toggle
May 27, 2018

日本ダービー 予想 ◎ブラストワンピース

まずダノンプレミアムですが、わざわざここで狙う必要はありません。
やはりダービーはすべてがうまくいかないと勝てないと思っています。
そもそも非社台、順調さを欠いて、しがらき天栄とやりあえるかと言われると…
能力は抜けてるとは思いますけどね。

 
正直勝つのはしがらきか天栄のどちらかだろうと。
唯一のしがらきがキタノコマンドール、天栄がブラストワンピース、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノです。

 
◎ブラストワンピース
〇キタノコマンドール

▲ステルヴィオ
△ダノンプレミアム
△ゴーフォザサミット
×アドマイヤアルバ

 
キタノコマンドールと悩みましたが、まだ底を見せていないブラストワンピースを本命。
ダービーだけを狙いすましたと言わんばかり。
こういうパターンでも天栄っていうのは怖いでしょう。
ラップ面でも正直穴はまったくありません。
ポジションを取ってもハイレベルなギアチェンジ、内からもしっかり動ける…
流れてもオッケー。
勝ちそう。

 
勝つのはどっちかだと思っているしがらきのキタノコマンドール対抗。
皐月賞で本命にしました。
この子も能力を評価していて、かなり強い。
皐月賞比較でロスを考えるとステルヴィオよりも強い競馬をしています。
ブラストワンピースに本命を譲ったのは弱点のスタート。
内枠で後ろからズドンでは届かないし、今回はその点ではステルヴィオのほうが自由度が高いです。

 
ステルヴィオも天栄で頭はあり得るとは思うんだけど…
うーん、とりあえずスタートも二の脚も遅い。
ルメールのリカバーにかかっている感じですが、ダノンプレミアムのペースメイクにもよりますしね。
後半の破壊力という点では正直足りません。
頭を取るっていうのはかなり工夫が必要なはずで。

 
勝つのはブラストワンピースかキタノコマンドール。
今回はあまりラップや展開の要素は書いていません。
ダービーって特にそういうの当たらないんで。笑

 
3連単 フォーメーション
05, 08 – 01, 04, 05, 06, 08, 15 – 01, 04, 05, 06, 08, 15
40点

May 5, 2018

NHKマイルC 予想 ◎タワーオブロンドン

苦手の3歳限定レースですが、がんばっていきます。
まず馬場はかなり速いですね。
ハイペースにはまずならない馬場だと思います。

 
展開はとりあえずテトラドラクマ田辺君が行くかなと思います。
強気のレースメイクをしてくるんじゃないかなと。
クイーンCが46.0-47.7で、このペースからL2出し抜きですからね。
マイペースで刻まれると正直行かれると思うので、突っかけるとすれば藤沢厩舎のラビットと見ているファストアプローチですかね。
タワーオブロンドンの進路もケアできる並びではあります。

 
ただ冒頭でも書いたように32秒が出そうな馬場で、46秒で来ても平均ペースになっちゃいますから。
そんなに簡単に後ろを削げる感じでもないです。
しかもタワーオブロンドンは流れて強いですからね。
内からがどうかなとも思いますが、むしろ今回は外は難しいんじゃないかなと考えています。

 
◎タワーオブロンドン
〇プリモシーン

▲ダノンスマッシュ
△テトラドラクマ
△カツジ
△フロンティア
△リョーノテソーロ
△パクスアメリカーナ
△ケイアイノーテック

 
本命はタワーオブロンドンです。
初志貫徹…1番人気ですが1番人気が強いレースです。
とりあえずややスローでも平均でも仕掛けが遅れさえしなければ安定。
テトラドラクマが流してくるでしょうし、パクスアメリカーナあたりも早めに動きたいので、致命的な流れにはならないと思います。
致命的な進路はあり得ます。笑
まぁでもある程度縦長でしょうしね。

 
対抗プリモシーン
最高の馬場に仕上がりました。
まず出遅れると思いますが、この馬場であれば追走はあまり問われそうにありません。
適当に溜めてれば勝手に33秒台で突っ込むでしょう。
天栄は来ると思いますし、個人的には前のテトラドラクマの天栄よりはこっちなのかなと思いました。
タワーオブロンドンの直後さえ取れれば逆転までありそうな。

 
3連複 軸2頭ながし 05 – 07 – 01, 03, 04, 06, 08, 10, 11 各1点

合計7点

Apr 29, 2018

天皇賞・春 予想 ◎サトノクロニクル

馬場は高速馬場想定。
基本的に春天は向こう正面から3角までのポジショニングと進路ですべてが決まってしまうレースです。
なのでそこの展開を読んでいきたいと思います。

