toggle
Feb 28, 2016

中山記念 予想 ◎ロゴタイプ

高速エクイターフ。
ここは荒れると見ました。

先行はロゴタイプ、マイネルラクリマ、カオスモスあたり。
上り坂スタートで2F目に心臓破りの坂、そしてコーナーへと続くので、明確に出して行く意識でないとリカバーのタイミングがありません。
これもあってやはりドゥラメンテはまずは後方。
個人的にドゥラメンテ最大の武器はハイペース追走なので、流れたほうが良いわけです。
しかし序盤はスローでしょう。

 
そしてポイントは向こう正面。
ここがリカバーポイントなので、後ろの馬はここで詰めて行きたいんですが、おそらく田辺君はここで加速してきます。
そのまま4角突入で後ろに脚を使わせておいての直線入り口でもう一回加速。
ロゴタイプと田辺君の両者が得意とするパターンです。

 
◎ロゴタイプ

○サトノギャラント
▲リアルスティール

 
本命ロゴタイプ
田辺君が土曜に中山で乗っているというのがまず大きいです。
ミルコもルメールも乗っていませんから。
土曜も向こう正面で引き上げてもう一段回加速するイメージを持った騎乗がありました。
ロゴタイプはこれができますし、得意のコーナー加速で押し上げを封じたいです。
向こう正面でこの意識を持てるのは、土曜に中山で乗った騎手だけかも。
強烈な相手ですが、めっちゃ期待。

 
対抗サトノギャラント
ずっと早く距離延長して…と願っていた馬で、そのタイミングで狙うことを決めていたらこんな場面になりました。笑
マイルだとやっぱりスピード負けしてる感をいつも感じていましたので。
今回の想定だと3~4角でロゴタイプが加速させているという決め打ちで、ここを最内ぴったり回してこれます。
ポジション的な問題はありますが、柴山君も向こう正面でじわっと行って欲しい…
夢を見ます。

 
単穴リアルスティール
ドゥラメンテに2キロもらってこの枠…
これでやらかしたらもう知らん。
それでも溜め殺し2、3着想定でいますが。笑
ほんとはここ勝つチャンス大なんですけどね。

 
ミルコとルメールがきっちり最序盤からポジションを取ってきたり、全力で向こう正面マクってきたら脱帽。
そろそろ日本人も決めようよ。

 
ワイド ながし 03 - 01, 02 各10点
馬連 通常 02 - 03 10点
単勝 通常 03 10点

合計40点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 27, 2016

阪急杯 予想 ◎レッツゴードンキ

このレースはペースをどう読むのかが重要ですね。
展望に書いたように、近年は明確にハイペースで、トップスピードを問われない傾向です。
ただ今回はメンバーを見渡したときに、ハイペースになりそうな感じがしないんですよねぇ…
特に騎手が見事に消極的なメンバーですし、レッツゴードンキ、ミッキーアイルはどちらもコントロールしたいタイプ。
ここはちょっと裏をかいて、平均ペースのトップスピード勝負・L2最速の想定でいってみようかなぁと思います。

ヒルノデイバロー、ミッキーラブソングあたりがもっと人気なければハイペース想定で一発狙っても良かったんですけどね。
明らかに注目浴びてますので嫌な予感がしました。
ミルコとルメールがいないレースはぐだぐだがお似合い。笑

 
◎レッツゴードンキ
○ミッキーアイル
▲ダノンシャーク

 
本命レッツゴードンキ
マイルCSは地味に強い競馬してると思いますよ。
中緩みがあってのL3最速トップスピード持続戦ですが、このレースはこのタイプの強力な馬がごろごろいたんですよね。
今回はなんとかL2最速に持っていきたいところですが、マイルCSよりは阪神内回りですしその可能性はあります。
スロー出し抜きまでいければもう最高ですが、さすがにそれは贅沢かな…
まぁペースコントロールに期待ということで。

 
対抗ミッキーアイル
この馬もペースをコントロールしたいタイプ。
たぶん枠的にもレッツゴードンキを行かせての番手狙いじゃないですかね。
それで良いと思いますし、岩田君は飛ばさないはずなので2頭でコントロールしてしまいたいです。
岩田君と松山君ならコーナーでも動かんでしょ。笑

今回ハイペースになるとすればヒルノデイバローがスタート決めて飛ばすか、もしくはゼロスか…という感じでしょう。
でもヒルノデイバローはなんとなく前走のこともあるから溜めてきそうな気がしてます。

 
問題は予想ががっちがちになっちゃってどう買えばいいのってことです。
一応単穴にダノンシャークを持ってきます。

前回ルメールが、千四じゃポジション取れないって言ったのが効いてるのか分かりませんが、人気皆無。
まぁそれはペースによるでしょ。
ややスローぐらいまで落ちればおもしろいと思います。
こっちはL3最速で突っ込んでくるイメージで。

ポジション的にはマイネルアウラートもおもしろくて悩むんですけどねぇ…
オメガヴェンデッタもポジション取れば有力ですが、豊さんのイメージだと後ろかなぁと。
馬自身も最近どんどん後ろの意識ですからね。

