toggle
Aug 12, 2017

エルムS 予想 ◎モンドクラッセ

とりあえず馬場が高速ダートになってしまったわけで、時計勝負、高速巧者を狙いたいところです。
こうなるとぶっ飛ばして脚を削いで消耗戦に持っていくという、テイエムジンソクの必勝パターンは少し決まりにくい。
馬場のおかげでそこまでペースは上がりきらないという想定。

 
◎モンドクラッセ
○クリノスターオー

▲リーゼントロック
△テイエムジンソク
△ピオネロ

×オヤコダカ
×コスモカナディアン

 
本命モンドクラッセ
馬場により急上昇、高速巧者モンドクラッセ。
この馬場だとペースはごりごりに上がりにくいですし、切れ味を生かしやすいでしょう。
コーナーで加速、一気のギアチェンジを決めたい。

 
対抗クリノスターオー
こちらも高速巧者クリノスターオー。
この馬は逆にコーナー加速が苦手なので、その弱点が消えるコーナーが緩い札幌では常に押さえておくべき馬。
タイプ的にモンドクラッセにはコーナーで一瞬突き放されますが、モンドクラッセはL1は甘いわけで、勝ち負けはそのあたりの噛み合わせで決まりそうかな。

 
単穴リーゼントロック
まぁ本領はハイペースかなとは思いますが、そのあたりのペース幅は広いです。
高速馬場も良いですし、あとは外外で足りるかどうか。

 
テイエムジンソク、ピオネロもしっかり押さえるべき。

 
3連複 フォーメーション 10, 11 – 01, 04, 05, 09, 10, 11, 12 – 01, 04, 05, 09, 10, 11, 12 各1点
馬連 通常 10 – 11 5点

合計30点

Aug 12, 2017

関屋記念 予想 ◎ダノンリバティ

逃げ馬が多いですが、ハイペースに飛びつくのは危険かなと。
もともとこのレースはややハイ平均かスローの二択になることが多いレースです。
とりあえずマルターズアポジーが行っちゃうと思いますけど番手のマイネル、ウインはフタになる可能性も高い。
ただウインは気性的にきっちりハナを取ったほうが良いタイプでもあるので、番手から前走のようなパフォーマンスができるかというのはけっこう疑問。
ペースは幅を持たせようと思います。

 
◎ダノンリバティ

○ロサギガンティア
▲ウキヨノカゼ

3連複ヒモ
△ウインガニオン
△クラリティスカイ
×ヤングマンパワー
×ダノンプラチナ
×メートルダール
×ブラックムーン
×ロードクエスト

 
本命ダノンリバティ
個人的にはウインガニオンを前走軽視でここはもう買いにくいんですよね。
新潟マイルはあまり向いてないと考えていますので。
となるともう一丁は中京記念で軸にしたダノンリバティのほうになります。

この子はペース幅が広いのが良いし、前走もけっこう厳しいペースを後ろから外外周らされているわけで。
しかもあのときは内が良かったですしね。
もう一度期待して良いかなと思います。

 
対抗ロサギガンティア
昨年も狙いましたが当時は2番人気。
ここまで人気暴落なら迷わず行くでしょう。

まず枠が良いし、大野君なら内でがっつり我慢してギアチェンジを生かしてくる可能性はあります。
外からウインガニオンは早めに動くし、ヤングマンパワーも呼応してくるので、内ぴったりやりすごして一撃。

 
単穴ウキヨノカゼ
福島牝馬Sの消耗戦でハイパフォーマンス。これでちょっと適性がわからなくなってしまった感はありますが、基本的にはスローのトップスピード戦のはず。
スローからのロンスパは強烈で、ウインガニオンとヤングマンパワーの早仕掛けをその後ろから突っ込んでくるイメージ。
けっこう自信あるけどどうですかね?バテ差しズドン。
メートルダールが人気するぐらいならこっちの方がパフォーマンスはすごいですけどねぇ…
まぁメートルダールもペースとポジションが噛み合えば脅威ではありますけど。

