toggle
Oct 6, 2016

京都大賞典 展開予想

ついに地元京都開催の季節がやってきました。
京都大賞典もいつも通り、過去のラップを見ていきましょう。

と言いたいところなんですが、このレースは傾向がてんでバラバラなんですよね。
メンバーによって毎年変わってくるタイプのレースです。
やりにくくもあるし、展開予想の腕の見せどころでもあります。

 
昨年はラブリーデイ、サウンズオブアースのワンツーでした。
これは非常にわかりやすいレースで、まずペースが得意のどスロー、そこからのL2最速トップスピード戦でした。
京都にしてはかなり仕掛けが遅く、本来はラブリーデイの苦手とする早仕掛けの展開になりやすいコースだったんですが、昨年は見事に恵まれたなぁと。

 
ただ今年はキタサンブラックがいますからそうもいきません。
ポジション的にも今年はこの馬を目標にする陣営がほとんどになり、各馬が早めに捉えようと動き出す可能性が高いということです。

またキタサンブラック豊さんがどのぐらいのペースを刻んでくるのか。
ラブリーデイ、サウンズオブアースは正直言って後半特化のスロー専と見なしてオッケーだと思うので、流してこられれば当然厳しいです。
さらに苦手の早仕掛け濃厚。
最低でもコーナー内ラチピッタリぐらいじゃないと狙いにくいかなぁと思っています。

特にこのレースは開幕週でもあり、コーナーで速くなるので、内を回したもん勝ちになりやすいです。

 
かといってキタサンブラックも非常に際どいバランスを求められそう。
スローに落とせば上記のラブリーデイ、サウンズオブアースはもちろん強敵、ハイペースはハイペースでラストインパクトというちょっとやっかいな馬がいたりします。

まぁでもどっちかというとラブリー、サウンズを抑える方向で豊さんは流してきそうかな。
ミルコとルメールですしね~
ラブリーデイとルメールはけっこう相性が良さそうですが、やはりポジションありきの馬なんでオーバーペースで潰すのが一番手っ取り早いでしょう。

 
 
そうなってくるとおもしろいのはキタサンブラックのペースでも追走が削がれずに粘り込める馬、つっこめる馬。
ドンピシャなのはタマモベストプレイ、ラストインパクトでしょう。
この2頭はペースが引き上げられればおもしろいです。
初めて乗る藤岡君がわかってるかどうかはあんまり期待してないですが、ポジションだけは前って思ってるはずなので、豊さん任せでひっついて行ってのマグレ当たり期待ですかね。

 
少頭数ですが荒れる可能性はあるかなと見ています。

 
◎ラストインパクト
○タマモベストプレイ
▲ヒットザターゲット
△キタサンブラック

とりあえず枠は重要。
コーナーで内に張りつける馬を探すのが第一!

Oct 5, 2016

毎日王冠 展開予想

今回は非常に展開予想がおもしろいレースだと思っています。
とりあえず過去10年のラップから見ていきましょう。

 
2秒以上のどスローが5/10と半数を占めるように、まずスローになりやすいレースですね。
残りはややハイ~平均になっています。
極端なハイペースはありません。

次に仕掛けですが、L3最速が8/10と圧倒的。(残り2回はL2最速)
データ的にはスローからのL3最速戦というのが基本のレースです。

狙いとしてはある程度のポジションから長く持続できる馬になりそうです。
L3勝負なので一瞬の切れ味タイプはL1で甘くなります。

 
 
さてこれを踏まえて今年のメンバーです。

まずロゴタイプとマイネルミラノ。
この2頭がカギを握りますが、非常に好走範囲が狭い難しい2頭です。
ある程度のペースで引っ張ってぎりぎりまで仕掛けを遅らせたいタイプ。

まさに毎日王冠ラップの真逆を構築する必要があるわけです。
ただこれに関して、スローのL3よーいどんではまったく勝負にならない、ということは田辺君ははっきりと理解していると思います。
丹内君は…よくわかりませんが、大知よりはなんとなくわかってると思っています。

