toggle
Apr 2, 2017

大阪杯 予想 ◎マカヒキ

タグ: ,

ダメだ、どうしてもマカヒキが離れない。笑

 
さて馬場ですが、意外に日曜は軽くなってくるんじゃないかと思い始めました。
土曜は渋っていたのは間違いありませんが、そんなにひどくはありません。
時計もそれなりには出ていたし、ディープもよく来ています。
先週のベースはそこそこ高速でしたしね。

 
展開はまずマルターズアポジー、ロードヴァンドールですが、ロードのほうはそんなに速くないです。
キタサンもアポジーは行かしてロードまでは待たない気がします。
とりあえず豊さんの番手コントロールが濃厚ですよね。

 
そしてもうさすがにキタサンブラックは軽視されないでしょうし、後ろはコーナーから速めに動いてくるでしょう。
特に馬の特長とも合致したミルコはまず来ますし、おそらくヤマカツエースもそれに呼応してきます。
それに合わせてキタサンは段階的に加速を踏んで脚を削いでくると。
まぁ普通に考えるとこれしかないという感じ。

 
その頃マルターズアポジーはどうなっているかというと、当然キタサンブラックを前で受ける態勢。
あとはブッシーがびびらずにコーナーで飛ばしきれるかどうか。
それでもL4、L5レベルの段階加速を踏んできたときに粘りきれるのかどうか。
コーナー突入までにかなりのセーフティリードが必要かもしれません。

 
そしてこういう展開におそらく付き合わない不動明王ルメールと福永君。
付き合ってくれればアンビシャスは勝ちきるポテンシャルがあるはずなんですけどね。

 
まぁこれ普通に考えると豊さん、ミルコ。
でもなぁ…

 
◎マカヒキ
○キタサンブラック
▲サクラアンプルール
△アンビシャス

 
本命マカヒキ
やっぱり凱旋門、京都記念と適性外のレースが続いているのは間違いないんですよ。
トップスピード戦ではないですから。
そして高速巧者。
正直今回は「意外と高速状態じゃないの?」というギャンブルには出た形です。

仕掛けに対しては万能だと思っていて、ロンスパでも仕掛け遅でもトップスピード戦なら自信を持って推せるレベル。
アンビシャスとマカヒキは悩むところで、中山記念のように5F勝負に福永君が持っていければアンビシャスだと思うんです。
なんせ11.1 – 11.6 – 11.6 – 11.3 – 11.7を外ぶん回しで持続できるような馬ですから。
ただ福永君はそんな動き出しできない可能性のほうが高いですよね。
踏み遅れるなら瞬間の反応でマカヒキかなって。

 
対抗キタサンブラック
まぁ隙なしですね。
出来の部分で勝ち切れるかどうかという感じ。
宇治田原帰りは正直なところ圏内は鉄板級ですけどね…

 
単穴サクラアンプルール
ノリさんアンビシャスにめっちゃ勝ちたいかも。笑
本気ならけっこう怖いと思います。
中山記念はハマってますが、L5持続戦を内々回って…って今回もけっこうそんな感じですよ。

なんといっても並び的にキタサンブラックの直後が取れそうです。
キタサンはコーナーで自身の進路確保、後続けん制、アポジー交わしのために、コーナー外に張ってくるはずなんですよ。
キタサンの進路使って内から一発は狙っておこうかなと。

 
サトノクラウンね。
消したらダメな気はしますがギャンブル。
追走とトップスピード戦NGですから…マカヒキ狙うならしょうがない。

 
3連単 ボックス 05, 06, 12, 14 各1点

合計24点

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事