 
まずハナですが、ヤマカツライデンがかなり離して大逃げぐらいになるかなと。
阪神大賞典はかなり流れたのに差がつかず厳しかったと思いますし、あれよりは楽になると見ています。
というのも、かなり折り合いを気にする陣営が多いのではないかと。
あと消極的な騎手が多いです。

 
一応ガンコが番手。
クリンチャーはスタートが遅い上に阪神大賞典でかかっているので、まずポジションは取れないと思っています。
内からポジションを取るのがシホウ、カレンミロティック。
本当はミッキーロケットもガンコの後ろぐらいまで行ってくれればかなり怖いのですが、音無さんはたぶん溜めてくるでしょう。
そうなればまったく怖さはありません。
和田さんの独断で乗られるとけっこう怖いんですが…まずスタートが問題ですからね。
同じ理由でチェスナットコートも。

 
この2頭は1枠ですが共通してスタートがダメ。
そして内でシホウ、カレンミロティックの後ろになります。
こうなるとどうしたって内は突けません。
シホウは高確率で落ちてきますし、カレンミロティックの後ろの進路もまずギャンブルです。
内枠に入っていますが、この2頭は向こう正面で外から上がっていかないといけないんですね。
もうこれは消しで良いと思います。

 
ソールインパクト、サトノクロニクル、シュヴァルグランは同じような場所で中団。
たぶんクリンチャーもこの辺りまで落ちてるかなと思います。
この3頭より外の馬は、向こう正面で勝負に行かないとコーナー外回しになるので、正直辛いのは間違いありません。
なのでミルコは間違いなく早めにポジションは取ってくると思います。(折り合いがあるので最序盤は来ないはずです)
ただ内には入れないので、個人的にはそんなに脅威ではないという判断ではあります。
当然押し上げてもソール、サトノ、シュヴァルの外からで、どうしても順番は外から不利。
福永君、川田君、ボウマンなので置き去りにしてガンコあたりまで来る可能性のほうが高いかもしれません。
そのあたり、先行勢はいい加減分かってるとは思うんですけどね。

 
そこでとりあえずミルコトリガーは入ると想定します。
ここで内の3人がどうするか…
三浦君はコーナーで引き上げる乗り方なんてできませんし、ボウマンもまず理解してないはず。
ミルコのやり方を分かってるのは、意外にも藤岡君なんじゃないかっていう期待は少しあるんですよ。
なので向こう正面からガンコ以下は割と流れ始めると。
ガンコはコーナーからじわっと上げてミルコに脚を使わせる。
福永君、川田君は流れるままにのタイプなのでまぁ自然に加速するかな。
そしてこの二人はそれが得意な馬に乗っているという事実はあると…
ならばしょうがない…

 
◎サトノクロニクル
〇ソールインパクト
▲ガンコ
△トーセンバジル

×シュヴァルグラン
×レインボーライン

 
サトノクロニクルは意外と弱点というかそういうのはない舞台なんですよね。
この馬の弱点はコーナーで加速できない点ですが、京都ではそれが緩和されるので。
高速馬場も得意ですし、流れても大丈夫です。
むしろこのサトノクロニクルとソールインパクトは流れて強いわけです。
この2頭は速いラップで脚を削がれないのが武器。
ミルコ、シュヴァルの内にいてさらにガンコの後ろ。(たぶんガンコの外にいるミルコの後ろでもある)
難しいレースでも個人的には迷いのない選択ですよね。

 
ガンコは高速馬場適正は正直未知数なので本命にはしません。
ただ進路、ポジションは最高に良さそうですから一発はありますね。
シュヴァルは置かれるはずですし3着まで。
緩急なく阪神大賞典のような流れになればレインボーラインですが、まぁ枠がちょっと厳しいので3着まで。
高速馬場もしんどい。

 
馬連 ボックス 06, 10, 15 各10点
馬連 ながし 09 – 06, 10, 15 各3点
ワイド ボックス 06, 09, 10 各10点
3連単 フォーメーション
06, 10 – 06, 09, 10, 15 – 06, 09, 10, 11, 12, 15 各1点

合計93点

シュヴァルグラン3着を3連単で狙ってみたいです。
これはオカルトも入ってるんですが、今年のG1の3着馬は…

フェブラリーS インカンテーション→6番
高松宮記念   ナックビーナス  →7番
大阪杯     アルアイン    →8番
桜花賞     リリーノーブル  →9番
皐月賞     ジェネラーレウーノ→10番