 
この後ろにいそうなクラレント、ディサイファ、ウインフルブルーム。
またこの3頭の特徴が三者三様。
クラレントはスローギアチェンジ、L2最速に持って行きたい。
ディサイファは平均からの早仕掛け、L3最速。
ウインフルブルームはスローからの早仕掛け、L3最速。

 
この先行5頭の組み合わせが非常におもしろく、そして難解です。
しっかり勝ちに来るという前提なら速い流れで引っ張りたいロゴタイプをベースに考えた方が良いのかなと思います。
丹内君も呼応するとなると毎日王冠定番のどスローはまず崩れるのではないでしょうか。
ディサイファも流したい。
となると平均ペースをまず想定したいなと。

 
次に仕掛けですが、できるだけL2最速に持ち込みたいロゴ、ミラノ、クラレント。
エンジンのかかりが遅く、L3からの持続が武器のディサイファ、ウイン。
この2頭が早めに動くとやはりL2チームとしてはL1が甘くなりそうです。
ただウインは前半平均で推移するとちょっとオーバーペースの可能性がありますね。

 
というわけで一番はディサイファかなと。

 
 
これに人気の3列目以降の馬を考察していきます。
正直ポジションとオーバーペースのバランス勝負だと思っています。
騎手の判断が重要になりそうです。

上位人気のルージュバック、アンビシャス、リアルスティール、ステファノス。
こちらも意外とポジションが読めませんよ。
アンビシャスとルメール、リアルスティールとミルコ…
騎手のイメージだとアンビシャス下げ、リアルスティール先行っぽい気もしますが、これはちょっとハマるかどうかは微妙と見ています。
個人的にロゴタイプの刻みをベースにするなら、アンビシャスこそ積極的に出してリアルスティールは下げたいんですよね。
ちょっとここは読みにくいところです。

 
買いやすいのはL3持続勝負が武器のステファノスです。

 
◎ステファノス
○ディサイファ

この2頭はラップ予想では軸にしやすいです。
とにかくL3最速戦になれば前半のペースはスローでも平均でも対応できます。

 
まぁでもみなさんご存知、大好きなクラレントがいますからね。
気持ちはクラレントに勝って欲しいですよ。

Sep 30, 2016

シリウスS 展開予想

阪神ダートニ千は特徴的です。
スタートしてしばらく直線なのでここはまずます速いですが、中盤は一気に中緩みするのがポイントです。
13秒台、遅いときは14秒台近くまで緩んで、結局前半スロー通過になりやすいです。
中緩みからの後半勝負。

 
1番人気だと思いますが、ラップ的にはアポロケンタッキーに隙がありません。
同じ舞台の仁川Sで中緩みの阪神ニ千ラップにきっちり対応。
さらにブリリアントSで3秒ハイの超ハイペースでも追走削がれず。

早仕掛けからバテずにジリジリというのが特長で、個人的にはスローロンスパのほうがベストだと思っています。
流していきたい強敵もそこそこ多いですが、コース的にはそこまで流れないと思いますし、流れても追走は大丈夫。
内を引いて中緩みにさえ巻き込まれなければ…
外なら素直に買いたいと思います。

 
逆の適性を持つキョウエイギアはニ千全体をうまく流して勝負したいタイプ。
未知数ですが後半勝負ではアポロケンタッキーが上かなと思っています。
阪神二千では少し下げたいです。
ピオネロのほうが人気してしまうのであればキョウエイギアかなとは思いますが。

 
ピオネロはやはり前走ハイペースを生かして強い競馬をしているので、中緩みは武器を削がれそうかなというイメージ。
芝スタートですし福永君ということで、ポジションをきっちり取れそうな強みはあると思います。

 
ミツバは穴人気しそうですが、この子はとりあえず出脚が遅いのでポジションが取れません。
中緩みでリカバーできるかどうか、松山君にかかっている気がします。
外枠を引ければ一考。

 
カゼノコはロンスパ苦手。
ランウェイワルツもハイペースからの一脚タイプなので、これなら持続できるピオネロを拾いたいですかね…

 
マスクゾロがおもしろいレースをしてきているので興味ありますが、穴っていうほどの人気薄ではないですね。
阪神ニ千でやれそうな感じがあるんですが、やはり実際にやれてるアポロケンタッキーを上に取るのが理論的ですし。

