toggle
Nov 16, 2017

ワグネリアン 考察(東スポ杯2歳S 展望)

タグ:

今日はめっちゃヒマなのでワグネリアンでも見てみようかなと。
新馬戦から見て行きますよ!

 
新馬戦 中京芝ニ千

13.6 – 12.4 – 14.2 – 13.5 – 13.3 – 12.2 – 12.4 – 11.2 – 10.9 – 11.0
67.0-57.7 = 2:04.7

 
10秒近いスロー!見たことない笑
後半はL3最速戦です。(とにかく前半が遅い)

まず、この馬は瞬発力がすごいと世間で思われている気がしますが、実はエンジンのかかりがやや遅めです。
どちらかと言えばギアチェンジよりは持続タイプ。
ここはしっかり理解しておいたほうが良さそうです。
まぁそれでも高いレベルでの話ではあります。

前半は10秒近いスローですが折り合いがついています。
このあたりは乗りやすそうですね。

 
野路菊S 阪神芝千八

12.6 – 11.7 – 12.6 – 12.9 – 12.9 – 12.1 – 11.5 – 11.4 – 11.6
49.8-46.6 = 1:49.3

 
3秒スローからのL3勝負。(最速はL2だけど)
後方からなので自身はさらにスローですが、今回も折り合いはばっちり。

ただ、やはりエンジンのかかりは遅いです。
エンジンがかかってからは圧巻のパフォーマンスで、L2からは自身かなりの時計で差してきてると思います。
この日は重馬場で、そのあたりもラップ的には向いたかなと。
血統はどうですかね、おもしろい感じだけどうまく説明できない。笑

 
正直東スポ杯は、条件的には不安なし!でしょうね。
今回も少頭数ですし、ペースも上がらなさそう。
弱点が見えてくるレースではありません。

 
逆にライバルのルーカスはちょっと東京はどうだろうというのは感じます。
ワグネリアンとはタイプが逆で、器用なギアチェンジタイプ(っぽい)
ただムーアには合う馬だと思います。
馬場が良ければ出し抜きでチャンスはありそうです。

馬は強いですがタイプが合わないのはワグネリアンの方。
福永君はスペースを潰すし仕掛けも遅いです。
まぁまだその弱点が出ない舞台設定(長い直線、少頭数)ではありますが、今後の不安はハッキリと騎手になってきそうです。
(´-`).。oO(この馬はミルコっぽい馬だわぁ)

 
ただ東スポ杯までは◎ワグネリアン
高速馬場で福永君の後方待機は正直怖いけどね…まぁまだここは大丈夫でしょ…

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事