toggle
Dec 25, 2015

有馬記念 展望

さて、ウォーミングアップがてら、初投稿として有馬記念の展望です。
基本的にわたしの記事は長文になっちゃいます。
展開を説明するのでどうしてもね。

 

まずこのレースのポイントは、ゴールドシップとキタサンブラックが握っていると思います。

個人的には2頭とも良い枠を引いたかなと感じています。
まぁゴールドシップに関しては出遅れるんでどこでも良いんですが、もし五分に出た場合も、すぐにマクり態勢に入れる外がベストです。
キタサンブラックの方は並びが良くて、隣のリアファルと固まったことで、内の全馬が、おそらくこの2頭が行き切るのを待ってくれます。
騎手の特徴的にはキタサンブラックがハナ、リアファルが番手の可能性がありそうです。

ラブリーデイが絶好枠のように見えますが、ここは川田君がけっこう出して行く意識がないと割と危険で、逃げ2頭の切り込みによって、意識次第ではかなりポジションを落としてしまうように思います。
ワンアンドオンリー、アドマイヤデウス、ラストインパクトも内に切り込んできますしね。
この3頭の中で、ラブリーデイの前にどの馬が入るかもポイントでしょう。
一見ラブリーデイ直後は最高のポジションに見えますが、今年はその前が良いんじゃないかなと思いますね。

 

さて、ポイントの2頭です。

典さんはゴールドシップにマクり切らせないラップを意識してくると思いますので、向こう正面でペースを上げて来ます。
向こう正面で前が先に動くとなかなかマクるのは難しくなってきます。
後押しする想定として、典さんはテン乗りですし菊花賞を見て、キタサンブラックはロンスパでやれている、と勘違いしている可能性があります。
積極的にくるんじゃないかと。
これに呼応してリアファルも3角から速いラップを刻んでいく。
リアファルのほうはトップスピード持続が武器なので、これは理想の展開になってきます。

この展開に持ち込めば、ゴールドシップはマクり切れず、ラブリーデイも早めに行くしかなくなり、JCのように甘くなります。
そもそも今回、ゴールドシップの牝馬版とも言えるショウナンパンドラ回避により、後方の馬はますますゴールドシップの動きに合わせてきます。
後方から消耗戦でゴールドシップ以上となるとおそらくいません。
アルバートはまだそこは底を見せていませんので可能性はありますが。

 

ここで怖いのが、ラブリーデイの前に入っていた場合のワンアンドオンリー、アドマイヤデウス、ラストインパクトです。
この3頭はマクりきっかけの早仕掛けで嵌ってくるタイプです。
いかに前半のポジションをうまく運ぶか、積極的にいけるかが問われそうです。
騎手の特徴を考えると浜中君が一番怖いですが、個人的にワンアンドオンリーがまだ入ってこれるかはギリギリだと見ています。
アドマイヤデウスは動かない岩田君ですし、ラストインパクトは馬自身の適性は向くのでやはり菱田君にかかっています。
この3頭も乗り方次第というところ。

 

後はマクり無視で内ラチぴったり中団を回しているであろうヒットザターゲット。
なんかここまでが出来すぎてて、逆に罠っぽい感じはしますが…
勝負になる条件が揃ったのは間違いないです。
土曜を見て、高速寄りの馬場になっていればさらに警戒でしょう。

 

現時点では、ゴールドシップはJCと似たような感じの中途半端なマクり。
まぁJCは本気でマクろうとしてませんが、今回は本気のマクりを阻止されるようなラップ構築。
ラスト5ハロンからの持続、ただ近年の傾向から直線入り口でもう一度加速する流れを想定。

 

これをベースに土曜の馬場を見て、もう一度練り直します。
去年は一気に高速化してきた感じがありましたからね。
ただ、ゴールドシップが1角~2角で動くと、すべてをぶち壊せる可能性はあります。
さすがに可能性としては低いと考えていますが。

1 12 13 14 15 16