toggle
Mar 12, 2018

金鯱賞 回顧 大阪杯にアポジーを出すんだ!

タグ: ,

重賞の馬券はあまりやる気が起きないけど終わってからやんや言うのは実は楽しい。笑

 
13.3 – 11.9 – 13.1 – 12.9 – 11.8 – 12.4 – 12.0 – 11.4 – 11.2 – 11.6
63.0 – 58.6 = 2:01.6

 
4秒以上のスローですね。
まぁこれは割と予想通りではないでしょうか。
問題は仕掛けを遅らせたいミルコスワーヴと早めに動きたいルメールサトノの対決。
ルメールが動きたい向こう正面までの部分で、ルメールが動けないようなポジションを構築していったところがミルコ桁違いというしかありません。

 
さらに一体ノブレスはどっちの味方だというぐらいにミルコのかわいがりがうまかったなぁと。
ほんとのギリギリまで捉えに動かなかったのは馬の適性を生かすためでもありましたが、後続に仕掛けのトリガーを引かせないため。
後ろを金縛り状態にしました。

 
やはりサトノダイヤモンドはギアチェンジがそんなに大したことないので、これだけコントロールされるとツラいところ。
L1でようやくっていう感じなので展開が噛み合えば思った以上にまだやれるんじゃないかなという印象を持ちました。

 
本番の大阪杯はもっと流れると思うのでスワーヴリチャードはそれもちょっと嫌だろうなと思いますし、サトノダイヤモンドはまだ可能性があります。
それこそ個人的にはマルターズアポジーに出てきていただきたい。
ペースは上げるわ、コーナーから仕掛けてくるわで、これたぶん天敵じゃないかなと思うんですよね。笑
スワーヴぶっちぎり1番人気でしょうし、こうなるとマルターズアポジー、サトノダイヤモンドの馬券買っちゃうでしょう。

 
メートルダールがやたら穴で名前出てたから絶対来ないわと思いましたが、サトノダイヤモンドの外から差しに行ってておもしろかったです。笑

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事