 
まぁこんな感じなんですが、ハイペースになったらダメですね。

 
ワイド ボックス 09, 10, 13 各10点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 27, 2016

アーリントンC 予想 ◎レインボーライン

展望で書いた通り、ここはコーナー中緩みからのトップスピード勝負に絞ります。
馬場は開幕週といえどこの時期の阪神なのでそこそこタフ。
まぁでも流れたとしてもトータルで平均を超えてくることはないかなと。

 
先行争いは正直あまり読めません。
普通の想定でいくとシゲルノコギリザメ。
ロワアブソリューはあまりテンが速くないので、枠的にもじわっと出して行く感じ。
飛ばすとすればダートからのメイショウカネサダは候補ではありますが…
前半は意外と流れるかもしれませんが、とりあえず中緩みは起こるでしょうと。

 
◎レインボーライン

○ビップライブリー
▲ボールライトニング
△ヒルノマゼラン

 
本命レインボーライン
ユウチェンジがいないのでスライド本命です。

この子は萩Sを評価しています。
12.3 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 11.4とノーブルマーズの早仕掛けラップで分かりにくいんですが、レインボーライン自身はL3かL2あたりの最速でこれを外回し。
それでもL1一番の突っ込みということで、かなりのトップスピード持続と見ています。

シンザン記念は高速馬場のスピード勝負で度外視ですが、見どころはあって、直線で遅れる中、内々ぴったりのレオナルドとL1互角なところまできています。

アーリントンCはラスト1の落ち込みが激しいですし、ここで突っ込んで来る可能性はけっこう高いかなと思っています。
じょじょにコーナーからギアを上げていくのもミルコにぴったりです。

 
対抗ビップライブリー
正直相手のチョイスが難しいんですよね。
まぁこの子もチョイスしてる理由はL1のすさまじい伸びですね。
新馬戦は軽く衝撃です。
単純比較するつもりは別にありませんが、同日のサトノクラウン、タッチングスピーチの上がりを超えてきています。

新馬のラップは12.8 – 12.8 – 12.4 – 12.6 – 12.5で数字では見えませんがL1で4~5馬身はあるように見えますので、確実にL1を11秒台中盤では上がってきています。

未知数ですが噛み合えばおもしろいかなぁ。

 
単穴ボールライトニング
スローに振れれば。
朝日杯が平均の中緩みでも甘いので、ちょっと厳しいかなぁという感じはありますけどね。
まぁそれでも京王杯はトップスピード戦をL1踏ん張ってますので。
距離不安よりは追走不安のほうが大きいですかね。
追い切りで上げてきているとは思います。

 
ちょっとミルコ最近勝ちすぎなのが気になるけど~

ワイド ながし 06 - 05, 11, 13 各10点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 21, 2016

小倉大賞典 予想 ◎レッドアリオン

小倉はちょっとおもしろいことがあります。
なにかというと土曜は雨でずっと重表記でしたが、実際はけっこう軽いということ。
時計がけっこう出ていましたし、このまま明日回復してくるとなると、意外と高速状態に早変わりなんじゃないの?という可能性があります。

それでも土曜の馬場のことを考えると、なかなか飛ばして行くにも行きづらいという心理が働いてしまうんじゃないでしょうか。
序盤スローからの高速変わりによる前残りを狙っていきたいと思います。

 
◎レッドアリオン
○テイエムタイホー
▲デウスウルト
△アルバートドック

 
本命レッドアリオン
橋口先生引退前の渾身の仕上げ。
馬としては高速馬場、スロー、外枠が揃わないと買いづらい子ですが、今回は土曜の雨のせいで、高速馬場、スロー想定が見えにくい状態。
確かにゲートが良くないので逃げられない可能性はありますが、逃げられた上で馬場による仕掛けの意識が下がってくれば逃げ切れる可能性はあります。
メンコも試すみたいです。

 
対抗テイエムタイホー
外から前にいってくれると思うんですけどね。
序盤はスローに出していきたいタイプですし、雨でも実は馬場は良いという条件は歓迎。
そういう意味では距離延長もハマりそうです。
藤岡君の消極性が気にはなりますね。

 
単穴デウスウルト
まぁ人気はありませんが、中距離でディサイファやミトラとやりあってますからね。
単純に実力上位っていうのはあります。
前半スローはまず必須、さらにトップスピードはあまりないので早仕掛けを狙いたいところです。
ハマれば。

 
アルバートドックは松博さん引退で注意。
ただ川田君とエンジンのかかりが遅い馬のセットは完全に地雷。
先行してくれば川田君もうまいんですけどね。
まぁでも枠がだいぶ内なので出してくる可能性はけっこうあるかも。
そこに期待です。

 
ダコールは普通に合っていて怖い条件で、レッドアリオンの58なら断然ダコールの58のような気もします。
スタートが良くないので外からどばっと前に入られるとしんどいかなぁという予感がしたんですよね。

 
ワイド ボックス 02, 05, 07, 14 各5点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 21, 2016

