toggle
RINALAP RINALAP RINALAP
Nov 18, 2017

マイルCS 予想 ◎レッドファルクス

タグ: ,

馬場はタフで、トップスピードと追走が問われにくい状態です。
騎手の意識からもあまり行かないと思いますし、上がっても平均ぐらいで収まるんじゃないかなと。
ムーアもそういうペースコントロール的な意識は頭にないタイプですよね。
とにかく溜めてきそうな気がします。

 
先行勢、まぁマルターズアポジーは単独でなにやらかすか微妙ではありますが、あまりペースを上げたいタイプがいません。
マルターズアポジーはコーナーから分散させてくるラップが得意ですし、下り坂からの勝負にはなってきます。
それを押し上げてスタミナ切れにならない馬、きっちり持続できる馬を選びました。

 
◎レッドファルクス
○クルーガー
▲ヤングマンパワー

△サングレーザー
△マルターズアポジー
△イスラボニータ
△ウインガニオン

 
本命は3頭甲乙つけがたい感じですが、押し出されてレッドファルクスにしました。
この馬はたぶん高速馬場のほうがパフォーマンスは高いんじゃないかとは思うんですけどね。
そこだけ少しひっかかるところはありますが。
まぁ重馬場でも勝ってますし、ペース次第で馬場不問の可能性もあります。

距離はまったく気にしていなくて、気にするのは追走ペースだけ。
そういう意味では今回は重で良いのかもしれません。
トップスピード戦が良いとは思っていて、トップスピードの問われにくい馬場で矛盾する本命にはなりますが、タフ馬場で無理やりトップスピードを引き出してくるイメージなんですよね。
エンジンがかかればどこまでも伸びて行きそうなレースをしてきました。

山元帰りも良いですね。
ミルコ、今回はミスったな!

 
対抗クルーガー
重馬場、スローロンスパってもうこれ以上の条件はとりあえずありません。
マイル以上でも結果を出していますしね。
前走で穴を開けてしまっているのはちょっと嫌ですが、まぁここしかないなということで。
しがらき2戦目で上げてくるパターンではあります。

 
単穴ヤングマンパワー
まぁほんとは本命なんですけどね。笑
あまりフィーチャーさせるのも嫌なのでここにひっそりと置きました。

最後の粘り越しを発揮するには、とにかく追走が問われてはいけない馬。
ペース条件さえ整えばというところです。
今回はかなり可能性はあるかなと。
まぁずっと買い続けてますので特徴は過去記事検索でもしていただければ!
イケメン頼んだ!

 
重馬場だとアメリカズカップ、ダノンメジャーもけっこう怖いんですが、明日は雨自体は降らなさそうではあるので消しました。
エアスピネルは馬だけだと買いたいんですけどね。
まぁ余裕のある人は押さえてください。
ただずっと厩舎置きっぱなしの2戦目…うーん。

 
3連複 ボックス 03, 04, 07, 08, 10, 12, 16 各1点
馬連 ボックス 03, 04, 07, 10, 12 各1点

合計45点

   
Nov 16, 2017

ワグネリアン 考察(東スポ杯2歳S 展望)

タグ:

今日はめっちゃヒマなのでワグネリアンでも見てみようかなと。
新馬戦から見て行きますよ!

 
新馬戦 中京芝ニ千

13.6 – 12.4 – 14.2 – 13.5 – 13.3 – 12.2 – 12.4 – 11.2 – 10.9 – 11.0
67.0-57.7 = 2:04.7

 
10秒近いスロー!見たことない笑
後半はL3最速戦です。(とにかく前半が遅い)

まず、この馬は瞬発力がすごいと世間で思われている気がしますが、実はエンジンのかかりがやや遅めです。
どちらかと言えばギアチェンジよりは持続タイプ。
ここはしっかり理解しておいたほうが良さそうです。
まぁそれでも高いレベルでの話ではあります。

前半は10秒近いスローですが折り合いがついています。
このあたりは乗りやすそうですね。

 
野路菊S 阪神芝千八

12.6 – 11.7 – 12.6 – 12.9 – 12.9 – 12.1 – 11.5 – 11.4 – 11.6
49.8-46.6 = 1:49.3

 
3秒スローからのL3勝負。(最速はL2だけど)
後方からなので自身はさらにスローですが、今回も折り合いはばっちり。

ただ、やはりエンジンのかかりは遅いです。
エンジンがかかってからは圧巻のパフォーマンスで、L2からは自身かなりの時計で差してきてると思います。
この日は重馬場で、そのあたりもラップ的には向いたかなと。
血統はどうですかね、おもしろい感じだけどうまく説明できない。笑