 
荒れなさそうなので軽くになりそうです。

Sep 28, 2016

スプリンターズS 展開予想 基本はハイペース消耗戦

もうG1シリーズ突入ですか~早いですね!
先週まで忙しかったんですが今週はゆったりなので助かりました。
ブログにとっても秋G1は正念場、プラスで上がるためにはがんばらないと。

 
ではいつも通り過去10年のラップ傾向から入っていきましょう。

 
過去ラップを見てもスプリンターズSはハイペース消耗戦が基本です。
下り坂スタートなので自然とペースが上がります。
1秒以上のハイペースが7/10、1秒以内も含めると9/10になります。

 
ただ昨年だけがイレギュラーで平均ペース。
かなり高速化が進んできていて騎手もみんな消極的な騎乗でした。
コントロールされるといくらスプリンターズSでも平均ペースにまで落ちてしまうんですね。

 
2015年 11.7 – 10.7 – 11.7 – 11.2 – 11.2 – 11.6
2013年 11.9 – 10.5 – 10.5 – 11.0 – 11.3 – 12.0

昨年は本当に特殊で、3ハロン目で1秒も緩んでの再加速になっています。
普通は2013年のようにどんどんゴールに向かって減速していくのがスプリンターズSです。

 
昨年のような高速馬場、前がコントロールという状況になるとトップスピードが問われ、そういうタイプの差しが決まり始めます。
普通の消耗戦になるとなかなかリカバーできず前の決着になります。
差しは馬券圏内8/30、追い込みに絞ると4/30という状況です。

 
 
では今年はどちらなのか。
一応先週から高速に傾き始めていますが、まだ超高速というレベルではありません。
土曜の状態を確認したいところですが、想定としては通常状態のハイペース消耗戦が無難であると思います。
ハイペース消耗戦が大得意のビッグアーサーがいるので福永君が変なことをしなければ死角はないでしょう。
さらにミッキーアイルもある程度は飛ばしたいですし、2秒以上ハイの消耗戦になった函館2歳Sを千切って来たブランボヌールもいます。
だいたい競馬は上位人気馬の得意なラップになることが多いので、今回はハイペース消耗戦かなという見立てです。
(土曜日の段階で超高速、騎手の意識がついていけてない、という場合は一考。)

 
今回は逆にスロー専の馬たち(コントロールしてオーバーペースさせてはいけないタイプ)の出走も多いです。
ダンスディレクター、シュウジ、ネロ、ベルカント、レッツゴードンキ、スノードラゴン、レッドアリオン、ラヴァーズポイント
このあたりは平均ペースまでしか対応できない馬です。
(対応はできても能力全開はできないというイメージ、まぁ細かく言っていくと色々あるんですが。)
ベルカント、ネロなんかは対応はできるけど高いレベルで見るとパフォーマンスは落とします。
追走が削がれるダンスディレクター、スノードラゴンなど。

今年は平均ペースで落ち着かせると大混戦というか、かなり混沌としてくると思います。
どの3頭が来てもおかしくない感じです。

 
あとはペースは良くても中緩みと馬場の重さがポイントになってくる馬。
ソルヴェイグは一貫の減速ラップよりは中緩みタイプ、馬場も重いほうが良いです。
ブランボヌールもどっちかというとタフ馬場が合います。

 
2歳、3歳と違って、馬のタイプ分析はやり尽くしている子たちなので、あとはどのラップに張るか。
枠と土曜の馬場、それに対する騎手の意識、それでラップを想定して、あとは馬を当てはめていきましょう。

 
現時点ではビッグアーサー、ミッキーアイルはラップ的に安定株。

ブランボヌール、レッドファルクスが一発候補。
ブランボヌールはペース不安より馬場不安。
レッドファルクスは外枠を引いてミルコの早仕掛けから脚を出し切りたいところです。
前走を見てG1級と思ってしまいました。本命候補。
ただ追い込みは決まらないレースですが…それでもCBC賞の超速の持続脚はとんでもないレベルかなと。
出遅れるのでとにかく外枠が欲しいです。

