toggle
Aug 12, 2017

エルムS 予想 ◎モンドクラッセ

とりあえず馬場が高速ダートになってしまったわけで、時計勝負、高速巧者を狙いたいところです。
こうなるとぶっ飛ばして脚を削いで消耗戦に持っていくという、テイエムジンソクの必勝パターンは少し決まりにくい。
馬場のおかげでそこまでペースは上がりきらないという想定。

 
◎モンドクラッセ
○クリノスターオー

▲リーゼントロック
△テイエムジンソク
△ピオネロ

×オヤコダカ
×コスモカナディアン

 
本命モンドクラッセ
馬場により急上昇、高速巧者モンドクラッセ。
この馬場だとペースはごりごりに上がりにくいですし、切れ味を生かしやすいでしょう。
コーナーで加速、一気のギアチェンジを決めたい。

 
対抗クリノスターオー
こちらも高速巧者クリノスターオー。
この馬は逆にコーナー加速が苦手なので、その弱点が消えるコーナーが緩い札幌では常に押さえておくべき馬。
タイプ的にモンドクラッセにはコーナーで一瞬突き放されますが、モンドクラッセはL1は甘いわけで、勝ち負けはそのあたりの噛み合わせで決まりそうかな。

 
単穴リーゼントロック
まぁ本領はハイペースかなとは思いますが、そのあたりのペース幅は広いです。
高速馬場も良いですし、あとは外外で足りるかどうか。

 
テイエムジンソク、ピオネロもしっかり押さえるべき。

 
3連複 フォーメーション 10, 11 – 01, 04, 05, 09, 10, 11, 12 – 01, 04, 05, 09, 10, 11, 12 各1点
馬連 通常 10 – 11 5点

合計30点

Aug 12, 2017

関屋記念 予想 ◎ダノンリバティ

逃げ馬が多いですが、ハイペースに飛びつくのは危険かなと。
もともとこのレースはややハイ平均かスローの二択になることが多いレースです。
とりあえずマルターズアポジーが行っちゃうと思いますけど番手のマイネル、ウインはフタになる可能性も高い。
ただウインは気性的にきっちりハナを取ったほうが良いタイプでもあるので、番手から前走のようなパフォーマンスができるかというのはけっこう疑問。
ペースは幅を持たせようと思います。

 
◎ダノンリバティ

○ロサギガンティア
▲ウキヨノカゼ

3連複ヒモ
△ウインガニオン
△クラリティスカイ
×ヤングマンパワー
×ダノンプラチナ
×メートルダール
×ブラックムーン
×ロードクエスト

 
本命ダノンリバティ
個人的にはウインガニオンを前走軽視でここはもう買いにくいんですよね。
新潟マイルはあまり向いてないと考えていますので。
となるともう一丁は中京記念で軸にしたダノンリバティのほうになります。

この子はペース幅が広いのが良いし、前走もけっこう厳しいペースを後ろから外外周らされているわけで。
しかもあのときは内が良かったですしね。
もう一度期待して良いかなと思います。

 
対抗ロサギガンティア
昨年も狙いましたが当時は2番人気。
ここまで人気暴落なら迷わず行くでしょう。

まず枠が良いし、大野君なら内でがっつり我慢してギアチェンジを生かしてくる可能性はあります。
外からウインガニオンは早めに動くし、ヤングマンパワーも呼応してくるので、内ぴったりやりすごして一撃。

 
単穴ウキヨノカゼ
福島牝馬Sの消耗戦でハイパフォーマンス。これでちょっと適性がわからなくなってしまった感はありますが、基本的にはスローのトップスピード戦のはず。
スローからのロンスパは強烈で、ウインガニオンとヤングマンパワーの早仕掛けをその後ろから突っ込んでくるイメージ。
けっこう自信あるけどどうですかね?バテ差しズドン。
メートルダールが人気するぐらいならこっちの方がパフォーマンスはすごいですけどねぇ…
まぁメートルダールもペースとポジションが噛み合えば脅威ではありますけど。

 
ワイド 通常 05 – 10 5点
ワイド 通常 10 – 16 10点
3連複 フォーメーション 10 – 05, 16 – 01, 05, 06, 09, 10, 11, 12, 14, 15, 16 各1点
馬単 マルチ 10 – 05, 16 各1点