 
正直東スポ杯は、条件的には不安なし!でしょうね。
今回も少頭数ですし、ペースも上がらなさそう。
弱点が見えてくるレースではありません。

 
逆にライバルのルーカスはちょっと東京はどうだろうというのは感じます。
ワグネリアンとはタイプが逆で、器用なギアチェンジタイプ(っぽい)
ただムーアには合う馬だと思います。
馬場が良ければ出し抜きでチャンスはありそうです。

馬は強いですがタイプが合わないのはワグネリアンの方。
福永君はスペースを潰すし仕掛けも遅いです。
まぁまだその弱点が出ない舞台設定(長い直線、少頭数)ではありますが、今後の不安はハッキリと騎手になってきそうです。
(´-`).。oO(この馬はミルコっぽい馬だわぁ)

 
ただ東スポ杯までは◎ワグネリアン
高速馬場で福永君の後方待機は正直怖いけどね…まぁまだここは大丈夫でしょ…

   
Nov 14, 2017

マイルCS ラップ傾向

タグ:

念入りに予想しても結局サンマルティンやカフジテイクのようにひどい騎乗をされては心が折れますね。
悲惨な騎乗も予想するのが予想、と昔から言ってますけどね。笑

 
さて気持ちを切り替えてマイルCSの過去10年傾向から。

 
まずペースは揺らぎはありますが、ほぼ平均ペース付近でおさまります。
平均ペース想定。

 
後半の傾向は、

L2最速:4/10、L3最速:5/10、L4最速:1/10

 
とバラバラな傾向ではありますが、要は編差が少なく、L4の下り坂からの勝負。
ここからずっと11秒台前半~半ばを連発するようなラップになります。
ギアチェンジよりも持続。
京都の基本でもありますが、3~4角でのポジション、通る場所が重要になります。
しっかりスペースを意識して出し切ってくれる騎手を買いたいですね。

 
想定人気は、
エアスピネル、イスラボニータ、レッドファルクス

まぁエアスピネルはG1取るならここしかないってぐらいの条件ではあります。
こういうときに大外を引きそうな気もするけど…
とにかく今の馬場は合ってると思いますね。
ギアチェンジはイスラボニータがかなり上ですが、京都マイルではあまり生きないですからね。

 
穴はいつも通りヤングマンパワー
ただペース幅が狭いので平均からどれぐらいスロー寄りになるのかが鍵。
なんせマルターズアポジーがいますからね。
平均~ややハイで坂頂上で中緩み、下り坂で分散させて…のいつものマイルCSのラップになれば逃げ切られても不思議じゃないですね。
マルターズアポジーの得意なラップです。

 
ミルコが選んだペルシアンナイトは当然過剰人気になるでしょう。
時計がかかる馬場のほうが向いていると思いますし、動き出しも微妙なのでここは合うかも。
問題はヤングマンパワーと同じで序盤をゆったり入れるかどうかかなと。
この子はニ千ぐらいが追走的にベストだと思っています。
ただ世間では高速馬場のほうが良いと思われていそうなので、そこはオッズ次第ですかね。

 
ちなみにわたしの今年の京都だけ回収率が50%を割るほど悲惨な状況です…
(京都だけで100レースぐらい買ってます)
予想は参考程度に…

   
Nov 12, 2017

福島記念 予想 ◎サンマルティン

タグ: ,

時計は少しかかっているかなという感じ。
ペースはマイネルミラノ次第ですかね。
大知じゃないのでしっかり飛ばす可能性もあります。
丹内君のほうがちょっと読みにくいです。
平均ペースをベースに前後させますが、流れる可能性のほうが高いかなと。

 
◎サンマルティン
○ショウナンバッハ

▲ヒストリカル
△ウインブライト
△フェルメッツァ
△マイネルミラノ
△スズカデヴィアス
△ジョルジュサンク

 
本命サンマルティン
まず天栄、戸崎君を取りました。
ラップ的には前走小倉記念、1秒ハイに対応していて追走に不安はありません。
元々トップスピード戦で良さが出ていた馬ですし、前走で弱点がなくなってしまった感じ。
タツゴウゲキとは通った場所が違いすぎるし、まぁ今回も大外なんですが…土曜は外差しだったので。
小倉が高速馬場だったので良馬場キープは追い風かなと。

 
対抗ショウナンバッハ
状態が上がってきた感じ。
ハイペース対応は大丈夫ですし、コーナーもうまい。
オールカマーも良かったので。

 
馬 連 通常 04 – 16 5点
3連複 フォーメーション
04, 16 – 03, 04, 06, 07, 09, 10, 13, 16 – 03, 04, 06, 07, 09, 10, 13, 16 各1点
3連単 1着ながし 16 – 03, 04, 06 各1点