 
ワイド 通常 05 – 10 5点
ワイド 通常 10 – 16 10点
3連複 フォーメーション 10 – 05, 16 – 01, 05, 06, 09, 10, 11, 12, 14, 15, 16 各1点
馬単 マルチ 10 – 05, 16 各1点

合計34点

まぁ積極的に買いたいのは上3頭だけですけど。

Aug 6, 2017

小倉記念 予想 ◎フェイマスエンド

2戦連続ラビットかな?でも狙いたい…

 
昨年はかなり馬場が重く、クランモンタナのゴリゴリ消耗ラップがハマりました。
ただ、今年はかなりの高速馬場で、これに台風でどうなるのかな?というところ。
とりあえず高速状態キープの想定で。

 
基本的には流れやすい傾向で、向こう正面からのロンスパになりやすいレース。
ただ馬場が軽いので消耗戦になり切らない可能性も高く、加速ラップを踏みながらもL2でトップスピードをしっかり求められる場合も考慮したいです。

 
◎フェイマスエンド
○ヴォージュ
▲ストロングタイタン
△サンマルティン
△バンドワゴン
×スピリッツミノル

 
上3頭はいずれもスローロンスパ。
ここを軸にしたいと思います。
その中でも七夕賞で狙った2頭を本命対抗。
七夕賞ではラビットでスロー専ながらハイペースを作り上げたフェイマスエンド。
その影響をモロに受けてしまったヴォージュ。
ここはもう一丁で妙味かなと。
ここのラビットならペースじゃなくて仕掛けなのかなって感じですが、どう出ますかね…

 
流れてくればフェルメッツァ、ベルーフ、クランモンタナ、ケイティープライド、シャドウパーティーあたりのチームは怖い。
ただ今回はこちらを罠と見ました。
逆にスローならではのサンマルティン、バンドワゴンの外厩組が人気ですからね。
このあたりが好走してくるならスローなのかなという感じ。

 
3連複 ボックス 01, 03, 07, 08, 10, 13 各1点
ワイド ながし 07 – 01, 03, 08, 10, 13 各1点

合計25点

Aug 5, 2017

レパードS 予想 ◎タガノカトレア

まぁタガノカトレアは追っかけますよ。
エピカリスは頭ひとつ抜けてますが、それ以外では3歳トップだと思っています。

 
基本的に新潟千八はハイペースになりやすく、コーナーで緩むというラップを踏みます。
ノーブルサターンはなにがなんでも行った方が良いタイプですし、サルサディオーネ、エピカリスもいます。
そこそこ時計もかかっていたのでかなりのハイペースを想定。

 
◎タガノカトレア
○サルサディオーネ
▲エピカリス
△タガノディグオ
×ノーブルサターン

 
本命タガノカトレア
なんといってもユニコーンSで強いパフォーマンス。
3秒ハイの中緩み戦で今回と似たようなラップ傾向。
強烈な中緩みで取り付いてぶち抜いた上位差し勢が目立ちますが、東京マイルはこれが強そうに見えてしまいます。
これを番手から5着のタガノカトレアは脅威。

 
対抗サルサディオーネ
エピカリス、タガノカトレアがハイペース適性トップ2だと思いますが次点はこの子。
前走500万下は平均ペースですが、それ以前にハイペース経験もあり下地は十分。
平均ならノーブルサターンも怖いけど今回はこっちで。