合計34点

まぁ積極的に買いたいのは上3頭だけですけど。

Aug 6, 2017

小倉記念 予想 ◎フェイマスエンド

2戦連続ラビットかな?でも狙いたい…

 
昨年はかなり馬場が重く、クランモンタナのゴリゴリ消耗ラップがハマりました。
ただ、今年はかなりの高速馬場で、これに台風でどうなるのかな?というところ。
とりあえず高速状態キープの想定で。

 
基本的には流れやすい傾向で、向こう正面からのロンスパになりやすいレース。
ただ馬場が軽いので消耗戦になり切らない可能性も高く、加速ラップを踏みながらもL2でトップスピードをしっかり求められる場合も考慮したいです。

 
◎フェイマスエンド
○ヴォージュ
▲ストロングタイタン
△サンマルティン
△バンドワゴン
×スピリッツミノル

 
上3頭はいずれもスローロンスパ。
ここを軸にしたいと思います。
その中でも七夕賞で狙った2頭を本命対抗。
七夕賞ではラビットでスロー専ながらハイペースを作り上げたフェイマスエンド。
その影響をモロに受けてしまったヴォージュ。
ここはもう一丁で妙味かなと。
ここのラビットならペースじゃなくて仕掛けなのかなって感じですが、どう出ますかね…

 
流れてくればフェルメッツァ、ベルーフ、クランモンタナ、ケイティープライド、シャドウパーティーあたりのチームは怖い。
ただ今回はこちらを罠と見ました。
逆にスローならではのサンマルティン、バンドワゴンの外厩組が人気ですからね。
このあたりが好走してくるならスローなのかなという感じ。

 
3連複 ボックス 01, 03, 07, 08, 10, 13 各1点
ワイド ながし 07 – 01, 03, 08, 10, 13 各1点

合計25点

Aug 5, 2017

レパードS 予想 ◎タガノカトレア

まぁタガノカトレアは追っかけますよ。
エピカリスは頭ひとつ抜けてますが、それ以外では3歳トップだと思っています。

 
基本的に新潟千八はハイペースになりやすく、コーナーで緩むというラップを踏みます。
ノーブルサターンはなにがなんでも行った方が良いタイプですし、サルサディオーネ、エピカリスもいます。
そこそこ時計もかかっていたのでかなりのハイペースを想定。

 
◎タガノカトレア
○サルサディオーネ
▲エピカリス
△タガノディグオ
×ノーブルサターン

 
本命タガノカトレア
なんといってもユニコーンSで強いパフォーマンス。
3秒ハイの中緩み戦で今回と似たようなラップ傾向。
強烈な中緩みで取り付いてぶち抜いた上位差し勢が目立ちますが、東京マイルはこれが強そうに見えてしまいます。
これを番手から5着のタガノカトレアは脅威。

 
対抗サルサディオーネ
エピカリス、タガノカトレアがハイペース適性トップ2だと思いますが次点はこの子。
前走500万下は平均ペースですが、それ以前にハイペース経験もあり下地は十分。
平均ならノーブルサターンも怖いけど今回はこっちで。

 
単穴エピカリス
適性的な不安点はまったくありません。
やはり海外明けがどうかというところ。
普通の状態なら勝っちゃう。

 
ハルクンノテソーロなんかタガノカトレアとは逆にユニコーンSが完全にハマってる側。
ハイペースを内内まわってきましたが今回は外。
消すならここかな。

 
3連複 ボックス 04, 05, 09, 13, 15 各1点
馬単 ボックス 04, 05, 09, 15 各1点

合計22点

Jul 30, 2017

アイビスSD 予想 ◎フィドゥーシア

閃光特別ではイケメンに恥をかかされました。笑
こっちはお願いしますよ~
フィドゥーシアはずっと応援していて、ついに重賞でも1番人気かと感慨深いです。

 
土曜は内枠を狙ってみましたがまったくダメでした…
馬場差というよりはやっぱり外ラチとロスがポイントなんでしょうね。
アイビスは外枠に有力馬が入ったので素直にいきたいと思います。

