toggle
Aug 5, 2018

小倉記念 予想 ◎トリオンフ

タグ: ,

小倉記念はいつもペース予想に悩みます。
基本的にはハイペース消耗戦なんですけど、馬場が高速なんですよね。
昨年もやはりそこが引っかかって上がりきらない予想で組み立てたんですが、やはりのハイペース。
しかし今年は少頭数。
うーん、今度こそでしょう…
平均ペース想定。

 
だって土曜日もめちゃくちゃ時計が速い。
9Rの二千、57秒台ですもんね。
ハイペースにしようと思ったらめちゃくちゃなペースで前半流さないといけません。
豊さんがこういう時はうまく刻みそうっていうのもあるし。

 
◎トリオンフ

〇ストーンウェア
▲キョウヘイ
△サトノクロニクル
×ストロングタイタン

 
本命トリオンフ
豊さんのラップコントロールがハマってくれば、頭はこの馬が近いのかなと思っての本命。
ロンスパに強いわけではないし、どちらかと言えば脚は一瞬タイプで、小倉記念は本質的には合ってない感じはする。
ただペースが上がってもその脚が使えるというところが武器。
ペースメイクが重要な馬で、豊さんに期待してみようかなという感じ。

 
対抗ストーンウェア
穴はマウントゴールドかストーンウェアだなと思っていたけど、マウントゴールドのほうが注目されちゃってるかな。
確かにマウントゴールドはかなり条件的に合っている舞台で、前目から早めに動いての消耗戦で強い。
ただ今回は強引な早仕掛けでは削ぎ落とせないメンバーなのは間違いなくて、内で少し待った上で粘りたいと個人的には思ってた。
ストーンウェアの強みは高速巧者でペース不問。
問題はスムーズにエンジンをかけられるかどうか。
まぁ早めに外からっていうイメージで蛯名さんは合うし、L1まで粘りこめる絵は浮かぶけど。

 
単穴キョウヘイ
この子はやっぱり高速馬場が向いてないっていうイメージを逆手に取りたい。
高速馬場でもバテ差しならそこそこやれているので、つまり不良馬場はバテ差しになりやすいからそういう印象が強くなってるだけかもしれない。
あとは進路。

 
サトノクロニクルの弱点と言えばコーナーで動けないことですが、こういう早仕掛けの意識が高くなる舞台は合うかなと。
ミルコももちろんそういう意識が高い騎手。
あとは追走がちょっと足りないので、そこは豊さんのペースメイクに左右されそう。
まぁあまり上がらない想定なので。

 
高速巧者ストロングタイタンは押さえます。
この子もちょっと追走が問題ではある。

 
どういうペースになるか楽しみですね。

 
3連複 軸1頭ながし 11 – 01, 03, 04, 10
3連単 1着ながし 11 – 01, 03, 04, 10

合計18点

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事