なんですよね…
春天の11番は…シュヴァルグランです。

 
長文ありがとうございました!
やっぱ毎週これ無理w

Apr 18, 2018

東京スプリント 予想 ◎ラブバレット

不良馬場ですね。高速巧者を狙っていきます。
メンバー的には先行争いが激しそうな感じですね。
序盤ぶっ飛ばして中緩みの展開かなと思います。

 
◎ラブバレット

〇キタサンミカヅキ
▲ウインオスカー
△ニシケンモノノフ
△ネロ
×サブノジュニア

 
本命ラブバレット
本命がゴリゴリの大穴になってしまいましたが、重馬場の根岸Sでも本命にしてますのでね。
とりあえず道悪では狙いたいんですよね。
今回はネロの後ろをぴったりついていくイメージでかなりやりやすいと思います。
追走レベルは高いし、緩みにも対応できるので条件良いです。

 
対抗キタサンミカヅキ
相手も地方馬。
流れての中緩みを前提としている部分はあるんですが、外からリカバーするイメージで。

 
何気に本命対抗より頭で狙うならこれという感じのウインオスカー
ダートスタートで流れに乗れるかですが、今回は不良馬場なのでいけるかなと。
ギアチェンジを活かして突き抜けたい。

 
ニシケンモノノフ、ネロも消せる条件ではないのできっちり。

 
ワイドでラブバレットから。
3連単ならウインオスカー頭固定。

Apr 8, 2018

春雷S 予想 ◎フミノムーン

土曜はめっちゃ風が強くて寒かったですね。
馬場もやや雨残りだったかなと思いますが、明日はかなり回復するでしょう。
馬場的によっぽど前半速く入らないとゴリゴリにはならないと思います。
8秒台ジャスト想定でも34秒で平均、実際は2年連続で7秒台半ばが出ています。
しかもアクティブミノルは馬的にはあまり飛ばしたくありませんしね。
後傾トップスピードタイプを狙いたい。

 
◎フミノムーン
〇ペイシャフェリシタ

▲スマートカルロス
△ビップライブリー
△セカンドテーブル
×ディバインコード
×アクティブミノル

 
本命フミノムーン
とにかく追走が緩い展開になれば確実に突っ込んでくるタイプ。
高速馬場で後傾になれば何も考えず外からで。
今回はそういうペースに賭けているということです。

 
対抗ペイシャフェリシタ
この馬もまったく同じ感じ。
こっちはちょっと進路のこともあるので対抗にしました。
緩いペースなら。

 
単穴スマートカルロス
まぁこれも同じなんですが、基本的に千二は追走が厳しいタイプです。
後傾からトップスピードを引き出してくるので、ベストは東京千四かなぁとも思いますが、まぁ超大穴ですしそういうペースを想定しているので買っておこうかなと。

 
3連複 フォーメーション
04, 14 – 03, 04, 05, 09, 10, 14, 16 – 03, 04, 05, 09, 10, 14, 16

合計25点

 
ちなみに桜花賞は
◎ラッキーライラック
△リリーノーブル
△アンコールプリュ
△プリモシーン
3連単 1着ながし 01 – 04, 09, 15 6点

Mar 31, 2018

大阪杯 予想 ◎アルアイン

うーん、アルアインになってしまう…
アルアイン買いやすすぎて罠感はすごいです。
でもアルアインになってしまうから。

 
というのもやっぱりね、阪神内回りで純なトップスピード戦っていうのはなかなかならないんですよね。
たとえスローになったとしてもコーナーで加速していく展開になるはず。
そんなにスローにはならないという予想は最初からしてはいますが、あまりにアルアイン、ダンビュライトのラインで狙ってる人が多そうなのでそこは少し怪しいのかもしれません。
ただダンビュライトはスローお手上げでもアルアインはコーナーで分散さえすれば格好はつけられそうなんです。

 
ただ一発という狙いではダンビュライトはもちろん怖い。
浜中君のペースメイクひとつでミッキースワローもスワーヴリチャードも潰せるペースを演出できるわけですから。
それができるのかということだけでね。
たぶんできないけど。

 
◎アルアイン

〇ペルシアンナイト
▲ダンビュライト
△シュヴァルグラン
△サトノダイヤモンド
★サトノノブレス
★スマートレイアー

 
対抗ペルシアンナイト
流れさえすればね。
福永君は相手に全部合わせるだけだから流れると弱点が消える騎手。

 
大穴でサトノノブレスとスマートレイアーを組み込んで無理やり穴狙いにしたいと思います。
スマートレイアーはだいたいギアチェンジに巻き込まれて負けているパターンなので、別に嫌う必要はない条件。
コーナーからロンスパなら強いです。
サトノノブレスも良い条件。

 
セオリー通りいってるとは思うんですけど当たる気がしない。

 
3連複 軸1頭ながし 08 – 02, 04, 05, 06, 10, 14
合計15点

1 2 3 4 5 63