toggle
Jan 16, 2018

1月13日(土)平場 結果

中山7R
05着◎マイネルツァイト
01着〇ポップアップスター(1番人気)
03着▲コットンボウル(6番人気)
09着△シンコーマーチャン

 
中山9R
09着◎ミスマンマミーア
01着〇オハナ(1番人気)
05着▲ジョブックコメン
04着△ナスノカツラ

 
中山10R
06着◎バルデス
04着〇キャプテンペリー
08着▲ウインファビラス
01着△サトノスティング(9番人気)

 
京都8R
01着◎スズカフリオーソ(1番人気)
02着〇タイユール(3番人気)
04着▲マルヨシャバーリー
05着△クリノキング

単勝310円
馬単1,680円

3着に挟まった…

 
京都9R
01着◎ブルークランズ(1番人気)
02着〇タンタグローリア(4番人気)
04着▲スマートルビー
03着△イストワールファム(2番人気)

単勝250円
馬単1,180円
3連単4,100円

 
京都10R
04着◎ミリッサ
03着〇ヒーズインラブ(2番人気)
06着▲マイネルメリエンダ
05着△メイショウオワラ

 
京都12R
01着◎スマートダンディー(1番人気)
02着〇ヴェンジェンス(3番人気)
03着▲シンゼンスタチュー(6番人気)
05着△メイショウボンロク

単勝270円
馬単1,130円
3連単8,710円

大勝した翌週も手堅くプラスに持っていったのは大きい!
なかなか連勝できないので…

Jan 10, 2018

1月8日(日)平場 結果

中山7R
02着◎ビックリシタナモー(2番人気)
01着〇タガノヴィッター(3番人気)
08着▲ダウトレス
10着△ヘルディン

 
中山8R
07着◎ウエスタンレベッカ
01着〇ゼンノトライブ(1番人気)
03着▲ドリームハヤテ(3番人気)
02着△プレシャスタイム(5番人気)

このヒモ3頭決着はけっこう出現パターンが多いです。

 
中山9R
09着◎タスクフォース
14着〇ハヤブサライデン
07着▲アバオアクー
06着△モンストルコント

 
中山11R
03着◎ロードクエスト(4番人気)
01着〇ナックビーナス(1番人気)
07着▲コスモドーム
05着△タマモブリリアン

 
京都7R
02着◎スペシャルホース(5番人気)
09着〇ハートフルタイム
08着▲ジオラマ
05着△ラインフィール

 
京都9R
02着◎エーティーサンダー(6番人気)
06着〇ダノンディスタンス
01着▲チェスナットコート(3番人気)
05着△メイショウガーデン

 
京都12R
01着◎ハニージェイド(1番人気)
02着〇マテラスカイ(6番人気)
05着▲メイショウアリソン
03着△メイショウタラチネ(12番人気)

単勝300円
馬単6,490円
3連単159,810円

 
1月成績 1598.1 / 114(1402%)

 
3日間坊主の最悪スタートか!?というところから起死回生の一撃。
一気に楽になったので来週からノビノビ予想できそうです。
実はもうここでやめるのが一番という可能性は高い。笑

Jan 10, 2018

1月7日(日)平場 結果

中山7R
01着◎スリラーインマニラ(3番人気)
04着〇レアドロップ
09着▲ジェットコルサ
08着△ティアップサンダー

単勝700円

 
中山8R
01着◎ニーマルサンデー(1番人気)
03着〇アイヅヒリュウ(3番人気)
10着▲ディアライゼ
07着△アドマイヤガスト

単勝350円

 
中山12R
03着◎トータルソッカー(3番人気)
01着〇レッドローゼス(1番人気)
07着▲ヴェラヴァルスター
06着△イタリアンホワイト

 
京都7R
03着◎タガノジーニアス(1番人気)
01着〇スズカブルグ(2番人気)
04着▲アンナペレンナ
08着△マルカノカガヤキ

 
京都8R
10着◎アンセム
16着〇ナルハヤ
03着▲ハイドロフォイル(3番人気)
01着△アインザッツ(9番人気)

 
京都10R
05着◎スズカルパン
07着〇ジャズファンク
04着▲レトロロック
01着△トリオンフ(3番人気)

2日目。
初日からの修正で一気に馬券圏内は増えてきましたし、単勝の方は回収もできました。
3連単は運の要素も大きいですからね。

Jan 9, 2018

1月6日(土)平場 結果

中山7R
07着◎サトノキングダム
05着〇ヴァンベールシチー
10着▲コンフィデンス
02着△アメリカンヘブン(9番人気)

 
中山8R
05着◎ピアシングステア
01着〇ミッシングリンク
03着▲ハイランドピーク
06着△パイルーチェ

 
中山9R
04着◎ブライトンロック
13着〇エネスク
07着▲イーストオブザサン
05着△スマートボムシェル

 
京都7R
02着◎タテヤマ
01着〇アグネスエーデル
14着▲メイショウアワジ
08着△バルコラベーロ

 
京都8R
11着◎ルドルフィーナ
04着〇アガスティア
06着▲ビスカリア
02着△サンオークランド

 
京都12R
13着◎ディープウォーリア
08着〇キャンディバローズ
09着▲ヴァッフシュテルケ
05着△ゴールドケープ

 
初日良いとこなしで不安いっぱい。
まぁ馬場がわからないってのもあります。

Dec 25, 2017

有馬記念 回顧 キタサンブラックありがとう

6.8 – 11.6 – 11.9 – 12.2 – 12.3 – 13.3 – 13.2 – 12.8 – 12.2 – 12.1 – 11.7 – 11.2 – 12.3
61.6-59.5 = 2:33.6

