toggle
Oct 20, 2016

富士S 展開予想

タグ:

わたしの好きな重賞、富士Sです。
今年はかなり骨っぽいメンバーになりました。
おかげで荒れそうな気がしません。笑
荒れるときは半端ない荒れっぷりになるレースなので好きなんですが…まぁここは大人しくしておいて菊花賞でバカ荒れでも良いです。

 
それではいつも通り過去10年ラップ検証から。
ペースは平均が6/10ですが、ここ3年はすべてスロー(内2回は2秒以上)になっています。
今年のメンバーを見るとぱっと見はスローかなと思いますが、こういうときはよく裏をかかれるイメージもありますね。
まぁスローか平均かで上位人気陣の細かい優劣はあります。

 
仕掛けは特徴が出ていてL3最速が6/10、L2最速の年も急な加速をしているわけではありません。
そしてL1は落ちる傾向なので、トップスピードの持続が最重要になります。
脚を出し切れるラップになりやすいということとトラックバイアスを考えても、差し馬が優勢とみて良いでしょう。

 
全体的なバランスで見ればロードクエストが安定株。
マイルだとスローのほうが良いだろうと思っていましたが、前走の京成杯AHで平均の中緩みなしというペースに完璧に対応してみせました。
この一戦は大きかったですね。
回顧ではロードクエストらしからぬ競馬に少し驚いたようなことも書きました。

 
切れ味特化になるとダノンプラチナ、前から強烈なギアチェンジのイスラボニータ。
このあたりは富士Sの傾向としては一段下げではあります。
状態がわかりにくいんですよね、この2頭は…
消しにくいので押さえるしかないという感じにいつもなっちゃいます。
ただイスラボニータにルメールは相性抜群な予感です。
前目で待って待ってのギアチェンジタイプにルメールは合うんですよね。

 
ヤングマンパワーはどスローの切れ負けが不安ポイント。
トップスピードのガチ勝負だとちょっと厳しいですね。
同じくフルーキーも。
まぁフルーキーはどこもちょっとづつ足りていないので、怖いのは唯一ミルコになりますかね…
あと問題はこの2頭が猛威をふるう天栄、しかも戸崎君とミルコということです。

 
消せる馬がいないじゃないか!という感じなんですが、まぁなんとか穴馬チョイスでセンスを見せるしかないですね。
人気馬もどれかは消すと思います。
フルーキーかな。
まぁ人気馬もそんなに適性がドンピシャって感じはしてないんですけどね。
地力があるのがねぇ…

 

人気ブログランキング
 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

最新記事