Sep 23, 2016

オールカマー 外厩と追切

お知らせ

今週は大事なお仕事が土日にありまして、しっかりとした記事が投稿できそうにありません。
なので、結論記事は印、買い目ぐらいの簡単なものになりそうです。
わたしの予想は印だけを見ても伝わらないので不本意ですが、今回はそういう訳でご容赦ください。
もしかしたら神戸新聞杯はパスする可能性があります。
ブログ始めてからこういうのは初ですが、お許しくださいませ~

 
それではオールカマー外厩どうぞ。

 
【ノーザンFしがらき】

アクションスター
サトノノブレス
カレンミロティック

 
【ノーザンF天栄】

マリアライト

 
【吉澤S-EAST】

クリールカイザー

 
【大山ヒルズ】

ワンアンドオンリー

 
【ビッグレッドF】

マイネルメダリスト

 
【KSトレーニングC】

ショウナンバッハ

 
【ファンタストクラブ】

ゴールドアクター

 
 
~個人的な追切診断~

 
◎ツクバアズマオー
○ゴールドアクター
▲ショウナンバッハ

 
抜けて良いという馬はいませんね。
みんな一段階落ちぐらいの出来ではないでしょうか。
その中では使われてきているツクバアズマオーが好調キープの印象です。
マリアライトは明らかに叩き台の雰囲気…
ゴールドアクターは8割。

Sep 22, 2016

オールカマー 展開予想

ではいつも通りに過去10年のラップ傾向から見ていきましょう。

まずペースは6/10で2秒以上のどスローですね。
ただトレンドではないかもしれません。
昨年はどスローですが、それ以外の近5年は平均ペースで流れています。

 
このコースの特徴というかトリッキーなところは、コース図を見てもらうとわかるんですが、「おにぎり」みたいな形をしていて「直線部分」がほとんどありません。
常にコーナーを回っている感じで、追い込みはしっかりコーナーで動けることと、自分で仕掛けて行くという意識が非常に重要になります。
ゴールドシップに乗っていた岩田君がこの意識が足りないせいで、クリールカイザーにまんまと出し抜かれたのは記憶に新しいところです。

 
さらにこのコースは先週のローズSのように、一見流れているように錯覚しやすいコースなのです。
原因は隊列が割とバラけやすいことにあるのかなと思います。
なので内枠、先行が有利というデータが出ているのでしょう。
単純に「内枠・先行が有利」という言葉だけを見て納得するより、じゃあなぜ内枠先行が有利になるんだろうか、というところまでしっかり分析することが大事だとわたしは思います。

 
しかし今年は馬場が重いので、例年よりはこの傾向にはならない、と少し頭の片隅に置いておいた方が良いかもしれません。

 
上位人気のゴールドアクターとマリアライト。
この2頭はそれぞれまったくタイプが真逆です。
どスローになるか、流れるか、ロンスパになるかL2最速になるかで有利不利は変わってきます。
この2頭を軸に据えれば、すべてのペースを網羅できる買い目になることでしょう。
苦手なペースに傾いた方が取りこぼす可能性は高いですね。

スローのトップスピード勝負なら断然ゴールドアクターですし、おそらく現役最強。
流れて消耗戦になればマリアライトでしょう。
マリアライトはスローでも一定のレベルはありますけどね。

 
穴はどうしても前に目がいってしまいますね。
メイチ宣言のクリールカイザー田辺君と、騎手も馬も番手至上のカレンミロティック。
ただ個人的には、やはりどうしても馬場が気になっています。
この2頭はとにかく繊細なペースコントロールが必要ですからね。
大知君は頭空っぽなので田辺君が絶妙にコントロールする必要はあるかな。

 
セオリーとは逆ですが、馬場的には穴は後ろのような気も…
ショウナンバッハが熱いかなと思いますが、戸崎君が乗ってしまうところが穴の妙味ゼロ。
そこが問題です。

 
わたしはできればもっと他から狙ってみたいですけどね…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 16