 
だいたい予想に書いた通りの展開になりました。
やはり外人勢はコンビの相性が最悪すぎました。
向こう正面で動かないムーア、ボウマン。
動きたいけどスワーヴじゃ動けないミルコ。

 
そうなると自動的にキタサンブラックが一番有利になっちゃいます。
このレース、ノリさんがいればかなり難しくなっていた可能性はありますね。
何に乗るかにもよりますが。

 
1着キタサンブラック
予想通りの逃げ。
ラップの刻み方も完璧。
でもこれを予想してました。

最序盤はそこそこ流しているのでさすがに絡んでいけません。
そして息を入れたところで誰も動かない、動けない…
コーナーと上り坂の地点でさすがに動きにくい場所です。
ポイントの向こう正面、ほんのり引き上げるけど何も動かない。
3~4角もじわっと加速、シャケトラが来たところで第一弾加速、直線入り口で本仕掛けで置き去り。
いつもの競馬だけど真骨頂、芸術の域。

 
2着クイーンズリング
まぁ想定していたラップの通りにはなっているし、内に張り付いてのルメールなので、そういう点では買わないといけなかったとは思います。
ただ意外とうま味のないオッズでしたしね。
近走のパフォーマンスも物足りませんでしたし。
二段階加速戦の狙いとしてはサクラアンプルールのほうがおいしかったので、というしかありません。

 
3着シュヴァルグラン
トップスピード戦になったのは良かったですが、やはり急激な加速性能はありませんからね。
キタサンL2の出し抜きには手も足も出ませんでしたが、思ってたよりも強かったなと思います。
想定のラップを動かないボウマンでは適性が合わないだろうなと。
不利がなければ2着は来てたかな。
サクラアンプルールもおもしろかったですが。

 
4着スワーヴリチャード
一瞬の脚タイプのスワーヴにとっては外枠を引いた時点でまず厳しい状況。
ミルコ真骨頂のリカバーもしづらい。
それでL1確実に甘くなってしまいます。
さらに鬼門の右回り。
常識的には消しなのに拾ってしまうほど今年のミルコはすごかったですね。
でもミルコだから押さえよう!という思考になってしまう自分がすごく嫌です。
理論を超えた騎手が混じってくるのがね。
ただのわがままなんですが、分かるかなこの感じ…

 
サトノクラウンに関してはムーアがなにひとつ馬のことをわかってなかった、という一点に尽きます。
ずっとボウマンがフタをしてたっていうのもありますけどね。
ムーアだから乗せる、期待できるっていうのは違いますよ。
ムーアは馬を動かさないからサトノクラウンとは一番相性最悪です。
上位馬で真っ先に消せるのはサトノクラウンでした。
とにかく相性の良い人馬を積極的に狙うというのは来年もやっていきたいと思います。

 
まだ今年はレースが残っています。
でもわたしは今年はこれで終わりにします。
いつも読んでくれているみなさん、ありがとうございました。
年内に馬券成績の反省も上げるつもりです。

Sep 11, 2017

京成杯AH 回顧

12.5 – 10.9 – 11.2 – 11.2 – 11.3 – 11.5 – 11.6 – 11.4 = 45.8-45.8 = 1:31.6

 
確かにマルターズアポジーは飛ばしましたし、後ろを潰すように乗ったと思いますが…
かわいそうなことに馬場が速すぎて45.8で行っても平均ペース止まり。(想定は45.5-46.5でした)
これでは追走で後ろを削げないし、自身はオーバーペースと勝ち目なしです。
でもマルターズアポジー強いですね。

 
結果を見ると、馬場は軽いけど自分の中のイメージではパワータイプと思っていた馬が差してきています。
なんか噛み合わなかったなぁという感じ。

 
1着グランシルク
この馬はスローよりある程度締まった流れを早仕掛けでL1まで持続させてくるのが本領なのかも。
もっと時計がかかったほうがベストだと思っていましたが…
不安だった高速馬場も全然問題にしませんでしたしね。
脚を出し切るという点では田辺君への乗り替わりも効きました。
中緩みもないほうが仕掛けやすそう。

 
2着ガリバルディ
一応外厩的に押さえていましたが、ちょっと馬場は合わないかなと思っていました。
バテ差しズドンの馬なのでパワータイプかなと。
積極的には買えなかった馬。

 
3着ダノンリバティ
この子もスローのイメージが強く最終的に消してしまいました。
そしたら出遅れで巻き込まれず。
たぶんこの出遅れは良いほうに出たんじゃないですかね。

 
ボンセルヴィーソはブッシーがミスらなかったので無理でした。
淡々と流れる展開は苦手。
ウキヨはフタされてどうしようもなかったです。
狙ったトーセンデュークも適性で5着まで来てるけど実力自体が足りなかった感じ。

 
マグレで取れたとしても適性で狙って2、3着は選べなかったなぁと思います。
難しい~

1 2 3 4 5 6 34