toggle
Dec 20, 2016

有馬記念 展開予想

タグ:

なんかバタバタしてる内にもう有馬です。

 
ペースバランスとしては毎年バラバラです。
一応近年はどスローになることが多く、現在2年連続3秒スロー。
出走メンバーによるところが大きいので、しっかりメンバーを見ていく必要があります。

 
ただコース形態上、決まった傾向も見受けられます。
中山のレース考察ではよく言っていますが、二段階加速の仕掛けです。
有馬記念はL2最速が過去7/10なんですが、その前にまずL5でいったん加速することが多いです。
後ろの馬はコーナーからマクっていかないと間に合いませんから、L5でじわっとレースが動き出すイメージになります。
もちろん本仕掛けはL2地点ですが、コーナーから段階的に加速していける馬が一番でしょう。

 
今年は完璧に合致するキタサンブラックという先行馬がまずいます。
素直に行くならもうこれで堅いですが、ジャパンカップ東京で軽視して勝たれて、次も軸っていうのは個人的には嫌なパターンなので悩みどころです。
ゴールドシップの春天軽視勝たれる→条件揃った宝塚惨敗の流れによく似ています。
なのでわたしはキタサンブラックがジャパンカップを勝った時点で、あーもう有馬の予想やりにくいなと思ってしまいました。

 
後ろからの場合は早めにマクっていくステイヤータイプ。
こっちはシュヴァルグランの信頼度が一番かなと思っています。
アルバートやミッキークイーン、ヤマカツエースなんかも同じくですが、このタイプはやはり騎手がすべてを握っているところがポイントでしょうね。
きっちり早めに動いて脚を出し切る騎乗ができるかどうか。
同タイプは多いので、今年は早い段階から一気にキタサン目掛けて押し寄せるような展開かもしれません。
まぁマルターズアポジーがさらに前でぶっ飛ばしてるかもしれませんが…

 
逆にスロー前受けトップスピード戦のゴールドアクター、サウンズオブアース。
マルターズアポジー大逃げならこのあたりがフタでしょう。
キタサンブラック、ゴールドアクター、サウンズオブアースが作っていくとすればやはりどスロー。
マルターズアポジーがひとり飛ばすか、逃げずに団子の超スローになるかっていうところがとりあえず想定しやすい展開でしょうか。

 
意外にサトノダイヤモンドがふわふわした存在だったりしますね。

 
とりあえずの結論はマルターズアポジーぶっ飛ばし、以下どスロー。
向こう正面L5から一気に動き始めるも、そこまでペースは上がり切らず。
福永君、戸崎君じゃ行き切れないはずで…結局L2最速トップスピード戦。

となると、そろそろサウンズオブアースかな?
デムルメ豊っぽい気がしてきました。

 
枠がないのでとりあえずこのぐらいで。
大穴展開のハイペースに張るっていうのもまたギャンブルですけどね。
まぁ週末までころころ変わると思いますけど。笑

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事