toggle
Oct 19, 2017

富士S ラップ傾向

タグ:

富士Sのラップ傾向は過去10年、

平均ペース:5/10、どスロー:3/10、スロー:2/10

 
ここ4年は連続してどスロー。
それ以前は平均ペースで流れることが多かった、というような傾向です。
近年は傾向が変わったと見るか、平均までケアするかどうか。
ただスローでもコーナーで大きく緩むことがあまりありません。
馬券内は先行馬が多く占める理由はここでしょう。

 
次に後半の傾向。

L3最速:7/10、L2最速:3/10

 
L3最速になる可能性が高いレースです。
また、L2最速時もL3は速く、ギアチェンジも大事ですが持続が重要になります。
前から強烈なギアチェンジをしてくるイスラやエアスピがいますが、L1で持続型が突っ込む可能性はあるでしょう。

 
想定人気は
イスラボニータ、エアスピネル、ペルシアンナイト、グランシルク

 
イスラボニータはL1がとにかく甘いので勝ち切れるかどうかがポイント。
レースはL3最速率が高いので、外枠なら止まる可能性は高いです。
でもルメールはイスラの甘い点は理解してますからね。馬券内は堅いかも。

 
エアスピネルも似たようなタイプですが、こちらのほうが脚は持ちそう。
この2頭はポジション差が大事ですね。あと枠と。
エアスピネルのほうが外枠からやれそうです。
イスラより前を取っていれば瞬間的に出し抜かれてもL1で際どいはず。

 
ペルシアンナイトはペース幅が狭い。
幸い傾向はスローですが、次は折り合いがしんどい。
人気の割にはかなりギャンブルな馬ではありますね。

 
グランシルクはスローだといくら田辺君が早めにエンジンをかけてやったとしても届かないと思いますね。
ギアチェンジを問われない本番京都で田辺君ならそっちで狙いたいところです。

 
持続の怪物ブラックムーンは不動明王、スペース潰しと相性最悪の戸崎君なので、まずないかなぁ。

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事