 
単穴エピカリス
適性的な不安点はまったくありません。
やはり海外明けがどうかというところ。
普通の状態なら勝っちゃう。

 
ハルクンノテソーロなんかタガノカトレアとは逆にユニコーンSが完全にハマってる側。
ハイペースを内内まわってきましたが今回は外。
消すならここかな。

 
3連複 ボックス 04, 05, 09, 13, 15 各1点
馬単 ボックス 04, 05, 09, 15 各1点

合計22点

Aug 3, 2017

2017重賞チャレンジ 7月成績

6月成績はこちら
5月成績はこちら
4月成績はこちら
3月成績はこちら
2月成績はこちら
1月成績はこちら

 
2017年 7月

●ラジオNIKKEI賞(0/24)
●CBC賞(0/25)
●七夕賞(0/33)
○プロキオンS(28.1/25)112%
○函館記念(153/30)510%
●函館2歳S(0/34)
●中京記念(0/34)
●クイーンS(0/28)
●アイビスSD(0/30)

 
7月
的中率 22%(2/9)
回収率 69%(181.1/263)

通算
的中率 24%(17/72)
回収率 172%(2842.6/1657)

 
うおー負けました…7月は得意でしたが…

 
平場・重賞トータル成績(リアル馬券成績)

めっちゃズルズルと負けてますよ!
ちょっと不運も多いですが、思いきりの良さは確かに減ってしまっているかも。
今年は福島がツラかったぁ…そしてムキになった…
8月は流れが変わるといいなと思います。
とにかく全部勝ちたいという気持ちでやってるのは間違いなしです。

 
平場予想をブログに書くのはいったん中止します。
ちょっと作業に疲れました。(^ヮ^;)
twitterで書けるときは書きますし、聞かれたレースは答えます。

 
 
 
【参考記録】

2016年7月

●ラジオNIKKEI賞(0/40)
●CBC賞(0/35)
●七夕賞(0/35)
●プロキオンS(0/30)
●函館記念(0/28)
●函館2歳S(0/50)
○中京記念(147.5/25)590%
○クイーンS(968.3/55)1761%
●アイビスSD(0/45)

 
7月
的中率 22%(2/9)
回収率 325%(1115.8/343)

Aug 1, 2017

クイーンS 回顧 ノリさんの策にまんまとハマる

12.2 – 11.2 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.9 – 12.1 – 11.5 – 11.9 = 46.8-47.4 = 1:45.7

 
まぁレース前からアエロリットがハイペースに持ち込めば、追走で相手になる馬はいないというのは分かっていました。

 
ただ逃げずに内でロスなく運ぶほうを選択するかなと!

 
追走で後ろの脚を削ぐというほんとに好みの馬なんですが、ノリさんが乗っているのでいつも本命にできないという、ものすごくもどかしい馬です…
ツライ…

 
個人的にはもうここでその乗り方しちゃうの?という感じです。
この乗り方は強いですが、気性的なことも考慮して前哨戦では使わないほうが良いと思うんですけどね。
正直ここはテキトーに遊ぶと思っていました。
このレースだけ見ればもちろんパーフェクト。
ノリさんがポーンと飛びだした時点で勝ったなぁと思いました。

要は余裕綽々のアエロリットとの差を詰めるために後ろは脚を使い切っちゃってるんですね。
ここで内で溜めていた馬が残ってくるという感じです。
基本通りではあります。

 
結局アエロリットが逃げないと思っていたっていうのが全体に響いてます…
おかげで外の差し馬を無駄に押さえてますからね。(パリ、ミノル、パールコード)
アエロリットの動きを無意識に決め打ちしてたような感じ。
軸は万能のクインズミラーグロで!とか言ってるのに、アエロリットの動き方ひとつで他が崩壊しちゃいました。

 
そして内のトーセンビクトリーを消してしまうという。
競馬をやっているといつも馬券的に合わない天敵のような馬が現れることがあると思いますが、わたしにとってはまさにこれ。

 
大負けした馬は基本的に追走がまったくできていません。
マキシマムドパリ、パールコードなんかやっぱり千メートル台で買っちゃダメな馬だなと思いました。

 
夏競馬は適性に素直にいっちゃって良いので、8月はもう一度落ち着いて一発狙いを心掛けていきたいと思います。

1 2 3 4 5 96