toggle
Sep 21, 2017

神戸新聞杯 ラップ傾向

神戸新聞杯のラップ傾向は過去10年、

どスロー:6/10、ややスロー:2/10、平均ペース:1/10、ハイペース:1/10

 
どスロー率が非常に高いですね。
MAXで5秒スローぐらいまではあり得るようなレベル。
馬場も高速なので、今年もとりあえずスローよーいどんの想定が基本でしょう。

 
次に後半の傾向。

L3最速:5/10、L2最速:4/10、L4最速:1/10

 
L2、L3で半々ですが、個人的な感覚でいくとL3最速のイメージが強いですね。
キレる上にL1まできっちり持続させる馬を選びたいかなと。
近年はあまりL1落ちない傾向があるんですけどね。

 
脚質的には差し、追い込みの占有率が高いです。
頭に絞ると意外に半々なんですけどね。
前軽視は良くないと思います。

 
想定人気はレイデオロ、キセキ、サトノアーサーですね。
まずレイデオロはダービー勝たれてしまいましたが、春からあまり評価していません。
ダービーは作戦勝ちな部分が大きいと思いますし、キレる馬でもないですしね。
ここもダービーのような乗り方をすれば…という感じはしますが、そこまで勝負をしてくるかどうか。
ダービーのようなレースをするならスローを外から押し上げられる外枠が欲しいですよね。

 
逆に買いたいのはキセキ。
特に良馬場ならけっこう堅いと見ていますね。高速巧者。
トップスピードの質も高いですし、持続もすさまじいものがあります。
L5から行ける持続とL2の再加速を兼ね備えた馬で、かなりミルコに合うタイプだと思います。

 
サトノアーサーは川田君なので仕掛けをミスるでしょう。
終わってから突っ込んで来ると思います。

Sep 21, 2017

オールカマー ラップ傾向

オールカマーのラップ傾向は過去10年、

2秒以上スロー:5/10、平均ペース:3/10、ややスロー:1/10、ハイペース:1/10

 
スローが多いですね。
ただ近年は、やや流れるパターンの出現率が上がってきていますので、ややスロー~平均までの想定が無難ではあります。
月曜のような馬場だと、どスローもなくはないのが難しいところですが…

 
次に後半の傾向。

L2最速:6/10、L3最速:4/10

 
これには特徴があって、平均ぐらいで流れた場合はL2が多く、スロー気味に流れたときはL3が多いです。
よって近年の傾向を考慮すると、「平均からのやや仕掛け遅L2最速戦」の可能性が高いかなと。
ただもう先週でもわかったように、すべて馬場によるところがあるので、当日の馬場は要チェックです。
あとはしっかり早めに動いてくる騎手が何に乗っているか。

 
データ的には人気の先行馬できっちり上がりが出せる馬が強いですね。
今年はけっこう持続差しタイプが多いかな…
仕掛け遅れで脚を出し切れないパターンがおもしろいかもしれませんね。
コーナーでの立ち回りも重視したいところです。

 
想定人気はステファノス、タンタアレグリア、モンドインテロですね。
ステファノスはスローからの持続が武器。
スローの場合は早仕掛けの傾向は出ているので流れなければ、というところ。
月曜のような高速馬場ならペースは落ち着く可能性は高いけど、誰かが早めに動かしてくれないと脚を余す可能性は高いかなと。
展開待ち、さらに戸崎君は動かないしスペースの意識もないので。
状態がまともならタンタアレグリアのほうがペース幅は広いし適性はありそうです。

Sep 15, 2017

セントライト記念 ラップ傾向

セントライト記念のラップ傾向は過去10年…めっちゃバラバラ!
あまり過去ラップでどうこうというレースではありません。
展開屋としては腕の見せ所ですが、3歳、トライアルの二重苦です。

 
次に後半の傾向。これもバラバラ。
一応出しますと

L2最速:4/10、L3最速:2/10、L4最速:1/10、L5最速:2/10、L1最速:1/10

 
出す意味はあまりなかった。笑
でもローズSもそうですが、やっぱりトライアルはやや仕掛け遅な気はしますね。
もちろんコース的にロンスパも大いにあります。

 
各馬のポジションを想定してそれぞれの仕掛け場所を考えていこうかなという感じですね。
後ろからだとどうしても早めには押し上げないと無理でしょうし、前だと追走、総合力が欲しいかなと。

 
ミッキースワローを罠と見るならペースは上がる?
そうなると普通にアルアインで良いですね。
セットでクリンチャー。
藤岡兄が刻めるのかっていうのはありますが、ダービーがあまりにひどかったのでちょっと意識してるかも?

 
アルアイン以外は団子状態なので手広く流してひっかける感じでしょうか。
みんなそう考えるから、これは取ってもガチガチのガミパターン…
がしかし、荒れるかどうかはルメールの出方によるところはけっこう大きい。
でも強気に刻んで来るだろうと想定するとやっぱり抜けてるかな。

Sep 13, 2017

ローズS ラップ傾向

ローズSのラップ傾向は過去10年、けっこうバラバラ

平均ペース:4/10、2秒以上の超スロー:3/10、1秒スロー:1/10

3秒超ハイ:1/10、1秒ハイ:1/10

 
まぁ8/10で平均以下にはおさまっているので平均までのレースと見るのが無難です。
そしてハイペースになっているのはすべて重馬場開催だったときで、ここは注意。
晴れればトップスピード戦。