 
◎フィドゥーシア
○レジーナフォルテ

▲アクティブミノル
△レッドラウダ
×ネロ
×ラインミーティア
×ラインスピリット

 
本命フィドゥーシア
後傾スプリンターで直千はベスト。
千二だとペースに左右されますからね。
特に言うことがないです。勝ち切れるかどうかですね。

 
対抗レジーナフォルテ
正直人気薄だろうと楽しみにしていましたが…
みんなよく見てる…
この子は未勝利戦が直千なんですよね。
そこで55秒というとんでもないタイムを叩き出し、2着に5馬身差。
前走なんかは勝っても平凡だったりしますが、わたしは直千の鬼と見ました。

 
単穴アクティブミノル
この子は初の直千になりますが、ラップ的には完璧に合ってきそうですね。
もうちょっと人気しないと思っていましたが…大外枠引いちゃってね。
ただなんとなく罠っぽいという直感もあり…

 
ネロは昨年本命。
やっぱり斤量が効くコースではあるんですよ。
ちょっと出脚が遅れる。
ちょっと遅れると外にフィドゥーシアがいるっていうのもやっかいですからね。
これで勝ったらすごい。
ただ適性は完璧ですよ。

 
レッドラウダのほうを狙いたいです。
前走スタート遅れてるんですよ。

 
3連単 フォーメーション 10, 14 – 10, 12, 14, 16 – 04, 09, 10, 12, 14, 15, 16 各1点

合計30点

Jul 29, 2017

クイーンS 予想 ◎クインズミラーグロ

札幌千八はコーナー4つ。
最初のコーナーがすぐにやってくるので、ポジションを考えるとスタート直後が大切です。

 
昨年はスローを読んでシャルール、ダンツキャンサーを狙い打ち。
またブログ内検索でもして欲しいですが。笑

 
ただ今年はけっこうポジションを取りたい馬が多いです。
ノットフォーマル、ヤマカツグレース、クロコスミア。
さらに内からスタート決まればアエロリット、トーセンビクトリーも内枠だけにある程度出していく意識は強めか。

 
まぁだからと言って流れる決め打ちもけっこう難しい。
ペースはちょっと読みにくいなと思っています。
仕掛けも鍵を握っていて、札幌はコーナーから流れてくるとL2最速になったとしてもトップスピード戦にはなりませんからね。
ほんとはこれを外から誘発させたかったのがアエロリットかなとも思いますが内に入りましたし。
twitterにも書きましたが、ここはペース幅の広い総合力タイプを軸に据えて、各特化タイプへ流したいと思います。

 
◎クインズミラーグロ

○アドマイヤリード
▲アエロリット
☆クロコスミア
☆シャルール
△マキシマムドパリ
△パールコード
×ヤマカツグレース
×エテルナミノル

 
本命クインズミラーグロ
もっと人気かと思っていました。
内枠巧者、ペース幅も広く万能。
勝ち切る武器はないんですけどね…ほんとにどんなペースでもひと脚使ってきていますからねぇ。
ここは迷いなく。

 
対抗アドマイヤリード
コーナー4つであの末脚を引き出せるかは未知数。
しかもこの札幌千八は常識的に考えると追い込みは決まりません。
ペースも流れるとしんどいタイプですし…
ただこういうバイアスのときのルメール、須貝、ノーザンはね…
適性を追うだけでは勝てない時代なのかと。笑
飛んで欲しいけど。

 
単穴アエロリット
まじめにスタート切って、まじめに典さんが乗れば勝つかな…

 
1頭軸なのでヒモはいろいろ押さえます。
スロー気味にさえなれば、適性的にシャルールなんかすごく良いですけどね。
まぁわたしの昨年の本命馬ですし当然です。

 
ヤマカツグレースなんかは脚が一瞬なのであまり札幌は向きません。
ただポジションと仕掛けのタイミング次第ではあるかな。
逆パターンのパールコード。
早めに動きたいので外枠は良いですが、ちゃんと動くかは微妙です…

 
今回は騎手を全然信用してない予想ですね。笑
勝手にハマるであろうクインズミラーグロ、どうなっても大丈夫なクインズミラーグロ。
以上です。

 
3連複 軸1頭ながし 04 – 02, 03, 06, 07, 08, 10, 12, 13 各1点

合計28点

1 2 3 4 5 48