toggle
May 18, 2017

距離や重馬場の適性って?

タグ:

今年はソウルスターリングのこともあるのでわたしの考えを書いてみます。
正しいかどうかは知りません。笑

 
競馬をやっていると必ず距離適性がどうだとか、重馬場が得意かどうか、といった話が出てきます。
実際それはあるんだと思います。
スタミナや飛びの大きさ、蹄の形、もちろん血統など…
それは個人が持つ予想ファクターで予想していけば良いと思います。

 
ただ、わたしは一切気にしません。

 
では何を気にするのか。

 
距離が変わって、馬場が良から重に変わって、「ラップがどう変わるのか」ということです。
その変化後のラップに検討している馬が対応できるのかどうか。
これだけです。
だからわたし的には距離適性がどうだ、重馬場がどうだとかは考えることがありません。

 
先週の京王杯SCでも重馬場が苦手とされるクラレントがきました。
そもそも重馬場が苦手なのか?
そんなことは知りません。
ただスローの「ギアチェンジトップスピード戦」は得意だけど「消耗戦」は苦手だということはわかります。

 
実際、京王杯SCは重馬場だけどギアチェンジ戦になりました。
雨が降ると消耗戦になりやすいということはあります。
ただそれで重馬場が苦手という判断を下すというなら、それはなんの意味もないジャッジです。

 
距離についてもだいたい同じです。
距離が変わることでラップがどう変化するのか。

 
たとえばレーヌミノルですが、この子はハイペースで厳しい流れを作っての消耗戦でハイパフォーマンスを見せています。
基本的に距離が延びればラップはゆったりになっていきます。
ということは距離延長はマイナスだということになります。
馬場と同じで、スタミナがどうだとかは知りません。
ただ距離延長することにより、自分の得意のラップを構成しにくくなる、ということはわかります。

 
この距離適性には「追走」というファクターが大きく影響します。
千二でついていけないなら距離延長して追走できるペースの距離に行けば良いでしょう。
逆に追走レベルが高いのに中距離を走ってはせっかくの追走が無駄になります。
これもレーヌミノルに言えますね。
今回のオークスのレーヌミノルは、自身の武器を全部取りはらって挑むレースということです。

 
自身の追走というのはどこかの距離でちょうど武器に変わるときが来ます。
これがわたしの距離適性です。
ただこれにはやはり多少分析できるだけのキャリアが欲しいです。
これが3歳クラシック路線は非常に難しいのです。
トライアルはスローばかりですから、いざ本番で明確に追走を問われたときにどこまで後半要素を引き出せるのか、ですね。

 
とりあえずこれがわたしの考え、というか予想方法?

 
オマケでオークスの話。
大人気リスグラシューですが…
この子は阪神JF、桜花賞というタフな馬場でソウルを追い詰め逆転。
高速馬場のチューリップ賞で完敗しています。
桜花賞のラップは
12.7 – 10.9 – 11.1 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.9 – 12.8 = 46.5-48.0 = 1:34.5
という1.5秒ハイの消耗戦です。
オークスがこんなラップを刻むでしょうか?
何が起こるかはわかりませんので刻むかもしれませんが、可能性は低いと見ています。
つまり今年の桜花賞はオークスとは真逆のラップを刻みそうで関連性は低い、という結論になります。
(ただし東京の土曜の馬場を見るまではわかりません。念のため。)

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

コメント2件

 犬の | 2017.05.18 23:31

すごいしっくりきました!!!!!

 RINA | 2017.05.19 16:46

ありがとうございます。
ただ無理やりしっくりこさせるような書き方をしてるような。笑
何が正しいかはわからないので自分の好きなファクターを信じて1年買ってみるのが大事と思います。

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事