 
次に後半の傾向。

L2最速:7/10、L4最速:2/10、L3最速:1/10

 
L2最速が7度と、このコースにしては仕掛けが遅い傾向が出ています。
さらに牝馬限定戦、トライアルということもあってか、中盤は緩くなることが多いです。
差し、追い込みが決まりやすい、というか追走を削がれない。(2、3着までが多い印象はある)
前から狙う場合は中緩みからのギアチェンジ出し抜きタイプでしょう。

 
個人的には前からギアチェンジを使える馬の方を頭に置きたいかなと。
差しではアドマイヤミヤビが正直ドンピシャだと思うのですが、不動明王のルメールなので少し不安も。
再度覚醒し始めたミルコのモズカッチャン、怪物(のはずだが…)ファンディーナに期待。
ファンディーナはタフ馬場で強いパフォーマンスを見せているので、高速馬場はどうかなという不安も大きいですが、個人的に非根幹は鬼じゃないかと思ってる部分があるので期待したいですね。

 
とりあえず晴れればファンディーナからモズ、ミヤビ、雨が降ればリスグラシュー、レーヌミノルを考えたいところです。
まぁわたしは見るだけにしようかと思っています。
台風も来てますし、今週はお休み。

 
結局、事前展望の通りに買うと当たることが多い…どうなるかな。
いつも変えちゃうけど裏目。

Sep 8, 2017

京成杯AH ラップ傾向

穴党はとにかくこのレースが大好き(たぶん)
昨年が堅かった分今年は期待が高まります。
やはり今週はこれですかね。

 
京成杯AHのラップ傾向は過去10年

平均ペース:4/10、1~1.5秒ハイ:3/10、1.5秒以上ハイ:2/10、スロー:1/10

 
平均以上が9/10なのでまず最低でも平均以上で流れるという想定になります。
マルターズアポジーもいることですしね。
まぁほとんどの人がそう思うわけで、この部分で捻るのは悪くはないかもしれませんが。
思ってるほどは上がらない、ぐらいの意味で。

 
次に後半の傾向

L4最速:7/10、L2最速:2/10、L3最速:1/10

 
圧倒的にL4最速率が高いです。
ただあくまで後半の話で、前半の方が速く、減速途中での最速というパターンも多いです。
注目はここ2年連続でL2最速戦になっているところ。
まぁどちらにせよ落差は求められません。
あとは中緩みが出るパターンかどうか。

 
中緩み次第で後ろが差しこめるかっていうのは影響が出そうなのでちょっと触れてみます。
マルターズアポジーは淡々と後続の脚を削ぎたいし、ボンセルヴィーソは中盤少し息を入れて突き放したい。
まぁでもやっぱりマルターズアポジーのペースにはなるかなぁ。
明らかにテンはマルターズアポジーが速いですし、前走以上のロケットスタートはまずないですが、スタートもとんでもなく速い。
ボンセルヴィーソはスタート遅いです。
コース、ラップ傾向的にもマルターズアポジーには分がありますね。

 
脚質傾向は中団が良さそうです。
コースデータでは逃げ馬が強いですが、京成杯AHでは逃げがまず決まりません。
マルターズアポジーも沈むのかどうか。
傾向としては向いてるだけに沈むならどういう展開か、ですね。
追い込みも決まりにくいです。

 
上位人気はグランシルク、ダノンプラチナ、マルターズアポジー
まぁここは怖い穴馬がうようよいるのでね。
別にここから入らなくても良いとは思いますが、田辺君に替わるグランシルクには注目しています。
戸崎君、福永君、ルメールと不動明王スリートップが乗ってきていますが、ここで真逆の田辺君。
個人的には待ってましたですよね。
エンジンのかかりが遅いので早めに動きたい馬ですから。良いと思います。

 
あとは先導役がいる状態での番手の大知。
大知の番手は逃げ馬のペースが勝手に噛み合うかどうかで判断しますが、今回は良い方のパターンかなと。
マイネルアウラートはマルターズアポジーの番手が合いそうです。
問題は夏は状態が良くないこと…中京記念も悪くない展開でしたがまったく走りませんでした。

 
馬場も見たいですし、いろいろ考えて結論を出したいと思います。
とりあえずウキヨはポツン。笑

Sep 7, 2017

紫苑S ラップ傾向

紫苑Sのラップ傾向は過去9年(現在の条件以外の施行は除く)

平均ペース:6/9、1.5秒以上ハイ:2/9、スロー:1/9

 
傾向としては平均ペースになりやすいです。
思いっきりペースが上がる年もあるので、基本的には平均以上と考えておくべきでしょう。

 
次に後半の傾向

L2最速:4/9、L3最速:4/9、L5最速:1/9

 
L2、L3で半々。
ただこのレースもL3→L2の落差が激しいレースではありませんし、10秒台が問われることもありません。
トップスピードの質はあまり考えなくて良いでしょう。

 
脚質傾向は中団からの差しが圧倒的。
速い時計は必要ありませんが、その中でも上がり上位の馬の占有率が高いです。
L1が落ちやすいレースですからね。

狙いとしては平均以上の追走と持続脚。L1で差せる馬を狙うのが基本かなと思います。

 
想定人気はディアドラ、ホウオウパフューム、ルヴォワールあたり。
正直ディアドラは抜けていると思いますね。
実力上位、適性でもあまり隙がありません。
ここからヒモ荒れを狙いたいと思います。

1 2 3 4 5 6 16