47点

   
Nov 12, 2017

エリザベス女王杯 予想 ◎ミッキークイーン

タグ: ,

馬場はそこそこタフか、回復して標準ぐらいを想定。
でも小雨もパラパラしてる…
まぁ高速馬場にはならないということで。

 
ハナはクロコスミアですが、岩田君ならどスロー逃げで良いけど、和田さんなのでそこそこ流してはきそうですね。
時計がかかっているので平均ぐらいまでは上がる可能性はあるかも。
ただ下り坂でみんな大人しく待つイメージも持てないメンバーなので、あまりトップスピードは問われない気はしています。
出し切って本領の馬が多いです。
そこそこ消耗戦寄りに振れてくるかなと。

 
◎ミッキークイーン

○ヴィブロス
▲スマートレイアー
☆タッチングスピーチ
☆マキシマムドパリ

△トーセンビクトリー
△クイーンズリング
△リスグラシュー
△エテルナミノル

 
本命ミッキークイーン
不安は浜中君のみ。
宝塚記念の馬場で3着はサトノクラウン比較でもここでは強い。
昨年はL2最速のまったく向かない展開で切れ負けの3着ですが、今年は一気に馬場が好転。
しっかり早めに動いてよ~
さらに今回はしがらき帰りで、馬券圏外になったのはJC、有馬のみ。
有馬も強かったけどね。

 
対抗ヴィブロス
ヴィブロスもミッキークイーンと似たタイプだとは思うんですけどね。
ただそれだと前走なんかはまったく合わないラップではありますが。
どちらにせよ時計がかかっているほうが良いとは思います。
大外なのでコース的には後ろからになりそうですが、最近のルメールはけっこう動かしてきますからねぇ。
きっちりきそうかなと。

 
単穴スマートレイアー
こちらもサトノクラウン比較で稍重の京都記念は評価が高いですね。
京都大賞典でもかなりロンスパで勝ってるわけで、昔はよくわかりませんでしたが、スローからの消耗戦が本領っぽい。
ただ動き出しに難ありの川田君なので、あまり思い切って推せません…
浜中君と同じく馬は合ってるんですけどね~
そうなると無難にヴィブロスっていうのはよくわかります。

 
相手筆頭に大穴。
この2頭も時計のかかる馬場での早め動き出しで怖い。
藤岡兄はクリンチャーみたいなやつお願いしたいですね。
まぁ期待するとバカを見るので宝くじ感覚で。

 
タッチングスピーチは大好きでよく買っちゃうんですが、これも条件は良い。
とにかくバテ差し一本です。
そういう馬場と展開を想定してはいます。
アキトクレッセントじゃないですが、しがらき帰りですしね。

 
3歳馬は軽視してますが、同じくしがらき帰りのリスグラシューはちょっと気になりますね。
馬場条件が良いですし、秋華賞から時間のない中でしがらきに出しています。
秋華組の中では一番リフレッシュか。

 
枠連 通常 05 – 08 10点
枠連 ながし 05 – 02, 03, 04, 06, 07 各5点
3連複 軸2頭ながし 10 – 16 – 03, 06, 07, 08, 12, 15, 18 各1点
3連単 フォーメーション 10, 16 – 10, 12, 16 – 03, 08, 10, 12, 15, 16 各1点

合計58点

   
Nov 11, 2017

武蔵野S 予想 ◎クインズサターン

タグ: ,

いかにもスローなメンバー。
さらに東京マイルは中緩みするかしないかでチョイスが変わります。
いつもここをどうするかなんですよね。
まぁ素直に入るなら、スロー中緩みでカフジテイク、モーニン、サンライズノヴァでオッケーです。
わたしは逆張りで遊んでみます。

 
◎クインズサターン

○ピオネロ
▲アキトクレッセント
△ゴールデンバローズ
△サンライズノヴァ
△ベストウォーリア
△インカンテーション
△モーニン
△カフジテイク
×サンライズソア

 
本命クインズサターン
流れればおもしろいかな。
とはいってもカフジテイクなんかには全然及ばないレベルではあります。
ただカフジテイクはスロー専ですし、外厩なしでは勝たない馬。
こっちでギャンブル。
ゲートが悪いので、まったく勝負にならない可能性もありますけどね…

 
対抗ピオネロ
こちらもハイペース用、芝スタート得意。
なので距離短縮は良いと思います。
シュミノーはだいぶマイナスですが馬は器用なので。

 
単穴アキトクレッセント
ここもハイペース用でベストウォーリアを持ってこようかと思いましたが大穴にしました。
逃げればおもしろいかもしれません。
しがらき帰りで追い切りも良かった気がします。
カフジテイクがオーバーペースになる絶妙なところで引っ張らないといけないですが…
無理でしょうけど大穴なので押さえておきます。

 
馬 連 ながし
01 – 02, 06, 07, 09, 10, 12, 13, 14, 16 各1点

合計8点

   
1 2 3 4 5 105