏んで出し抜いています。
G3の千二に戻ってきて、武豊のコントロールとくればちょっと怖い。
けっこう難しいレースになるとは思いますが…

 
単穴ダンスディレクター
頭の観点でいくとこの子もやはり怖い。
この子はタフな馬場が特に合いますからね。
外回してくれば微妙でも、内がさばけたときは頭あります。
馬連では買っておきたいです。

 
連下ビッグアーサー
んー、この子を消す買い目もいっぱい考えたんですが、やはり馬券圏外にまで消え去るイメージはあまりわきませんでした。
そうなるとワイドも3連複もあまりよろしくない…
なら素直に馬連だということで買います。
まぁオパールSは内々通ったっていうのもありますし、出遅れエンドのリスクもありますけどねぇ…
ミルコは適性とかそんなものは超越させてくるからなぁ…

 
あと今週はずっとリトルゲルダが気になるんですよね…
高速馬場巧者なので、正直馬場は合ってなさそうなんですが…枠が良いですからね。
ずっと状態が悪くて近走成績は悲惨ですが、少しずつ少しずつ良くなってきてるんですよ。
ちょっとだけ期待しても良いですかね。

 
サトノルパンを消したのは、スローになったとしてもビッグアーサーが上だと思っているからです。
前走はインがガラ空きで運良くポジションを取れましたが、今回はまずインは空きません。

 
馬連 ながし 15 - 01, 16 各10点
ワイド ながし 15 - 03, 10 各5点

合計30点

今年いまのところ、一番悩んだレースです。笑
特に買い目。
ネロだけすぐ決まりました。もう火曜日ぐらいに。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Jan 28, 2016

根岸S・シルクロードS 展開予想

【 根岸S 】

消耗戦になりやすいレースですね。
昨年は裏をかいてトップスピード戦に張って失敗しました。
重馬場で高速かなと思い、スローバランスに賭けてみたんですけどね。

 
昨年の武蔵野Sのラップは特殊ですが、今回非常に参考になります。
12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.7 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.5 = 46.1-48.6
という前半は芝並みのハイペース戦で、そこからほぼ緩まず、直線もう一段階加速。
このレースはとにかくタガノトネールつよっ!と思ったのは間違いないです。
ちなみにしっかりタガノトネールに本命を打ってましたよ。
先週に続いて、適性が合いそうな馬に田辺君が乗っているというのは心強いかぎり。

 
1番人気モーニンはスタートが悪くて、二の脚でポジションを取るタイプです。
ここがタガノトネールとの大きな差。
モーニンが使える脚は一瞬で、やはり勝つためにはタガノトネールと同じ位置にいないといけないのですが、重賞レベルの最序盤追走になると、なかなか二の脚で良い位置まで取り切れない印象です。(武蔵野Sから)

しかも今回初めてのダートスタート。
逆にこれが芝スタートよりも嵌ってくるようなことがないと、なかなか頭まではどうなのかなと思っています。

ちょっとややこしいのは、モーニンはここを勝たないとフェブラリーSに出れないですが、タガノトネールは完全に叩きで大丈夫という点です。

大穴党の思考でいくと、さて両方消してやろうかな、となってしまうのですが。笑
アンズチャンはアンズチャンで揃いすぎてて罠っぽいですし…
さてどう買おうかな。
頭は荒れてもおかしくない印象。

 
 
【 シルクロードS 】

京都千二は上り坂もあって意外とテンが遅く、コーナー坂から速いラップを刻む持続勝負になりやすいコースです。
ギアチェンジはあまり問われないので、トップスピード持続を狙っていくのがセオリーでしょう。

どのレースもそうですが、特に嵌ったもん勝ちの印象が強いレースですね。
京都千二は展開ひとつでジャイアントキリングが大いにありえます。(というか枠?今週コース変わり)
ちなみに昨年はワキノブレイブに本命打ってます。笑

 
ビッグアーサーは千二に戻して、さらにミルコという鉄板モードに入れてきました。
でもわたしはそこが気に入らない。笑

重箱の隅をつつきますが、まずはやはりスタート。
だいぶミルコも印象薄れてきてますがスタート下手×スタート下手の組み合わせ。
意外にこの馬で最序盤はミスってないのが康太君なので、こういうとこ裏目があるんじゃないのと。

次にスローより流れたほうが良いという点。
まぁ仕掛けは坂からの持続ですしミルコも得意なパターンではありますが…
京都千二はスプリント戦の中でもスローになりやすいので。

 
ローレルベローチェはスロータイプ。
ネロ、アクティブミノルは平均タイプ。
まぁこのあたりは枠を見て想定していくしかないですが、対ビッグアーサーだけ見れば前は落としたいところではあります。

 
逆にサトノルパンはスローでないとビッグアーサーには勝てないかもという印象。
サトノルパンはトップスピード型なので、明確にスローになった京阪杯や道頓堀Sでは高いパフォーマンスを出してきています。

 
流れればビッグアーサー、スローならサトノルパン、総合力高く安定のネロ。

枠とペースが全てを握る…

あ、わたしはアースソニックで。笑

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Jan 28, 2016

川崎記念 回顧 ホッコータルマエ、2秒以上のギアチェンジ戦を制し3連覇!

7.1- 11.2- 12.1- 12.6- 12.5- 13.7- 14.0- 11.9- 13.0- 14.0- 12.0 = 2:14.1

かなりのハイペースになりましたが、各コーナーで一気に緩みますのでそれほどでもないでしょうか。
思ったよりは流れましたが、想定通りのL4で最速11.9を計測しました。
そこからまたコーナーで緩んでのギアチェンジ戦。
まぁラップは読み通りでしたが…読み違えたのはマイネルバイカの実力とペースバランスでしょうか…
パッションダンスが早めにつっかけてきたのも誤算でした。

 
1着ホッコータルマエ
勝つには勝ったけど…という感じですね。
完全にコース適性で勝っただけ…という印象になりました。
このラップだと余裕かなって感じでしたが、どれだけギアチェンジで置き去りにしても、力で追いすがって来るサウンドトゥルー。怖い!!笑

ただこれ冷静に見ると、幸君はかなりうまいコース取りをしているんですよね。
サウンドトゥルーが外から来ないように3角から外に張っていって、急コーナーの内へと相手を誘導しています。
普通に考えると最内のサウンドトゥルーがコーナー抜けたとき前にいそうなもんですが、川崎ではそうはなりません。
しかもギアチェンジのないサウンドトゥルーですから。
それでもこの差。
これはもうホッコータルマエ、今後はサウンドトゥルーに勝てないんじゃ…

 
2着サウンドトゥルー
どうでもいいけどサウンドトゥルーって打ちにくい。笑
3角突入前に大外にでもふっていれば、この勝負こっちが勝っていてもおかしくなかったですね。
昨年のカゼノコはそんな感じでしたし。
ここは騎手の川崎経験の差が出ちゃったような気がします。

 
3着アムールブリエ
まぁ分析通り、完全に適性外で置かれまくりでしたが、ラストは強襲。(あくまで3着馬に強襲。笑)
馬券的にはやめて~って感じでした…
ポイントのラップは想定通りでも、全体のペース読みが真逆になってしまいました。
もうちょっとスローだったらなぁ…

 
外れましたがかなり見ごたえありました。
サウンドトゥルーがすごいね~

 
1着◎ホッコータルマエ(1番人気)
4着○マイネルバイカ(5番人気)
5着△カゼノコ(4番人気)
2着△サウンドトゥルー(1番人気)

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