フェブラリーS 予想 ◎ベストウォーリア

このレースは中緩みVSぶっ飛ばしの激突で、予想としてもどっちに張るのかで決まるんじゃないでしょうか。
とりあえずわたしはコパノリッキーが内枠に入ればぶっ飛ばし、外枠に入れば中緩み、というのをベースとして最初に決めていました。
さらに後押しするように、タガノトネールとスーサンジョイのぶっ飛ばし代表が外枠。
こうなれば今年はぶっ飛ばしの方、極上の超ハイペース消耗戦を想定します。
明日は不良の高速ダートが濃厚ですしね。
ずばり想定は33秒台です。

 
◎ベストウォーリア

○スーサンジョイ
▲タガノトネール
△コーリンベリー

 
本命ベストウォーリア
正直ベストウォーリアはペースさえ噛み合えばフェブラリーはもう勝っててもおかしくないレベル。
それが見事に毎年コパノリッキーの中緩みコントロールの前に散っているという状況です。
昨年はハイペースだったので格好はつけれましたが、ギアチェンジとなるとコパノリッキーには勝てません。
不安は戸崎君で、流れるとなると福永君のほうが良かったですが、まぁとりあえず今年はラップが噛み合う可能性が高いと見ます。

 
対抗スーサンジョイ
実はこの子を本命にしようかなと思っていました。
小倉千七を最大限評価したということなんですが、やっぱり千四がいいよねっていう結論で下げ…
実力とか時計はタガノトネールの方を断トツ評価はしているんですが、やっぱり大知君がどうかと。
こっちは和田君がずっと乗っていますし、距離に不安はないという一応のコメント。
もう行けるだけ行っちゃえの境地にいてくれてる可能性が高いかなということで。
調教はお笑いネタ。笑

 
単穴タガノトネール
この子は武蔵野Sで惚れちゃいましたね…
2.5秒ハイの中を11.7 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.5ともう一段加速するというパフォーマンス。
とにかくぶっ飛ばして欲しいです。
前走は1秒ハイでも切れ負け、でも明日の馬場なら1秒ハイだとえげつないペースになる。
調教は明らかに上げてきてますし、ケイムホームは東京千四→千六でパフォーマンスアップ。
思い切った騎乗が見たいですね。

 
コーリンベリーはファン買いもありますし、昨年狙ったというのもあります…
でも思ったより条件は揃ってきましたね…
想定より少しペースが上がりきらなかったときの総合力は魅力かもしれません。

 
ノンコノユメはペース合いますが、枠的に下げるしかないとなると、超ハイで中緩みなしと想定した場合、直線までポジションをリカバーできないんじゃないかなと。

もしゆる~いペースになったら(´-ι_-`)ヘーサンレンパカァ…こんな顔してレース見てると思います。

 
単勝 通常 05 20点
ワイド ながし 05 - 08, 11 各5点
ワイド 通常 05 - 13 15点

合計45点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

Feb 20, 2016

ダイヤモンドS 予想 ◎ファタモルガーナ

東京も稍重の想定です。
ほんとに降りますかね?読めません…

このレースってけっこう厳しいペースになります。
こちらも消耗戦かなと思いますが、雨だと仕掛けの意識が少し遅れることが多いので、コーナーで加速しながらのL3最速戦を想定します。

 
◎ファタモルガーナ

○トゥインクル
▲スピリッツミノル
△ペルーサ
△マイネルメダリスト

 
本命ファタモルガーナ
昨年のステイヤーズSで本命を打って7着。
この時はだいぶ状態が悪かったようで、今回は追い切りで上げてきています。
もう一度狙いたいと思います。
昨年のダイヤモンドSで51キロのカムフィーを完封してるわけで、この距離帯ではまだまだフェイムゲームに次ぐ実力馬だと思っています。
この人気はかなりありがたいかなと。

 
対抗トゥインクル
ステイヤーズSでカムフィーに完敗しているんですが、コーナーで速いラップを刻む中、カムフィーは最内を通していて、トゥインクルは外を回しています。
このロスは大きいですし、この着差のせいでカムフィーが人気なら買うのはこっちかなと。
その前の比叡Sもスペースなく脚を出し切っていないですし、今回脚を出し切れれば。
前にいるであろうファタモルガーナとのワンツー狙い。

 
単穴スピリッツミノル
距離はちょっと未知数ですが、重馬場適性はあります。
この子はスロー逃げですし、うまくコントロールして仕掛けの意識が遅れたところを直線入り口で出し抜けば、残る可能性はあるかなと。

 
タンタアレグリア、ホッコーブレーヴは高速巧者なので軽視しました。
良馬場ならタンタアレグリアはスピリッツミノルと交換したいかな。

フェイムゲームは追い切り見てもしんどそうで、58.5・三浦君の二重苦を背負って1番人気はちょっと…
実力は認めますが買えなかったです。

 
馬連 通常 03 - 10 5点
ワイド 通常 03 - 10 10点
ワイド ながし 03 - 01, 04, 14 各5点

合計30点

 
15:10 雨が思ったよりひどそうな気がしますので、トゥインクルからの流しも加えて以下に変更です。
ワイド フォーメーション 03, 10 - 01, 03, 04, 10 各5点
ワイド 通常 03 - 10 5点

合計30点

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

1 56 57 58 59 60 61 62 63 64